2019.1.15から2019.1.20までの投稿記事のまとめ★

自信過剰すぎると、マーケットのことをきちんと考えることができなくなります。ただ謙虚だと、意志決定が遅くなり、ずっと「待ち」の状態に入ってしまうのです★|カイゼンと現地現物のアジャイル:Toyota AI Venturesが「スタートアップの速度」で走れる理由 @wired_jp https://wired.jp/2019/01/19/toyota-ai-ventures-interview/?fbclid=IwAR3EbjrLdsorWmVraFxX26Ho57UqyP9FajYKJrRdKVzq6pkOiecE4tLvJtI

[有料会員限定]AIスピーカーと会話することで声を出す機会を増やすとともに、自宅周辺のイベントなどを案内して外出するきっかけもつくる★|AIスピーカーで高齢者支援 三井物産系が開発:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40114200X10C19A1L82000/?fbclid=IwAR3I-y2MWCfXeQIPoqNt-V302Mbj0jk8nyZb3H4twKd5sGqIsHswXkvWn70

何でも使い方次第という側面はありますが★|本当は怖い人工知能2019年に解決すべき6つの問題点 https://www.technologyreview.jp/s/121040/never-mind-killer-robots-here-are-six-real-ai-dangers-to-watch-out-for-in-2019/?fbclid=IwAR3i9aJVENyMW8L_ZiGFW3zq14kjRFXa3e2bhQxFcheAuPKrl-UY2xSUnZQ

“PaaS”としては、人工知能(AI)や機械学習、アナリティクスなどのサービス、APIなどの機能強化の面がかなり表に出てきた感覚があります★|クラウドがITインフラの意味を変えていく–ZDNet×TechRepublic新春連動企画(3) https://japan.zdnet.com/article/35130786/?fbclid=IwAR160PSptwZKuJjfLf4Uf4YORdVdFpM4fF8tmDsmbCmUTvASgYYDYVSfAYY

シリコンバレー発AI革命の本質。「AIを何に使うか」を見つけた者が勝者となる | The SV Startups 100 https://svs100.com/svs2018-kushida-kenji/?fbclid=IwAR108w2J7rui4_83WiPVO3GbiML1Z6HZ002EZ8Ixyqmw8lfSV3HTTvXnUYY

各業種の本業である業種特化系・事業系を含むビジネスITや、新規事業や新業態を創出するデジタルビジネスは企業経営に直接貢献する領域であり、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の台頭とも相まって今後IT投資が拡大することが予想されます★ https://japan.zdnet.com/article/35131172/?fbclid=IwAR1jaU9D0ZLmdkauiHwv1e_eE6yvYxITfr_0MNddaQlGqDOUXY_JTt-0lhM

「データ」が「言語」や「貨幣」のように、文明の転換点になるという主張が「データ論」となる★|ウイルス・人工知能・人類の共存・共生・共進化:データエチカ(1)『住まいのデータを回す』第16回 http://www.newsyataimura.com/?p=7916&fbclid=IwAR1kOJSOOJ-2ay80M7Q7Z3QNSgUJKvK0e6h8AxQRYIQmVYUDJ_LBzzkMYQ4

[有料会員限定]都市を走り回る数百万台の自動車の経路を計算し、全体で最適化する計算は、従来型のスーパーコンピューターだと数十年の時間が必要だ。量子コンピューターならこうした問題を一瞬で解けると期待されている★|IBMトップがCESで語った「AI時代」:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39871640Q9A110C1000000/?fbclid=IwAR1F0qXVQoa67i37FSxAh3Gj6I8r3stNB8VmKvPabiZCpoinZ8wUYGdhN_A

2019.1.7から2019.1.14までの投稿記事のまとめ★

素晴らしい!|AIロボ高校生が開発 玄関で来校者案内 福岡工業3年の7人 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/479018/?fbclid=IwAR1iIgnTQDTQ0UGXDR568n2MZ_DEpG-fhCikP4YRvmf5nN_jBmEXxHEAPac

注目を集めているのが、味のデータ化である。味覚センサーとも呼ばれるAIを利用したもので、味を数値化することができるのだ★|食の世界にもすでに進出!AIと食の未来はどうなる? | 食の知識 | オリーブオイルをひとまわし https://www.olive-hitomawashi.com/column/2019/01/ai.html?fbclid=IwAR2mXlesK97px-_UAfX37uCIo2Laax6Ps_DFReKU-TK9jLIgcKmcjmXWqHk

