既に葉桜、季節は一か月早い⁈

桜も3月末には葉桜になり、入学式を祝う象徴的な桜は、遠い昔の光景になってしまった。気温も10年間平均値で今年の3月は1か月早く例年の4月平均と同じとの裏付けデータも報道されている。

亀戸天神社では、藤祭りが4月17日~5月5日に開催されるとのことだが、例年より早くなりそうだとの情報がホームページに掲載されている。18日~23日頃が見頃と言う。

桜の散った、亀戸・大島緑道を歩くと、すでに藤の花はかなり花開き、つつじも花開きつつある。春の花で香ばしい香りを放つフリージャーも咲き終わりつつある。エニシダ(黄色の花)やスズランの花も咲いている。

我が家のベランダでは、木工バラが満開となった(後ろはシクラメン)。ぺラルゴニウムは、蕾を一杯つけ、日当たりのいいものは咲き始めている(後ろはゼラニウム)。これからが楽しみだ。4月下旬にはベランダ一杯に花を咲かせてくれ、これから1~2か月たのしませてくれる。八重のカランコエは今真っ盛りだ。

マンションの玄関の庭では、石楠花と芝桜が見事に咲いている。

“ポジティブ心理学”であなたの人生を幸せに!

これまでにも、当ブログで「ポジティブ心理学」に関して何度か記事を書いてきた。今コロナ禍で、心の問題で悩み、自殺する方も増えており、政府も担当大臣を作り、対策を講じようとしている。その中で「自身の幸福感」を如何に高めるか、ポジティブ心理学が何らかの方向を示唆していると思われるため、再度取り上げる。

人間学を学ぶ月刊誌「致知2021.4」に連載されている筑波大学村上和雄名誉教授が、今回「幸せに生き続けるためのポジティブ心理学」と題した記事を投稿されている。村上教授は生命科学研究者として、「遺伝子が目覚めれば人生は変わる」との主張に基づいて、「ノーベル賞をもらう天才と普通の人とは遺伝子レベルで見ると99.5%は同じで、眠っている0.5%の遺伝子をどうやってオンにするかの違い」と、著書「スイッチ・オンの生き方」(平成21年6月、致知出版社)でも詳説し大きな反響を呼んだ。

ポジティブ心理学は、1998年にペンシルバニア大学のマーティン・セリグマンが、「人間が人間らしく幸せに生きるにはどうしたら良いか」を研究の対象にして始まった。

自らうつ病のカウンセリングを行う中で、発病の原因を解明し、その症状を和らげる方法を良しとしていたが、症状は和らいでも患者はみじめな人生を送っていた現実があった。そこで

人は弱点を補うだけでは幸せになれない。プラス部分をステップアップする方が幸せになれるのではないか

と考えたそうだ。そして

最高のセラピストとは、ダメージを癒すだけではなく、患者のポジティブな特性を見つけだし、築き上げる手助けができる人だ。誰もが元来持っている特別な能力を自覚し磨き上げ、それらを日々の仕事や営みに役立てて初めて、本物の幸せを手に入れることが出来るのだ

とも。「人間の心は変えられる。人々の願いを叶えるもの、それが“ポジティブ心理学”だ」とも述べている。

ポジティブ心理額から生まれた理論として、幸せが続くことを重要と考える「ウェルビーイング理論」がある。

”ウェルビーイング(より良い状態)“とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味し、幸せを構成する要素であると言われる。セリグマンは科学的な測定要素として5つの要素を提言している。

P:ポジティブ感情、E:エンゲージメント(物事に深く関わる)、R:リレーションシップ(良い人間関係)、M:人生の意味・目的、A.達成する

これら五つの指標は測定可能で、日々変動する。健康診断が身体の健康を測るのに対し。上記PERMA指標は心の健康診断ということ。詳細は省くが、最初の”P”に関して、幸せ感情を持っている人は長生きするとの実証データもあるとのことだ。ポジティブ感情を増やせるとっておきの方法を紹介している。毎日よいことを三つ書き留めること。どんな些細なことでもいい、「おいしくご飯をいただき幸せ」とか、「ありがとうと言われて嬉しかった」など、どんな些細なことでもいい。最初は難しくてもこれを繰り返すことで脳がポジティブになっていくと言う。

