「感動スポーツ」カテゴリーアーカイブ

“お辞儀”は日本固有の文化?(ラグビーW杯での海外選手の行動)

日本を賑わしているラグビーW杯、20日の準々決勝では残念ながら日本は敗れたが、予選全勝で初めてのベスト8進出で歴史を作り、その健闘を称える声が日本中を沸かせている。私も全試合テレビに釘付けで、日本の健闘に魅せられ、野球やサッカーはあまり見ない家内も“にわかファン”となってしまった。

試合では大男が肉弾ぶつかり合いながらボールを奪い合い、ひと時も休むことない試合展開に目を離せないが、最後はラグビーを”ノーサイドゲーム“(テレビでも池井戸潤原作の同名ドラマを見た)と言う通り、試合中の敵、味方の格闘を乗り越え、終わればお互いをリスペクトし、お互いの健闘をねぎらいあう姿を見て、勝っても、負けてもすがすがしい気持ちが残る。他の競技では、ここまでの行動は見られないのではなかろうか。
その中で、今話題になっているのは、試合終了後、海外チームの、相手チームに対しても、観衆に対しても深々と”お辞儀“をする姿だ。海外では、深々とお辞儀をする習慣はないそうだ(米国で大谷がホームランを打った時にベンチで”お辞儀で迎える“ことが日本特有の儀礼ということで話題になっている)。オールブラックスの選手は、「日本の皆さんに対するリスペクトと、サポートへのお礼の意味でやっている」と語ったそうだ。そして、応援してくれる日本の人たちの親身の行動(海外チームのジャージ―を着たり、バッジをつけて応援したり、子供たちが民族舞踊ハカで出迎えるなど)に日本が好きになる選手も多いそうだ(https://www.afpbb.com/articles/-/3246683?pid=21675793)。
台風で中止になった釜石でカナダの選手などが、被害を受けた街の復旧をお手伝いしたことも話題になっている。日本だから、日本が好きだから、より大きな盛り上がりを見せているとも言える。今回のラグビーW杯は、国内のファンも呼び起こし、世界への日本のアピールにも貢献し、まだ終わってはいないが大成功だったと言えるのではなかろうか。

話題は変わるが、”お辞儀“に加えて、日本独自のものとして”合掌礼拝“がある。人間学を学ぶ月刊誌「致知2019.11号」の連載「禅語に学ぶ」(臨済宗円覚寺は管長横田南霊嶺氏)に「合掌礼拝」をテーマにした記事があった。海外のホテルのチェックインの際、記入用紙の宗教欄に”無宗教”と書いたら、宿泊拒否された話が載っていた。困り果てて、思わず手を合わせて「頼みます」と懇願したら、「あなたは仏教徒では」と言われ思わず夢中で「そうだ」と言って事なきを得たとのエピソードだ。”合掌“は東洋人の発明とあるが、宗教に関わらず日本人にはなじみの深いもの。手を合わせた姿には言葉や文化の違いを超えて、何か通じるものがあるのでは、と横田管長は言う。

日本チームの約半数が海外出身ながら“One Team”でみごとな力を発揮したこともすごいが、海外の人たちに好感を与えた日本人の”おもてなし“の精神・行動もすばらしい。来年の東京オリンピック・パラリンピックでも日本の良さがさらに全世界の人にアピールできることを期待したい。

おめでとう!42年ぶりの快挙 渋野日向子ちゃん

今、メディアが大騒ぎの「ゴルフ全英女子20歳渋野V」。プロ合格1年にして、岡本綾子、宮里藍も達成できなかったメジャーをいとも簡単に(?)制覇してしまったのだから、騒ぐとともに驚き、喜びが爆発するのも当たり前だ。
この快挙を、海外メディアも称賛している。タイガーウッズなどの名プレーヤーでも緊張する各場面で、笑顔あふれる姿で挑戦する姿に、こんな優勝者は過去にいないと驚いているのだ。圧巻は、最終18番ホールでの優勝を決めるパット。芝目を読む動作の時にも笑顔を見せる姿に、観衆のほとんどは“入れ”と渋野を応援したのではなかろうか(あるメディアでは、外国の子供が渋野に笑顔を返され、渋野の優勝を必死で応援したとある)。
その渋野も、高校時代全国優勝をした以外、アマチュア時代目立った戦績はなく、その頃は、笑顔とは程遠い怒りやいらだちをよく顔に出していたと言う。プロ転向後、そうした感情を出すと、スコアを落とすことに気づき、内心はつらくても、意識して笑顔を心掛けるように努力したそうだ。そして感情をコントロールできるようになると一気に才能が開花し、勝負強さが身に着いた。ボギー以下の悪いスコアを出した直後のホールで、バーディ以上の良いスコアを出す確率「バウンスバック率」が、今期の国内ツアー選手の中でトップとのデータが、感情のコントロールによる笑顔の効果であることを物語っている。