「無機物による生命活動の再現」をストレートに目指す、というのはアートとAIの距離は、思ったよりも近いところにあるのではないか★|偉大なるアーティスト、河口洋一郎に学ぶアートとAI – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) https://wirelesswire.jp/2019/01/68769/?fbclid=IwAR1OwkLKGpvOth4O32nZiXVN5byOpoCkzeM94f6e6HsqJ8k1JO3DI6jxGKc

AIによって「すべての仕事は変わる」:IBMのロメッティCEO https://japan.zdnet.com/article/35131079/?fbclid=IwAR1-JISzSKK30_rTQnM6pt35t7XSAgQsIwhihi0yAENvdf4V7TC94fL6qrE

なぜ機械学習にPythonが強いのか、Pythonで並行処理をするコツを伝授【PyData.tokyo】
https://codezine.jp/article/detail/11197

今日のAI手法は多くの場合、画像認識モデルを正確にトレーニングするために、数千から数百万のラベル付きイメージを必要とします。IBM Research のAIチームは新しく「few-shot learning(少ない学習データ数による学習手法)」を開発しました。 https://www.ibm.com/blogs/think/jp-ja/ai-year-review/?fbclid=IwAR1vufJ2wZFANnpFe-hu3KhnnGN2WEh_o9DJw1f9pmuLO4U-RTtAklhx1Hs

今は、世界中で先端情報技術者が不足し、奪い合いとなっている状況。日本がいつまでも海外人材に頼っているのは現実的ではなく、しっかりと国内で育成する制度が必要★|訂正:焦点:日本企業、IoTやAI活用で大きな後れ 深刻な技術者不足 https://jp.reuters.com/article/iot-ai-tech-idJPKCN1P30AU?fbclid=IwAR2b1sjauMqnzw6SI_nUiYdNK-NF2T_Inx3AtsaniJRIyrlThPFvSzpKsHg

この薬は脳内の情報伝達に関わる「ヒスタミン」という物質の放出を促進する働きがある。この効果で記憶を担う神経細胞が活性化し、忘れた記憶の回復につながったとみている★|忘れた記憶を薬で回復 東大など世界初、認知症治療目指す https://www.sankei.com/life/news/190108/lif1901080033-n1.html?fbclid=IwAR1OxfhTlqACbkCtch-L4rYCKRtCL9VY-xyPSrFMGN0qnOXDKG1Ukf-F6Q0

真面目な人ほど、ネットで情報発信というと、誰も知らない話を書かなきゃ、とか、既出を避けなきゃとか考えすぎちゃうんですけど。
それは、メディア視点です。
まず、あなたのブログは、あなたのメモの延長であることを忘れないで下さい。 https://note.mu/tokuriki/n/nec4ffb359462?fbclid=IwAR1ubj5Oxg-wiOhIp0YOZswgqv8VHwJLs1pyMckY5QzX8QS80rBlx0lYRU0

自分たちが一番といえる領域をつくっていきたい。その領域が深層学習とロボティックスです★|AIのトップランナー・PFN西川徹社長の未来予想図:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM165VQZM16ULZU007.html?fbclid=IwAR284-kkUVFaCcMP19x0dIB-JeC19EDni0yLxb-Qz4Vafbhkz4uhvHfgytM

AIを使うというと高度な技術的スキルが必要だと考えられがちだが、いまAIのビジネス活用に必要なのは「技術ではなく、活用のアイデア」(清水氏)なのだ★|人工知能2018最新動向~最強の深層強化学習で社会、企業、ビジネスはこう変わる~ https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/19/ghelia0108/?n_cid=nbpad_twbn&fbclid=IwAR2B-u_QB7b3lxlsuDiDtmDoSo_8tU6QCqSPqvSERtxnRCNoyCj2Bi3tSvo

2019年コンテナオーケストレーションの世界にもサーバレスがやってくる https://gihyo.jp/dev/column/newyear/2019/kubernetes?fbclid=IwAR1pkOb7pmah1vApItuQEF2FkCty86Zi0dzsXxastX_AEqAxn2MThZ_HM6I

