「志教育」に力点を置いた才教学園(松本市)


戦後の教育の荒廃、誇るべき日本人の気質の衰退などを嘆き、教育による日本復興を目的に学校を立ち上げたり、学習塾を全国展開されている方がいる。以前にも、日本人の誇りを徹底的に教育して問題児を立ち直らせている天草の勇志国際高等学校(http://jasipa.jp/blog-entry/7931)や、日本人の矜持を育む蒲郡の海陽学園(http://jasipa.jp/blog-entry/7196)を紹介したが、他にもあった。「致知2013.9号」に、才教学園(平成17年設立)の山田昌俊理事長と、名古屋市を発祥に全国116か所の学習塾を展開する名学館グループ代表の佐藤剛司氏との対談記事が掲載されている(タイトル「教育こそ日本尾未来をひらく」)。

山田氏は「世のため、人のために尽くす高い志を持った人を育てる」事を理念に開校の20年前から自分の理想とする学校を作りたいと思い続け、その間、高校の教員、学習塾開設、イギリスの日本人学校開校などを行い、周囲の反対(地方に義務教育の小中学校を作っても経営は成り立たない)もあったが、平成17年に松本市に才教学園を立ち上げた。今では、小中で498名の児童がおり、子供たちの元気な声が溢れ、皆が「学校が大好き」と言ってくれると喜ぶ。

佐藤氏は、小さい頃家庭環境に恵まれず、悪がきのリーダー的存在だったが、小学校の教師や中学の部活の先生の鉄拳制裁を受けながら、「お前は変われる。辛くてもそれを変えるのは君自身」と自分を認めて勇気づけてくれた言葉が今の自分を作ってくれたと言う。一時サラリーマンをやっていた時、松下幸之助氏の語録などをむさぶり読み、世のため人のためだとか生きていく上での大義名分の必要性を感じた時、天啓のように閃いたのが「教育」だったと言う。そして、小さな塾を開きながら、地元の経営のピンチに陥った個人塾を救済しながら規模を増やしていったそうだ。本も出版されているが、特別な道徳教育をいているわけではなく、塾として教えられる道徳は授業よりも日常の態度、指導者の率先垂範にあると考え、自らがあいさつし、整理整頓を心掛け、他者や社会、国家に貢献できるプロ教育者の育成に尽力されていると言う。

山田氏は、勉強と人間性、この両方を如何に育てるかに腐心されている。人格教育については「才」「夢」「役割」この三つが絡み合い融合することで「志」が育まれる。その三つを自身で気付かせ、引き出すことが才教教育の特徴だと言う。その気付きを促すために「感動を体験する」「自分発見」「夢を描く」「役割への気付き」「自立心と責任感」の五つのプロセスを設けている。学校行事に夢中で取組んだり、問題が解けたときの感動の毎日の積み重ね、教師が子どもの才を発見したり、毎朝10分間の「先達に学ぶ発表会」で夢を描く参考にしたり、具体的な行動につなげている。このプロセスの原点は「感動」だと言う。知識は伝承できても感動は伝承できない。感動できる人間に悪い人はいないし、感動こそが人人間たる証だと。

このような話は、家庭での教育や、企業での人材育成にも参考になる。山田氏は「日本の子供たちが人の顔色ばかり窺って屈託なく笑わなくなっているのがとても気になる」とイギリスでの経験に基づいて問題指摘されている。夢や理想を語る大人が少なくなったのではとも指摘されている。普段からの教育環境にも留意しながら、人間的な強さを持ち、才のある人材育成にみんなが取り組む必要がありそうだ。

コメントを残す