スマイリング シンデレラ」の愛称がついた。これまでは、観衆の笑顔での励ましが力になったとの優勝者の発言があったが、今回は、逆に選手の笑顔が観衆に笑顔をもたらした。メディアはこぞって「こんな笑顔ははじめて」との評価で、この愛称がぴったりの渋野を世界に印象付けた。「笑顔は国際語」とも。今後他の選手にも好影響を与え、明るく笑顔でふるまう選手が増え、さらにゴルフ人気が高まることを期待したい。
今朝のニュースで、世界ランキングが46位から14位になったと報じられ、東京オリンピック出場可能性が高まった。これからは、日本だけではなく世界的にも注目され、メディアへの露出度も高まると思うが、常に笑顔を絶やさず、感情をコントロールしながら日本の女子ゴルフ界を引っ張って行く存在となってほしい、頑張れ!渋野!
今テレビでは、間もなく帰国との情報が報道されている。どんな笑顔が見られるのか楽しみだ。

笑顔の効果は、これまでも当ブログで紹介(例えばhttps://jasipa.jp/okinaka/archives/5329)してきたが、あらゆる所で実証されつつある。

おめでとう!日本ハム3年ぶり日本一!

ともかく劇的、感動的な日本ハムの日本シリーズ制覇だった。広島も、最後の最後まであきらめない戦いでセリーグを制覇したが、日本ハムの力が上回った形だ。その強さの秘密が今朝の朝日新聞“若い力育ちV”とのタイトルの記事で分かったような気がした。
日ハムの主力には高校から入団した選手が多い。西川、中島、中田、陽、大谷、近藤たちだ。球団は他の球団のようにFAに頼らず、中心選手は自前で育てるのが基本方針だそうだ。確かに金にものを言わせて他の球団の4番をかっさらう球団とは違う。日ハムの自前の育成方法が特徴のようだ。高校からの入団は5年、高校・社会人は2年が育成期間となり、その間は2軍の練習施設に併設した「勇翔寮」への入寮が義務らしい。そして最初の休日には決まりがあり、本を買いにくのだそうだ。そして朝食後の10分間が読書タイム。高校教師から転身し寮の教官となったのが本村幸雄選手教育ディレクター。「プロで成功するために、いろんな考えを身につけるのが大事で、手っ取り早いのが読書」と言う。選手は毎日日誌を付け、自分と向き合う。シーズン中は2度、長期目標管理シートに記入し人の目につくロッカールームにも貼る。人に見られることで目標達成への責任感を持たせプロの自覚を促す。年4度外部講師(為末大など)を招いての講義もあり、その際は感想文の提出が義務つけられる。
支配下登録選手の数(今季65人)は12球団で最少だ(育成選手はいない)。少数精鋭だと出場機会が増え、実戦で鍛えられるとの発想だ。「常に全力」「最後まで諦めるな」とのスルーがんも自然発生的にスローガンになり、あらゆるところに貼り出されているそうだ。「高校生から育てると球団の一貫した方針や文化を継承できる」と大淵スカウトディレクターは言う。シーズンの11.5差を覆したのも、日本シリーズで2連敗の劣勢を覆したのも育成力の差なのだろう、と記事は締めくくっている。
プロに入る選手は、高校・大学などで周囲からちやほやされ、天狗になっている選手も多いのではなかろうか。プロに入って、成績が残せなくなり、人生を狂わせる選手も多いと思われる。そんな中で、組織として、少数精鋭の自前主義で、入団した選手を育てなければ球団の明日はないとの姿勢には共感を覚える。企業でも、中途採用を控え、採用した新人の育成に注力する企業に優秀な人が集まり、良き企業文化・風土の形成・徹底ができているように思うがいかがだろうか?

dsc01620