2018.12.25から2019.1.6までの投稿記事のまとめ★

地味ですが、便利なツールとして使えそうです★|人工知能が画像の切り抜きをしてくれる時代になりました|ライフハッカー[日本版] https://www.lifehacker.jp/2019/01/use-this-ai-tool-to-quickly-remove-the-background-in-im.html?fbclid=IwAR0VM6acKsJJo_ocQUKWFHvt3EMZpW-c94rSz6KNEFbcHr3-2H77fY4gGYE

テクノロジーのトレンドはこうなる、お客様のビジネスはこちらに向かう、だからこんなシステムにすべきであると、あなたは自信を持って提案できるだろうか。 https://www.netcommerce.co.jp/blog/2019/01/05/13429?fbclid=IwAR1zuR-Jr3NuN3lt4EyTvIw19U6Blo8oR1H6sVykiT0e3ZgdEsuSFzw4b8k

昔は新人研修もなしでOJTとかも確かにあったけど、当時はプログラマに対する要求水準も低かった(プログラミング言語をとりあえず一つ習得すれば良かった)から何とか成り立った訳です。今はミドルウェアやツールが多岐にわたるので、未経験者に新人研修なしでOJTは不可能です。お金が無いはずの底辺IT企業が安くない採用コストを垂れ流すとは思えないので、ネタ臭プンプンですね。知らんけどw https://www.megamouth.info/entry/2019/01/03/213605?fbclid=IwAR245Jin1_q12LhBkRcqxIwqvMORWlekqWDFiRQrBQbEVFHnNurDQhbot3Y

現在1%前後の潜在成長率を2%程度まで高められれば将来の絵姿は随分変わる★|【新時代・第1部 日本はどこへ向かうのか】(2)AI戦略周回遅れ https://www.sankei.com/politics/news/190103/plt1901030008-n1.html?fbclid=IwAR0R7bJ8Ucw7BlKIw7h9F4DSVsVGYqaRsgVa8p2eyM4Ygkobsw5OE2aYECs

疾病の見通しと過去の流行状況を合わせ総合的に分析することによって、2週間にわたり流行性感冒などの疾病のまん延リスクを予測★ http://www.afpbb.com/articles/-/3204316?fbclid=IwAR1yKzNpWebkCX1FdmhKUAxHaUNJepstZIltLoZ2-PAvVk5p71SxUh25OIA

自分がやろうとしていることの少し先に技術を入れれば、モチベーションと幸せにつながる★|「ヒトとAIの融合にワクワク」 暦本純一・東京大学教授:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39542160Y8A221C1000000/?fbclid=IwAR0Y9MBSpyRCkm4oYfdBq_7d9n0y8DPFaVaBaka-eX2hQ2eq_nm1t6wW-Nw

機械学習とAIは、2019年も引き続き主要なテクノロジートレンドとなり、AIはビジネスアプリケーションからITサポートまで、幅広い分野で大きな変化をもたらすだろう★|AIチップ競争も激化、2019年注目の「人工知能」5大潮流 https://forbesjapan.com/articles/detail/24693?fbclid=IwAR1OzIeM9QVgylg4iXk7aL4lrZ4Mz7BUDfk-eu4acL5vQ5ZdWA6cCZC4n7s#

機械学習/ディープラーニング初心者が2018年にやったこと、読んだ論文 https://qiita.com/koshian2/items/bb4afec12e5dd50aae50?fbclid=IwAR3Y7xrpG9yds7r5j-dEu8CKDdlMYyAoZ6DQwTNprK9gj8djd_BmJtfukTk

「人工知能業界が順調に拡大、来年は音声認識への注目が高まる」|シナモン平野未来 #2019を読む https://forbesjapan.com/articles/detail/24720?fbclid=IwAR1v5jQ39EbrXZO-iuJeao_aw71EW92CXxVMv3OHD3WMYmOustgEx-Eas6Y

機械の計算能力や記憶能力は指数関数的に発展するだろうが、それらだけでは未知なるノイズやハプニングに満ちた世界で、自らの意思で行動や判断することは難しい。一方で、わたしたち人間が、どれだけ自律的な意思決定を日々しているかと問われると、実際は慣習や指示されたことで多くの日常行為が為されているのも現実だ★|機械には好奇心がない。しかし好奇心がないと、未知なるものとは出会えない:連載『動物と機械からはなれて』 @wired_jp https://wired.jp/series/away-from-animals-and-machines/chapter2-3/?fbclid=IwAR1YCj7kH6LqXB5AmanCDCYQCAvHe-yMUQnFw6xTm-puBlBLC0J3qnzVKG4

