「おもてなし経営」を実践する都田建設


本の題名「おもてなし経営」、副題に「顧客を創造し続ける究極の方法」とある。買いたい衝動にかられた。著者は、浜松にある都田建設社長の蓬台浩明氏(出版は東洋経済新報社)。著者の紹介文にも惹かれるものがある。

大学生が選ぶ厳選されたベンチャー企業経営者に与えられる「2010年リーダーズアワード」の50人にノミネートされる。施主、スタッフ同士、地域住民との深いつながりを軸とした心の経営は、業界を超え注目を浴びている。住まいづくりでは圧倒的な地域一番店として5200人以上の顧客から絶対的な信頼を得て、無借金経営で11年連続増収を達成・・・。

蓬台氏は「おもてなし」を、「相手の心にストレスを与えることなく、こちら側が相手の存在価値を認めている事や大切にしていることを言葉と行動、場の雰囲気などで示し伝えること」と言う。そして「経営」とは、「ビジョンやミッションをもとに、生みだす価値に対して人、モノ、金、時間のよい流れをつくること。志や情熱が商品やサービスとなり人をより幸せにする活動」と言う。

そして蓬台氏が特に嬉しい事としてあげるのは

  • 経営者としての自分が描くビジョンに共感してくれる仲間がいて一緒に行動してくれること。
  • お客さまに感動して頂けたという報告をしている時の社員の幸せな表情を見ること。
  • 会社が有言実行し、その成功を分かち合える事。

蓬台氏はドラッカーに学び、歴史、兵法、偉大な経営者の哲学、自然、日本の文化など、まだまだ学ぶことは多いと言います。そして大きさではなく、中身で世界一を目指したいと意欲十分です。その基本は、上司対部下、取引先やお客様との人間対人間のお信頼関係であり、人の成長なくして企業の成長はないとの信念に基づく行動です。

本の内容は、おもてなし経営について43のルールと言う形で展開している。自分を磨くルール、よいチーム作りのためのルール、感動を設計できる企業になるためのルールと展開していく。例を挙げる。「あなたが変われば、周囲も変わる」、あなたが変わるためのルールについて、「あなたから先に相手を好きになる」、「人に尽くす」「人に惜しみなく与える」「どんな時も笑顔を習慣づける」など。チームビルディングでは、有名な話として、週1日昼のバーベキュー(1時間)の実施です。レシピと買いだしなどそれぞれの役割を、社員自ら場を読み、考え行動する訓練だそうです(毎週と言うのがみそです)。他にも社長との面談、ロハス休暇などいろんな制度を実施しています。そして目指すは、「感謝・感動、感激」の3K(ルール41)。

顧客を創造し、信頼を獲得し、その信頼を維持し続けるためのヒント満載と思う。

FACE BOOKの「蓬台浩明の著者ページ(http://www.facebook.com/hodaihiroaki)」で本の感想コメントを入れたら社員から「いいね」が一杯返ってきました。

「「おもてなし経営」を実践する都田建設」への3件のフィードバック

  1. ハーバード流ボス養成講座

    BLOG_NAME JASIPA特別顧問ブログ
    日本経済出版社から標題の本が出版された。副題が「優れたリーダーの3要素」でリンダ・A・ヒル/ケント・ラインバック共著、有賀裕子訳で今年の1月発行された。(TOPPOINT2012.3号に紹..

  2. 営業活動ゼロの工務店!

    BLOG_NAME JASIPA特別顧問ブログ
    「リーダーのための経営理念実践ビジネス誌 PHP Business Review松下幸之助塾2012.5.6月号より。「“素直な心”が成功の秘密」とのタイトルで、神戸にある青笹工務店青笹会長に関する記事が..

  3. お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう

    BLOG_NAME JASIPA特別顧問ブログ
    標記を基本理念として掲げ発展を続ける工務店が浜松にある。一条工務店だ。今朝の日経6面の“活かす企業人”に一条工務店宮地剛社長が「顧客のために考え抜く」熱い人材に”と題し..

コメントを残す