歴女白駒妃登美さんの講演に感動


博多の歴女「白駒妃登美さん」の事に関しては、今年の2月2回にわたって当ブログで紹介した。

その白駒さんの講演会があるというので、行ってきた(講演会の案内はhttp://jasipa.jp/blog-entry/8115)。白駒さんは慶応大学経済学部を出られた才媛で、大手航空会社のキャビンアテンダントを経て、現在は結婚コンサルティング会社を経営されている。その間、子宮頸がんと闘われ、人生に対する生き方・考え方を苦悶するうちに、子供のころから好きな歴史上の人物の生き方に気付かれ、自分の考え方を変えた途端に、がん細胞も消え、幸せな人生を送られている。その経験談と歴史上の人の生き方の話は、人の心に感動を与えている。

白駒さんは、優秀であるが故に、欧米流の「目標達成型」の生き方で、試験、資格取得など叶えたい夢は次々に叶えていかれた。しかし、この生き方は欲望が際限なく広がり、達成感は得られても、安心感、幸福感が生れることはないことに、ガンとの戦いの中で気付かれた。そして「天命追求型」、すなわち、「自分の与えられた環境やご縁に対して、意味を見出し、とことん信じぬく生き方」に目覚められた。今、自分の置かれた環境でベストを尽くす。それを続けていくと、天命に運ばれ、いつしか自分では予想もしなかった高みに到達するとの考え方だ。そこでは、自分の夢だけを考える「For me」より、周囲に喜びや笑顔を与える「For you」の精神、つまり志が優先される。その「天命追求型」の生き方が、日本人が歴史の中で培った素晴らしい生き方であることに闘病を通して気付かれた。この生き方に気付かれて3週間後の検査で、医師も驚く「転移していたものも含めてすべてのガン細胞が消滅」したのです。

今回のご講演もキーワードは「天命追求型」「For meではなくFor you」「夢は自分のみ、志はリレーされていく」「感謝と報恩」だった。マザーテレサや正岡子規の話に加え、伊能忠敬の千葉県佐原での造り酒屋経営の立て直しにおけるFor youの精神、晩年の17年間40,000km歩き奉仕の精神で作成した精巧な地図(日本の文明レベルをバカにしていたペリーはこの地図を見て日本の文化の質の高さに驚いた)の話を通して、日本人の生き方の素晴らしさをお話しされた。また、前田利家の娘「豪姫」と浮田秀家の悲恋物語を題材に、秀家の八丈島への島流し後、秀家の死後も含めて250年間、前田家11人の殿様が八丈島の島民にコメなど物資を送り続けた由。まさに「志はリレーされる」の典型的な事例に、心を動かされた。詳しくは白駒さんの著書「人生に悩んだら日本史に聞こう(ひすいこたろうさんとの共著、祥伝社)」を参照ください。

悩みは、過ぎ去った「過去」を悔やみ、「将来」への不安から来るもの。「いまここ」を見れば悩みはない筈。だから何も悩まず、ベストを尽くせる。曹洞宗大本山總持寺参禅講師大童法慧氏の説話「いま、ここ」(http://jasipa.jp/blog-entry/7593)にも通じる話だ。1時間半のご講演の間、ずっと笑顔で丁寧に、かつ迫力を持って話される白駒さんに400人の参加者は大きな拍手で応えていた。

「歴女白駒妃登美さんの講演に感動」への6件のフィードバック

  1. 世界が憧れる日本人という生き方

    BLOG_NAME JASIPA特別顧問ブログ
    在米35年のハリウッド・プロデューサーのマックス・桐島氏の本のタイトルだ(出版:日文新書、2012.10)。世界中から映画の街ハリウッドに集まるクリエーターから、今、日本人の生き方..

  2. 車椅子のアーティストの生き方に感動!

    BLOG_NAME JASIPA特別顧問ブログ
    「先天性四肢欠損症。生まれつきほとんど手足が無い(唯一左足3本の指のみ)という重度の障碍を抱えている佐野有美(あみ)さん、23歳。プロの歌手として活動する傍ら、年間約100回、..

  3. 何気なくつけた今朝(2月1日)NHK4時しらこまひとみさん(そう聞こえた)の話聞きました、置かれた状況で懸命に生きる話、全然説教臭みがなくいっぺんで魅了されファンになっちゃった、癌がきれいになくなっちゃった、本当かなあ?でもこんな魅力的に話す人この番組(明日への言葉)ではいなかったみたい。 どんな人なんだろ?  

  4. コメントありがとうございます。昨日発売の「心にのこる現代史」も面白そうです。白駒さんはFBでもかなりの頻度で発信されています。東京での講演はたまにしかないのですが、凄い評判です。

  5. 今朝の白駒さんのFBをコピーしました。おはようございます♪ 早朝から“ラジオ深夜便”をお聞きくださった皆さま、番組をお聞きになりメッセージを送ってくださった皆さま、本当に有り難うございます!!私が心から尊敬する、師と仰ぐ方々がズラリと出演者に名を連ねる“ラジオ深夜便”に、まさかこの私が出演するなんて…! 夢にも思っていなかった、夢を超えた素敵な現実に、本当に驚いています。どうしてこのような流れになったのか、以前、ブログに綴らせていただいたので、興味のある方にお読みいただけたら嬉しいです(^^)♥1月21日のブログ 「情けは人の為ならず」 http://ameblo.jp/hitomi-mazenda/entry-11754448041.html ♥1月22日のブログ 「情けは人の為ならず②」http://ameblo.jp/hitomi-mazenda/entry-11755384031.html「幸せは、今、ここにある」ということに気づかせてくれた先人たちに、心から感謝です(*^_^*)

  6. あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。

コメントを残す