スマホアプリ開発者のための2018年動向まとめ https://qiita.com/keidroid/items/88ee170f8bc697d4f7e9?fbclid=IwAR1wzVhGnhfJmXRAhfwxcq125EABHAMgWHtNRSrygSefygT_ZUHJ3bPeUCQ

アマゾンからアイドルまで「AI活用」が分かる必読記事3選 https://trend.nikkeibp.co.jp/info/18/00006/00017/?n_cid=nbpnxr_twbn&fbclid=IwAR3AZDBYFcbRgV01bWM4ufDQKl5KYdV5j8b-05v9oxCFevLbaTJb2EKdDYM

AIはどこまで成長したか?データで見るブームの実態 https://www.technologyreview.jp/s/116483/data-that-illuminates-the-ai-boom/?fbclid=IwAR02FbdHSyYRcFYintcE2QKVs2ayqbQ8QpDSXSIv0Gbi6XSR04OryAEvZ2o

やばいところが中国の一人勝ちになるような★|2018年はテック大手がAI利用の「自主規制」に乗り出した年だった @wired_jp https://wired.jp/2018/12/27/2018-was-year-tech-put-limits-on-ai/?fbclid=IwAR3o7VGs_0IWMsL5cmgzPsIyxACajSrcfIchjWOJ8YdRCT6T9E0KYjbUECQ

レンゲを消すAIと加工画像であるか見破る鑑定AIを対立させ、鑑定AIが見破れなくなるまで学習させた★|人工知能でラーメンをより美しく http://news.livedoor.com/article/detail/15792274/?fbclid=IwAR1EZxQJMgnxMAKOWeuLC2s-VTtMb6g9buCdMgoc2VB01TXePqArjmEA7FY

日本財団が支援した、ALS患者など重度の障碍者であっても、分身ロボットを操作してリモートで就労・社会参画する実験カフェの取り組みだそうです。 https://www.boredpanda.com/disabled-people-robot-dawn-ver-beta-cafe-orby-lab-japan/?fbclid=IwAR0YpFWF-CRGyMeDjGABmoqh2AsGghDySwdNB7aZvsLmPz5jKY_lry5jMv0&utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=organic

サービス商品と広報宣伝は、SI業界における下請けから脱する有効な手段にもなる。 https://japan.zdnet.com/article/35130495/?fbclid=IwAR0WLBY_HPWEttU8Hg8jpWYk4LSGK5kW4DIuim-EfCkaB76xdrZ9T5D5FEI

中国の動向から目が離せません★|2018年「不安になるAI業界のトレンド」5選(ギズモード・ジャパン) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00010009-giz-sci&fbclid=IwAR0unqq1wg7RKAuDu-C0Cc_6KEh-xgafAuocDgGXEbDhlRQ4-0ILeOv1JR4

AIの隆盛とともに、優秀なスタートアップが生まれてくるだろう。だが、大々的な移行を果たす既存の企業も出てくるはずだ★|「AIは永遠の春に入った」–人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る
https://japan.cnet.com/article/35130257/?fbclid=IwAR2G0dixCVMtkZ7jiCPFmMvlXgBfp4vezlQOqKN2be416IJfmuIfyv-9NCE

2018.12.17から2018.12.24までの投稿記事のまとめ★

AI(人工知能)でよく使われる「bot」種類や仕組みを完全解説しちゃいます #AIZINE #AI #人工知能 https://aizine.ai/chatbot1221/?fbclid=IwAR2DNKqpgXyqjLgsyKjU31_egRYyZvAop-Nh05sd6tj5fv59lhXJewjh3CA

Appleの人工知能部門トップは、元Google役員★|AIアシスタントに知能テスト!トップはGoogle、Siriは1年弱で急成長 https://iphone-mania.jp/news-235879/?fbclid=IwAR3Xz9XMv-VcXuXHDdnEwMsDXIY0nj-uEBtoX5KGfZJpoctrxyWQGkqCjQI

