中欧4か国人気都市めぐりの旅~その1~


ブログお休みを頂き、17日~24日中欧4か国めぐりに行って来ました。セルフデザインの旅ではなく、ツアー旅ですが、12人のこじんまりとしたグループで、かつ気さくないい人ばかりで楽しい旅となりました。

まずはオーストリア航空直行便でウィーンへ。翌朝、チェコのチェスキークルムロフ(ウィーンから約270km)、その後プラハ(180km)へ。3日目は終日プラハ見学。4日目は、スロバキアのブラチスラバ(プラハから330km)へ行き市内観光、そしてハンガリーのブダペスト(190km)へ(夜ドナウ河クルーズで素晴らしい夜景を見る)。5日目はブダペスト観光後、列車でウィーンへ。6日目は終日市内観光。夜はクラシックコンサートへ。そして翌朝、オーストリア航空で東京へ。ほとんどの都市が世界遺産だ。

出かける前の天気予報では、必ず雨マークがついており心配したが、ガイドの人も驚く連日の好天で、歴史と伝統の各都市めぐりは感激の連続だった(夜は天気の急変で土砂降りの日もあったが、クルーズなど行事のある日は好天に恵まれた)。中欧の各国、都市は、民族・宗教戦争の渦中に巻き込まれ、時の支配者がハプスブルグ家、神聖ローマ帝国、ドイツ帝国、ソ連、モンゴルなどと移り変わる中で、歴史的な建造物は維持され、見事な都市景観を創りだしている。これから訪れる方の参考にもなればとの思いで、何回かに分けて当ブログで各都市を紹介していきたい。

まず1回目は、花便りです。ガイドによると4月まで冬で、やっと春が来る5月と秋の10月が最高だとか。6月から9月は、バカンスを取る人が増え、込み合う時期に入り、11月に入ると冬に入るそうだ。春が来て一気に花が開いたのか、ライラックの藤色、白色、ピンク色の花があちこちで見られ、マロニエの花(白や赤)や桐の花(紫)も見事に咲いていた。我が家のベランダにあるペラルゴニウムもあちこちで見られた。そして、移動時間の長いバスの車窓から見る、北海道の何倍もの広大な畑、牧場の連続に、寝るのも惜しみながら見入っていた。その中でも、一面黄色の菜の花で彩られた景色は素晴らしかった。(車窓からの広大な景色写真が上手く撮れず、残念ながら掲載できません)

ライラックの花(と思われる)

マロニエの花と桐の花(高い建物の前の木)

バスの車窓から見た菜の花畑(こんなものではない)

チェスキークルモロフ城内

帰国した時の我が家のペラルゴニウムは満開!

「中欧4か国人気都市めぐりの旅~その1~」への2件のフィードバック

  1. ヨーロッパの花紀行、お花の名前からしておしゃれな感じですね。菜の花の絨毯、素晴らしい!ベランダのペラルゴニウムに感動!これほどのボリュームの花は見たことがありません。私、実家から昨夕帰って来ました。ブログを楽しみにしていました(^▽^)

コメントを残す