ポルトガル旅行~その6~ポルト&オビドス


今回は、ポルトガルの語源とも言われるポルトガル第2の都市ポルト観光だ。この町は特にアズレージョにあふれる歴史地区が世界遺産となっているドウロ川沿いの街だ。
まずは“サンフランシスコ教会”。1383年にゴシック様式で建てられ、その後、17~18世紀にバロック様式に増改築された。外観は、質素な造りになっているが、内部に入ると装いは一変し、祭壇だけではなく、天井、壁、柱に至るまで贅を尽くした金箔細工がなされている(16~18世紀)。当時のブラジルからの金300kgが使われたと言う。ポートワインの輸出で栄えたポルトの富が生み出したもの。内部が撮影禁止のため、絵葉書でその様子を伝える。

ドン・ルイス1世橋に向かう途中の小高い丘に、市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスト様式建築の“ポルト大聖堂”がある。その近くに11世紀の城壁がまだ残っており、世界遺産の銘板がはめられている。小高い丘からのポルトの眺めもすばらしい。遠くに見える塔は“グレゴリス教会”の塔だ。民家の壁にもアズレージョが使われている。

いよいよ“ドン・ルイス1世橋”だ。この橋はポルトの中心部と旧市街を結ぶ橋で、ドウロ川にかかっている。1886年に完成し、高さは約45mで2階建ての構造だ。2層構造で、上層は鉄道、下層は自動車道路となっている。橋からの光景はすばらしい。旧市街にはポートワインの工場がひしめき、川には貿易船が停泊中だ。

2016年に世界遺産に追加された“セラ・ド・ピラール修道院”が橋の対岸の小高い丘に見える。

 

見事なアズレージョで飾れられた有名な“サン・ベント駅”。1900年修道院の跡地に建てられた世界一美しい駅。壁一面にアズレージョの世界が広がる。ポルトガルを代表するアズレージョ画家、ジョルジュ・コラコによって1930年に制作されたものだ。ジョアン1世のポルト入城やセウタ攻略など、ポルトガルにおける歴史的な出来事が描かれている。

ポルトからバスで2時間半ほど南南西に行ったところ(リスボンからは北に1時間ほどの位置)に王妃の愛した小さな村「オビドス」がある。13世紀ディニス王とイサベル王妃が新婚旅行でこの村を訪れた際、このオビドスを王妃にプレゼントしたとか。中世の面影を残す”王妃の村”とも称される。城門を入ると白い壁と石畳でできた細い街並みが続く。青と白の配色が何とも可愛い。街の果てオビドス城まで10分程度の通り(ディレイタ通り)で、土産物屋に交じって名物のジンジャを売る店が並ぶ。さくらんぼの果実酒であるジンジャ・デ・オビドスをチョコレートでできた容器に入れて飲む。

途中、右手の広場に12世紀ロマネスク様式で建てられた”サンタ・マリア教会“がある。質素な教会だが国王が結婚式をあげたこともあるらしい。通りの突き当りには12世紀建立のサンチャゴ教会(今は書店)の横に石壁がひときわ大きくそびえている。ぐるりと囲む城壁はローマ時代に作られたそうだが、レコンキスタ時代に城と共に整備されたそうだ。オビドス城は今は高級ホテル(古城のホテルを一般的にポサーダと言う)だ。壁の上からはオビドスの旧市街が一望できる。

今日はリスボンに泊まり、明日はエヴォラ観光だ。

コメントを残す