より幸福を強く感じている人ほど、脳の右半球の頭頂葉内側側面にある楔前部という領域が大きいと判明★ https://irorio.jp/daikohkai/20151125/280241/?fbclid=IwAR1ybRyb-wDtxwmiX8RuLXufjGBc5aCkXR9PHo6TgL53ZJ472RB06L7e2KI

画像認識はAIのお家芸★|路面凍結や道路のひび割れ、AIで発見 ウェザーニューズが来年夏に実用化 – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/21/news131.html?fbclid=IwAR1ZU2tmB5cCi0-7G3lAi10CkpUpW-oGoexE61xmCgkoc3opBLVk2jZJlHc

中国共産党と共にあること以外の制約がないというのが強みですね★|人工知能の分野で中国がアメリカを追い抜く可能性: https://jp.sputniknews.com/science/201812215736821/?fbclid=IwAR0dASdMvjm44VW2wlIteSLiykskzaS-lSlwEJ-Cg3g8K18gbSCtqMmwXUI

AI医療診断はCTやMRIに並ぶ発明★|「AI医療診断」時代到来、2025年に向け浮かびあがる銘柄とは<株探トップ特集> | 特集 – 株探ニュース https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201812201208&fbclid=IwAR3MByb1JNi8qC2HCW3_NQu7UAHFKnoFTheuX2x_KvdHawXlJuIRDQ4ZxC4

共同発表:人工知能を用いて気候実験データから熱帯低気圧のタマゴを高精度に検出する新手法を開発 http://www.jst.go.jp/pr/announce/20181219/ #JSTプレスリリース #CREST

今年のクラウド用語をひとつ選ぶなら、Kubernetes かな。 https://japan.zdnet.com/extra/ibm_201812/35128774/?fbclid=IwAR3aZqunP5jmUjrsLiFqQbi93b_R0UFk4ZaEr9ximABojq_Nc_-MLkzk0Yw

2017年に発表されたAIに関する論文で、最も広く取り上げられているテーマは「機械学習(ML)と確率的推論」で、それに「ニューラルネットワーク」「コンピュータビジョン」が続いた★|2018年版「AI Index」レポートから読み解く人工知能の今 https://japan.zdnet.com/article/35130273/?fbclid=IwAR3j4j4b49-p5rLWYmA0K_zpO2w0_Dl0J5OONXFN4BmKZ7QCQ2t59MfcBHk

脳科学者の茂木健一郎氏は「AIの研究開発は密室でできるため、禁止条約が充分に機能するのか」という疑問を投げかけました★|キラーロボットの規制に向けて、第2回勉強会を実施しました https://www.huffingtonpost.jp/aar-japan/killer-robot-ai_a_23617809/?ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter&fbclid=IwAR1rabUzUBUjYrkVcgTUSd3tMbnlUAtQs7xWMvqH-q52vWZRNMyy4pJeM-g

企業アドバイザーとして有名なバーナード・マー氏が見解★|AIは2019年どうなる? 5つの予測: https://jp.sputniknews.com/science/201812175715398/?fbclid=IwAR0D6tv0MxN4PPr-vaIU8O6RqMuAsqQoUSf_AEOzTlytOC_UjIxY9nxMCek

注目すべき技術としてグランプリの座についたのは「学習済みクラウドAI」だった★|2018年にITエンジニアが注目した記事から分かったこと https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00139/121200038/?n_cid=nbpnxt_twbn&fbclid=IwAR1eNjHHyxWj16RIJGZWgtV2eErF4vtvE_fsZ6kfgvXoOXLdkzDgCLySf5Q

2018.12.10から2018.12.16までの投稿記事のまとめ★

カリブ海は西インド諸島の小アンティル諸島はリーワード諸島にあるイギリス領の島★|人工知能を表すドメイン「.ai」を提供するアンギラの生活は人工知能のようにハイテクなのか確かめてきた【インターリンク ドメイン島巡り 第7回「.ai」】 – GIGAZINE https://gigazine.net/news/20181215-interlink-islanddomains-ai/?fbclid=IwAR11Bo3lxzuU45V-geb88Ing4ftNFZ5mPnFpgsy4u6cGcibhJgG3nF1PZBo

AIの時代からIAの時代へ[田坂広志の深き思索、静かな気づき] https://forbesjapan.com/articles/detail/24407?fbclid=IwAR2Y3rUjsFaMNdfTXRsqXSX867hwwXr98dCY328wr_ct7NHC–PT0X6DX5o#