さらに24個の人間を特徴づける強みを抽出した。

・知識や知恵(創造性、好奇心、向上心、知的柔軟性、大局観)
・勇気(誠実さ、勇気、忍耐力、熱意)
・人間性(親切心、愛情、社会的知性)
・正義(公平さ、リーダーシップ、チームワーク)
・節制(寛容さ、謙虚さ、慎重さ、自制心)
・超越性(審美眼、感謝、希望、ユーモア、スピリチュアリティ)

個人の強みは才能とは別の物。強みは道徳的な特徴を持つが、才能は道徳と無関係。強みは才能と違い、後から培うことが出来る。人は24個の強みをすべて持っており、上位五つを頻繁に使うことでウェルビーイングを上げることが出来る(下位の強みは弱点ではない)。

ポジティブ心理学で重要なことは、ネガティブな感情も受け入れることだと言う。人間は危険を察知し、生命を守るためネガティブ感情がポジティブ感情より先に生じるように進化したため、ネガティブ感情を抱くのは当たり前。ネガティブな感情は書き留めたり、他人に聞いてもらいながら早く感情を捨て去ることが大切。ポジティブナな感情は書き出して、繰り返し読むことでスウィッチがオンになる。

ポジティブ心理学の効用は、インターネットでも大きな話題になっている。もっと広く広めて、コロナ禍の中、ネガティブ感情で悩まれている人たちに恵みとなることを祈ってやまない。

参考のため、過去のブログ投稿タイトルを下記しておきます。

・(ハーバードのポジティブ心理学(タル・ベン・シャハー)  https://jasipa.jp/okinaka/archives/445

ポジティブ心理学」とは(日経)https://jasipa.jp/okinaka/archives/365

“アンコンシャス・バイアス”で森前会長の発言を解釈!

3月2日の日経夕刊1面のコラムで、「アンコンシャス・バイアス」のタイトルで、法政大学総長田中優子氏が寄稿されていた。「オリンピック組織委員会前会長(森さん)の女性蔑視の発言ほど、“アンコンシャス・バイアス“の実態が見えたことはない」との主張で、紹介されており、納得性のある記事だったので紹介する。

”アンコンシャス・バイアス“に関しては、2年前当ブログで”アンコンシャス・バイアスって“と題してUPしている(https://jasipa.jp/okinaka/archives/9182)。組織内でアンコンシャス・バイアスに意識を向けることは、職場の心理的安全性 を高め、組織と個人のパフォーマンスの向上に役立つ」との事で各企業も研修に力を入れ始めたとの紹介をした。

今回の記事によると、法政大学では2016年のダイバーシティ宣言後教職員対象に外部講師を招いて研修をしているそうだ。

”アンコンシャス・バイアス“とは、「自分では自覚できない無意識の偏見」のこと。当記事では、森氏の件に関して、下記のように言われている。

森氏は「これは解釈の仕方だ」「女性を蔑視するとかいう気持ちは毛頭ない」とおっしゃった。自覚できていないわけだから正直な気持ちだろう。JOCの山下会長は「森会長は女性役員の40%登用などかなり強力に推進していた」と述べている。私は、これは事実だと思う。その事実に対応するのが「女性理事4割、これは文科省がうるさく言うんでね」という森氏の言葉だ。つまり理解も納得もしていないが、「うるさい」ので仕方なく推進していた、と本音を述べたのだろう。

2月3日の女性蔑視の発言にも触れて、田中氏は最後に下記で締めくくっている。

本を読まず、社会の動向を学ぶこともなく、新聞も気に入る箇所しか読まない日々が想定される。年齢の問題ではない。じきに退職する私にとって、ありがたい半面教師であった。高齢者は学び続けよう。

最近、国会でも問題になっている、政治家、官僚の信じられない行動をどう考えればいいのか。「無意識の偏見」に似た「無意識の行動」ともいうべきか?なぜ普通に考えれば、変だと思うことが出来ないのか?トップへの忖度で、自由にモノが言えない、言えば降格される、そんな集団が日本を牛耳り、幹部クラスがトップに盲従している実態が恐ろしくなる。企業にはコーポレートガバナンスを強制しながら、足元がこんな状態では日本の将来が危ないと感じるのは、私だけだろうか?官僚の退職者が増え、官僚志望者が減っている現実は何を物語っているのだろうか?今のままでは日本がヤバイ!

私も、無意識の偏見、行動に陥らないように、学び続けたいと思う。

冲中一郎