2016.9.12から2016.9.19までの投稿記事のまとめ★

Pocket

経営の3要素、ヒトとモノとカネがそろっているのに、社会システムの問題でうまく結果を生み出せていない。それを融合的に育みうる環境を作っていく。それも8割はできている。あと2割について後押しすればガッと伸びるところまで来ている★|「人口減」は、日本が再成長するための武器だ http://toyokeizai.net/articles/-/135330

教師あり学習(supervised learning),教師なし学習(unsupervised learning),強化学習(reinforcement learning)★|機械に学習させる三つの手法 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/032300023/00011/?P=1&rt=nocnt

請求書などの書類を読み取って続く処理を自動学習★|成城石井、ワークスの人工知能型ERP「HUE」ACシリーズを採用 http://bizzine.jp/article/detail/1838

これは試飲に行きたい★|人工知能ソムリエすごい 感激のうまいワインをチョイス http://ascii.jp/elem/000/001/231/1231338/

IBMの人工知能「WATSON」がその人のポジティブさを採点★|Twitter・Facebook投稿のポジティブさを人工知能が採点しスコアに応じて給油できるガソリンスタンド「Positivity Pump」 http://gigazine.net/news/20160915-chevrolet-positivity-pump/

スピーカーに話しかけると、内蔵されている「アレクサ」というソフトがユーザーの質問に答えたり、買い物の注文をしたり、音楽を再生したりする★|米アマゾン、人工知能内蔵スピーカーを英独で発売 http://jp.reuters.com/article/amazon-europe-echo-idJPKCN11K2WR

人工知能が労働の現場に導入されることで、あらゆる製品やサービスにかかるコストが下がり、結果的に人々の暮らしは豊かになると予想しています★|人工知能を100年間研究し続ける大学が予想した人工知能と生活する2030年の姿とは? http://gigazine.net/news/20160914-ai-2030-stanford-university/

MAMORIOのもう一つのウリが「クラウドトラッキング(みんなでさがす)」。紛失したMAMORIOを、ほかのMAMORIOユーザーが検知したときに場所を通知してくれる機能だ★|忘れ物をしたときに教えてくれるIoTデバイス「MAMORIO」を体験してみた http://ascii.jp/elem/000/001/228/1228569/

実際に中小ユーザ企業に提案してネックになったのは、ベストエフォートのVPNだと通信速度が遅く、専用線だと価格が高いというところでした★|国内ユーザーがデータセンターを利用しない理由、トップはセキュリティの不安、2位は社内の都合。IDCJapan http://www.publickey1.jp/blog/16/2idc_japan.html

IDC Japan コミュニケーションズ マーケットアナリストの鳥巣 悠太は「社内用途でIoTを利用する企業は、費用対効果の明確化の難しさ、セキュリティ懸念、技術力不足、人材育成の遅れ、などを課題として認識している。また社外用途で利用する企業では、IoTによる事業競争力の更なる強化や、新規顧客開拓に向けて試行錯誤する取り組みが見られる」と述べています。|IDC、国内IoT市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160913Apr.html

Fitbitを買わなくてもiPhoneのヘルスケアで、確かに用は足ります★|「スマートフォン機能」が3兆ドルの巨大IoT市場を侵食 #ldnews #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/12011359/

センサーでゴミの蓄積量を把握。情報をインターネット経由で送信する。この情報を基にゴミ箱を巡回することで回収ルートを最適化し、作業員の人件費や車両の燃料費を削減する★|年2億円のコスト減、「IoTゴミ箱」で賢く回収  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO05715290V00C16A8000000/

現在の手段よりもさらに「低消費電力かつ長距離伝送可能」な方法★|ソフトバンクが「LoRaWAN」提供、“IoTの足回り”に本腰を入れる http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1609/12/news088.html

「ディープラーニング」で可能になったことは、「画像の認識」、「運動の習熟」、「言葉の意味理解」★|人工知能の飛躍的な進歩は日本のものづくり産業復活のチャンス http://www.huffingtonpost.jp/rengo/artificial-intelligence-japan_b_11922128.html

00011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。