2018年上半期のAI分野へのグローバル投資額は435億ドルであり、そのうち中国が317億ドルだったと報告★|世界の4分の3を占める中国の「AI投資」と今後の課題 https://forbesjapan.com/articles/detail/24376?fbclid=IwAR2SSUAF92ZIbhIA1w_KCv7XykM1uzhV0Eb627_Ue6RIY2nOvnY0MLFgpe4

中間論点整理では、巨大IT企業がアプリなどを通じ収集した個人データの無断活用や、情報管理の不透明さを問題視。個人の権利侵害があるとした★|巨大IT規制で監視組織設置へ 経産省有識者会議 https://www.sankei.com/economy/news/181211/ecn1812110030-n1.html?fbclid=IwAR2cg23SVkI7PNDTKXIrL0GBKPzsbToC_P4GfbK05JqCSjkE1QEi3ltnFLg

マイクロソフトの研究所トップが語る「AIと人間は競合しない」 | 短答直入 | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/188195?fbclid=IwAR3Ym8T2_1V_XQDK-FvlJbQQePCxZXOLbXHYMqGOsG8Ovzwcc7Ly-6RuzJE

13歳が癌の治療法を開発、AIは異分野間の“サイロ”を破壊する救世主に 連載:中西 崇文のAI未来論|ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/35757 #sbbit

新たな人工知能(AI)プラットフォーム「AlphaZero」は、人間による介入なしに、囲碁、チェス、将棋をゼロから学習できる★|チェス、将棋、囲碁のすべてでこれまでの最強AIに勝利した人工知能「AlphaZero」 https://japan.cnet.com/article/35129871/?fbclid=IwAR1kvAbGK80wkNtAZCoZo8xKFI7-cNplEAZ5RtkcO8Lyn-KJroUs_XrNGjs

1位はAWS Transit Gateway、これを使うと、ユーザー企業はインターネットや通信事業者の回線を利用せずに、AWSの独自グローバルネットワークだけを使って世界規模のWANが構築できるようになるのだ★|AWS最大イベントで50種類の新サービス、記者が選んだトップ10 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/120600200/?n_cid=nbpnxt_fbbn&fbclid=IwAR23TeD0D_Pc2daXQXe2oN8s88w8719fBNOxgeazWIdTWfSO2zD4POSKkDk

AIを世界トップレベルに押し上げる目標を掲げた習近平指導部。アメリカとの対立が激化する中、中国独自の技術開発を一層、重視しています★|百度と地元政府が協力し中国にAI=人工知能公園が誕生 習近平氏「AI」技術開発を重視|ニフティニュース https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-142169/?fbclid=IwAR3SycAY83yLtp8J0pgyBrppcAxiqjJeXzSzshfkGHFmh7Ly-Mbd82bSdgo

2018.12.3から2018.12.9までの投稿記事のまとめ★

防犯カメラなどのセンサーや同社開発の人工知能(AI)を活用★|NTT、公共安全システム米で提供 渋谷のハロウィーンにも前向き – SankeiBiz(サンケイビズ) https://www.sankeibiz.jp/business/news/181208/bsb1812081241002-n1.htm?fbclid=IwAR1AQt6r2ya-99-9781ikvmwItgBvIssj9IDG8P6nS-hRhtBrQCr-4elSkc

2030年までに日本国内の農家数が半減すると言われていますが、そのとき野菜の価格が2倍になって良いはずはありません★|【農業の自動化】AI自動野菜収穫ロボットの動画を公開!スマート農業で「inaho」がX-Tech Innovatin2018最優秀賞を受賞|ロボスタ https://robotstart.info/2018/12/07/inaho-xtech.html?fbclid=IwAR3VGn-D2DccM911M6JMdn143BKVE9kkEY0kttmQtLp4c090U3n4OGrjz4I

人間は人間のバリューが出るところをやり、機械が得意なところは機械にまかせられるような社会にしたい。その延長で、人間と機械は融合していくと思っています。将来的には人間はチップを埋め込むなどして、能力をさらに拡張していくと予想できます。 拡張された人間が増えることで、社会もよりよいものになっていくと思っています。 https://codezine.jp/article/detail/11257?fbclid=IwAR1U4hJJGjIO2gPgrZIKaIrIrGXAvnf7v8wjkkY5HAMAcaJCiaeb6ZgvQpQ

