ポルトガル旅行~その3~シントラ・ロカ岬

ポルトガル旅行~その3~シントラ・ロカ岬
リスボンから北西へ30km強の大西洋に面した世界遺産の街シントラと、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に行った。

まずは、詩人バイロンが「この世のエデン」と称えたリスボン近郊の世界遺産の街シントラ。アンデルセンもお気に入りで滞在していたそうだ。そこに王家の夏の離宮として13世紀からディニス王、ジョアン1世、マヌエル1世などが改修しながら利用してきたため、ゴシック、マヌエル、ルネサンス様式の混在する建物となっている。内部に入るとまずは”白鳥の間“で、ジョアン1世が英国に嫁いだ娘の幸福を願って造らせたもの。宮廷舞踏会場として使用された大広間で、天井には、夫婦円満の象徴白鳥が27羽すべて異なるポーズで描かれている。

”カササギの間“はジョアン1世の浮気の言い訳の間で、天井にはおしゃべりなカササギと言い訳の言葉を書かせたと言ういわくつきの間だそうだ。壁には”アズレージョ“がびっしり。

寝室にもアズレージョが一杯。大航海時代のガレー船の舟底が天井になっている”ガレー船の間“。

宮殿で最も豪華な”紋章の間“。天井部分に描かれているのは、16世紀の王侯貴族の紋章。その功績を称えられたヴァスコ・ダ・ガマの紋章もある。壁一面にアズレージョが。

”中国の間“には日本由来の屏風が飾られている。天正遣欧使節団も訪れた礼拝堂。

キッチンも。キッチンの天井に空いた丸い穴は、この宮殿のシンボルの煙突の穴だ。

沐浴の部屋にもアズレージョが一杯。

中庭からはシントラ山の頂上に、800年から900年にムーア人によって作られた城の跡が見える。その近くには外観がすばらしい19世紀の建物ペーナ宮殿もあるらしい。

次に行ったのはシントラから18kmほどのロカ岬。ユーラシア大陸最西端の大西洋に面した岬だ。途中、エニシダやカタバミの花で、山一杯が黄色に染められている。

ロカ岬に立つモニュメントには、ポルトガル最大の詩人と言われ、ジェロニモス修道院に棺も飾られているカモンイス(1524?~1580)の詠んだ「ここに地終わり、海始まる」の詩が刻まれている。灯台と高さ140mの断崖も見ものだ。松葉ボタンの変種シュラオンの花が咲いていた。


次回は、トマールとコインブラ大学で有名な12世紀の首都コインブラを訪れる。

ポルトガル旅行~その2~リスボン

翌朝、西へ30km強の世界遺産の街シントラと、ユーラシア大陸最西端のロカ岬を回り、再度リスボンへ戻って観光後ホテルへ。

やはり最初に紹介すべきはリスボンのベレン地区(ベレンは、イエス・キリスト生誕地でもある「ベツレヘム」のポルトガル語読み)。この地には、大航海時代の繫栄を象徴する建物がいくつかある。テージョ川に面して、世界遺産の“ベレンの塔”、“ジェロニモス修道院”があり、大航海時代を記念して建てられた“発見のモニュメント”もある。観光客で最も混雑する地区だ。ベレンの塔。16世紀、テージョ川の船の出入りを監視するため要塞として建造された。大航海時代の栄華を反映した建築・芸術様式であるマヌエル様式の傑作として知られる。<マヌエル様式>は、これから訪れる都市の建造物によくみられるもので、大航海時代の繁栄を象徴するポルトガル独特の建築・芸術様式だ。その様式名は、インド航路発見し海外進出事業を押し進め、在位中にアフリカ、アジア、新大陸にまたがる一大海洋帝国を築いたマヌエル1世(1469-1521)の名に由来している。ゴシック建築様式をベースとし、海外交易によって築かれた巨万の冨を象徴するかのような海草やロープ、鎖、貝殻、天球儀などの過剰装飾が特徴だ。ベレンの塔の前の公園に、1922年世界初の南大西洋横断に成功した水上飛行機“サンタクルス号”のモニュメントがある。

ベレンの塔とさほど離れていない場所(ヴァスコ・ダ・ガマ1460~1524が旅立ったテージョ川岬)に“発見のモニュメント”がある。エンリケ航海王子(1394~1460)の没後500年を記念して1960年に建てられた高さ52mの帆船を模した巨大なモニュメントだ。大航海のパトロンでもあり、先駆的指導者だったエンリケ航海王子を先頭に、ヴァスコ・ダ・ガマやブラジルを発見したカブラル、初の世界1周を成功させたマゼラン、日本にキリスト教を持ち込んだザビエルなど33人が飾られている。広場には世界地図が描かれ、ポルトガルが上陸した各国の年号が記されている(日本は1541年)。

