フランス旅行~その4~ベルサイユ宮殿


今日は、パリ南西部のベルサイユ宮殿訪問。ルイ14世がその権力、支配力を誇示するために日本の江戸時代前半にあたる16611710年に構築した、庭園も含めると敷地の総面積約800万㎡という広大な宮殿だ。エントランスでは多くの人が入場を待っている。マリーアントワネットが、ルイ15世の孫で後のルイ16世となる王太子のルイ・オーギュストと結婚式を挙げたのもこの宮殿の“礼拝堂”だ。婚礼舞踏会を開いたのが、宮殿で最も有名な”鏡の間“。左が367枚の鏡の壁で、天井画もルイ14世が直接統治する絶対王政をテーマにしたものらしく、すばらしく豪華絢爛そのもの。この部屋で第一次世界大戦時、帝政ドイツ帝国の終焉を告げる「ベルサイユ条約」を締結したのがこの部屋だ(1919年)。右側にはグランカナル(大運河)が窓を通して正面に見える。

 

宮殿には鏡の間を含めて17個ほどの部屋がある。どれも豪華な部屋ばかりだが、その一部を紹介する。礼拝堂の隣の“ヘラクレスの間”は、ヴェネチア共和国から送られたヴェロネーゼ作『パリサイ人シモンの家の宴』(壁の絵)を飾るために作られた。天井画はフランソワ・ルモワアンヌ『ヘラクレスの神格化』空の青とヘラクレスの姿が美しい画だ。次は“ヴィーナスの間”。この部屋は正殿で夜会が行われる時、軽食をとる部屋として使われたそうだ。天井画はこの部屋の名前の由来になった『神々と超大国を従わせるヴィーナス』の絵が描かれている。次の写真はローマ皇帝姿のルイ14世。

次が“マルスの間”。衛兵の詰め所だが、ルイ16世のお妃マリー・レクザンスカの肖像画がある。“アポロンの間”には玉座が置かれ、接見にも利用された。リゴー作のルイ14世の肖像画があり、天井にはシャルル・ド・ラフォス作『太陽の戦車』。次は“戦争の間”、これはオランダ戦争の勝利をテーマに作成され、その時のルイ14世の像がある。この像は、漫画「ベルサイユのばら」で出てきたオスカルの肖像画のモデルとなったことでも有名だとか。

鏡の間を経て、“閣議の部屋”に行く。次が“王の寝室”。王の起床の際、毎日1時間半の儀式が行われるとの事。本日着る服の選定など、配下の貴族が執り行う由。大変なことだ。“王の寝室の横に”貴族の間“や”衛兵の詰め所“がある。

「朕は国家なり」、ルイ14世が世界に覇を唱えるためにフランスが傾くほどの財を投入して作らせた宮殿で、今回見学できなかったが庭園もすばらしいそうだ。東京ドーム220個分以上あるという(当時はその10倍もあったというから驚く)。ルイ14世の狙い通り、ベルサイユ宮殿の影響を受けた宮殿は、ドイツ(サンスーシ宮殿など)、オーストリア(シェーンブルン宮殿)、スウェーデン(ドロットニングホルム宮殿)、ロシア(ペテルゴフ宮殿など)など世界に及ぶ。次は“オルセー美術館”だ。

コメントを残す