日本でリーダーシップというとマネジメントに近い形で考えられますが、外資系ではどんな若手でもリーダーシップを持っています。何かあったらどんどん自ら提案し、動いていますし、企画も要件もそのまま盲目的に信じるというより、必要に応じで修正や提案をします。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00187606-diamond-bus_all&fbclid=IwAR2zHrpP4CNU0jLEns0AhEMj8LWkqV0hU2XCLnJ2CbCbnRjwJK7X4e3q0lM

自戒を込めて★|もはや国内の受託系ITベンダーは新しい技術を習得することもなく、新しい市場を開拓するでもなく、新しい提案をすることもない。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58816?fbclid=IwAR3yNmq3HjhkZbpqIvi1Cwi02iCCHNJROh9i482tl6UVdEqeaidPtQR1toM

会社全体では約6,000人以上のエンジニアがいましたが、我々は大量のコードを書いてお金をもらうビジネスモデル。
一方、AIがどうかというと、たった1000行程度のコードなんですね。ただ、技術的には非常に高度、さらに今まで培ってきた技術が役に立たないときます★|【富士ソフト】AI時代の生存戦略 ── 眠るAI人材を発掘し、育てなければ未来はない https://ledge.ai/fujisoft-ai-strategy/?fbclid=IwAR353GGTMbyIOjFA6O_EQCD_aG8i1ifNlaL0gVUWdJTAu07XL3ZCKwMoZZ0

なんせコンサルタントは「先生」として顧客の尊敬を勝ち得ないといけないから、ご用聞きとは対極のマインドセットが必要となる。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/112900039/?n_cid=nbpnxt_fbbn&fbclid=IwAR16buTMnKhXcL6y_Y6Gw3CeEfIQpuQt1oOxb6mDjSAfFDlS5KfoOBU3SOk

AWSは、IoT(モノのインターネット)の枠組みで末端側に用いられているエッジデバイスに向けて「AWS greenglass」や「Amazon FreeRTOS」を投入するなど、エッジサイドのソリューション強化を続けている。Inferentiaも、推論をエッジコンピューティングで行う際に必要なGPUを代替するものとしてアピールしており、エッジサイドソリューション強化の一環となる。 http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1812/03/news039.html?fbclid=IwAR0zARz9Gjor1qvd5WMbk1TKNMlOHDjcwDninZU5nEkiJJlUkrx4PjcN1ZY

競争相手が少ない市場で、専門家やプロを目指す★|ロボットが進化する時代だからこそ…息子や娘にアドバイスすべき就職“7つの新視点” – SankeiBiz(サンケイビズ) https://www.sankeibiz.jp/econome/news/181202/ecd1812020902001-n1.htm?fbclid=IwAR1XvIwgEFF7UxzBq26eaI4gbawKOIfmvTMIu0Ll3Fb4oOVRYWopMk5mXks

2018.11.26から2018.12.2までの投稿記事のまとめ★

Gerstが彼の“好きな曲”をリクエストすると、CimonはKraftwerkの“Man Machine”をかける★|国際宇宙ステーション(ISS)の新型ロボットは宇宙を浮遊するAlexaみたいでヤバイな | TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2018/12/01/2018-11-30-the-international-space-stations-new-robot-is-a-freaky-floating-space-alexa/?fbclid=IwAR3j6tAscxLFNwkX9Sk-5DZ7rxgTKGxNwyYWblFWCc37XzdmnDr_5gJMuDs

19年後半に同プロセッサーを使ったクラウドサービスを開始する★|AWS、独自AIチップを開発 機械学習の推論に特化:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38366640Q8A131C1000000/?fbclid=IwAR1Siyo4_hFmgyVmHtcCRey3W_xJdXJ0qdMsftGPSE2itpZDSSNn9MGyt3Y

マイノリティ・リポートな世界★|犯罪を予測するAI、イギリス警察がテスト中。あれ、この設定どっかで見た気が… https://www.gizmodo.jp/2018/11/british-cops-ai-flags-people-for-crimes.html?fbclid=IwAR1QLRWjrS87MSvxss08GeGvzAXgmuRAPnoA_AKitQJKDohAD0NdqKaLOl4