次に訪れたのは“ジェロニモス修道院”。この修道院は、ヴァスコ・ダ・ガマとエンリケ航海王子の偉業をたたえ、1502年、マヌエル1世の命により着工。東方貿易や植民地支配で得た莫大な富が投入され、最終的な完成までにはおよそ300年もの歳月が費やされた。まさにポルトガルの黄金時代を象徴する存在。「マヌエル様式の最高傑作」とされ、世界遺産に登録されている。特に南門の彫刻には、1584年にジェロニモス修道院を訪れた天正遣欧少年使節団も驚嘆したそうだ。西門を入ると高い天井を持つ壮大な空間があった。柱に巻かれるロープ状のものなどマヌエル様式の彫刻物が随所にみられる。入り口にはヴァスコ・ダ・ガマの棺が飾られている。

今回は行けなかったが、リスボン最古の建造物のサン・ジョルジェ城から見る絶景パノラマ、1883年創設の、「国立古美術館」も人気だ。14~19世紀のヨーロッパ美術や、大航海時代に世界各地から集めた宝物が展示されており、日本人として注目したいのが、日本からポルトガルに渡った狩野内膳作の南蛮屏風。インドのゴアで出航準備をするポルトガル船と、それが長崎の平戸に到着した様子が描かれた屏風は、桃山文化の最高傑作。
次回はシントラ・ロカ岬の予定。

ポルトガル旅行~序章~

2月末から3月にかけて、6泊8日のポルトガル旅行に行ってきた。ポルトガルは、ヨーロッパの中でも日本にとって、最も長い友好の歴史を持つ国の一つだ。戦国時代の1541年、ポルトガル人を乗せた中国船が種子島に漂着し、鉄砲(火縄銃)の技術を日本に伝え、その5年後にはフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸しキリスト教を伝えたのが始まりだ。その頃のポルトガルは1498年ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路を発見し、1500年にはブラジルも発見した、まさに大航海時代、ポルトガルが世界をスペインと2分する大繁栄時代だった。1582年には天正遣欧少年使節団(14~15歳の4名)が2年半かけてリスボンに到着、スペイン、イタリアなどを訪問し、1590年に帰国した。ヨーロッパに日本の存在をアピールし、彼らの持ち帰ったグーテンベルグ印刷機によって書物の活版印刷が日本で始まった。しかし、南蛮貿易で勢力を増した西国大名を警戒した江戸幕府がキリスト教禁止令や鎖国令を発し、ポルトガルとの交易が途絶えた時期もあったが、室町、安土桃山時代から江戸時代に至る密度の高い交易に寄り、ポルトガル文化が日本に浸透し、ポルトガル由来の日本語がある。ボタン、パン、タバコ、テンプラ、コンペイトウなど数多い。

羽田からフランクフルト経由でポルトガルの首都リスボンへ。乗り換え時間含めて17時間強かかり、ホテル到着は24時(現地時間)近くとなる、ヨーロッパでも最も遠い国だ。

ポルトガルの歴史は紀元前2世紀ローマ帝国の支配(その遺跡がエヴォラにある)を受け、

6世紀には西ゴート王国の支配下となり(今回は訪れなかったがリスボンのサン・ジョルジュ城は西ゴート族が築いたもの)、711年には、イスラム教徒ムーア人がアフリカからイベリア半島に侵入、722年からスペイン、ポルトガルでのレコンキスタ(イスラム教徒をイベリア半島から追い出すキリスト教徒の国土回復運動)の結果、1143年にポルトガル王国が誕生した(首都コインブラ)。以降キリスト教が支配する国となり、大航海時代を迎える。

今回ポルトガルを回ってみて、一部大航海時代前の面影も残るが、やはり大航海時代を主導したエンリケ航海王子(1394-1460)、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマ(1460~1524)、ジョアン2世の急逝の跡王位を継ぎ、全盛期を迎えた“幸運王”マヌエル1世(1469-1521)の3人が、ポルトガルの各地の建造物に足跡や名前を残している。典型的なモニュメントがリスボンのヴァスコ・ダ・ガマが出港した港に建設された“発見のモニュメント”だ。マヌエル1世の名に由来した、ゴシック様式をベースとし、海草やロープ、鎖、貝殻、天球儀などの装飾が特徴のマヌエル様式の建築物も数多くある、典型はトマールの”キリスト教修道院“で、リスボンの”ジェロニモス修道院“もそうだ。

ポルトガルのどの都市でも、建造物には特徴的な飾りが施されている。”アズレージョ“というタイルの青い飾りだ。15世紀頃ムーア人がスペイン経由でポルトガルに持ち込んだ藝術らしい。マヌエル1世がシントラの王宮に取り入れ、以降ポルトガル全土に普及し、ポルトのサン・ベント駅では2万枚のアズレージョで歴史が描かれている(1900年)。個人の家の壁にも使われている。


次の稿から順次訪問した各地を紹介する。キリスト教の三大聖地のひとつである、スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラも訪問した。

冲中一郎