ファーストステップはSaaS/APIですね★|AI活用のクラウド戦略、機械学習の基盤はIaaSかPaaSか? それともオンプレか ガートナーが指南|ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/35429?fbclid=IwAR19fxhYaTmd8qeP43dkodioq8i8tp7sLvCMVxpTqj0GCBmVmasIPtAJtGw

マスク氏が立ち上げたニューラリンク社は、人間の脳のためのハードディスクドライブの製造に取り組んでいる★|イーロン・マスク氏:人間は人工知能に対抗するために機械と融合することになる: https://jp.sputniknews.com/science/201811285637545/?fbclid=IwAR2Z5lFBQMs0ZhWTWdovIsHx-GYJz46HvlvlAt0uVxxXSSCUb9XtAOGYSuI

好奇心が服を着て歩いているような人。それが田原総一朗さんなのだと思います★|「世の中が変わることが面白い」 84歳の田原総一朗氏がAIに興味を持つ理由 (1/5) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/27/news023.html?fbclid=IwAR3fzILkOUKYQXUdVIIE4EgiW2XsThnixESD7fTwxKy5uJaEpsIC1gNOQbQ

一部社員が「政府の監視強化を助けるだけ」などの声明をインターネット上に公開し計画撤回を求めた★|グーグル社員が抗議声明、中国での検索再参入に反発: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38266000Y8A121C1000000/?fbclid=IwAR1enJ6u_Tzuz312THNoprfv5wzv5hTfysQ0I-Jz_ge1Vtnvc8j3Jm7G0Yo

教材は全て英語ですが、日本語で「選択された言語でコンテンツをご利用いただけるよう現在準備中です」とのメッセージが表示されており、今後は日本語対応も期待できるのかもしれません。 https://gigazine.net/news/20181127-aws-machine-learning-university-available-free/?fbclid=IwAR0uXXhs0N-0VB2-e03IL90Xfxd-soqVWmHG2i0taY1NoW5U5oWJqqBDGAg

日本政府がつくるAIの原則は(1)AIは人間の基本的人権を侵さない(2)AI教育の充実(3)個人情報の慎重な管理(4)AIのセキュリティー確保(5)公正な競争環境の維持(6)企業に決定過程の説明責任(7)国境を越えたデータ利用の環境整備――の7つから成る★|AIの判断、企業に説明責任 ルール作りへ政府7原則:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38186770W8A121C1MM8000/?fbclid=IwAR356f3Q6DCIMtiXd2qa2ETvWlIGnKFjxsEvJzkl-OHc8VRY0G8OouP-jIY

2018年9月、IBM Cloudで提供する新しいサービスのコンセプトとしてAIの信頼性を可視化する「Trust and Transparency capabilities」を発表した。2018年10月には、そのコンセプトをソフトウェアサービスとして具備する「AI OpenScale」を発表。現在はまだベータ版だが、年内には正式版になる予定だ。 https://newspicks.com/news/3488002/body/

頭の中では考えが膨らんでいるのに、いざ話そうとするとたどたどしい言葉しか出てこないというのは、非常にもどかしい状況です。
定期的に気持ちを文章にしたためる習慣を身につければ、このようなつらい状況はある程度回避できます。 https://www.lifehacker.jp/2018/11/the-psychological-benefits-of-writing-regularly.html?fbclid=IwAR121rtpEXaKWAHEaWb9aCXBsdfkEMK8UsWz9jDADMUiRudYijnKAfiaGWw

2018.11.19から2018.11.25までの投稿記事のまとめ★

長い間、我々は気持ちを抑え、IntelとNVIDIAは高性能システムの構築に非常に秀でた手腕を持っているとの見解を示していた。だが、5年前に我々は(両社に対応可能な)レベルを超えた★|グーグル、AIの「指数関数的」成長と独自のチップ開発を語る https://japan.zdnet.com/article/35128870/?fbclid=IwAR27Kmef5cXn-j4erMBu0je8iGIqt__e9adr1EOMDQG-euq8Qm0NmmoZvO8

演繹的、帰納的の使い分けで解説するとてもわかりやすいAIの説明です★|【HBO!】Google最新技術「BERT」と「東ロボ」との比較から見えてくるAIの課題 https://hbol.jp/179474?fbclid=IwAR1d2j45FGr7Bn6GnBQUsnVysb9_eaYOhwHCMkluSrmcPY46_aNDosywz3I

効率的に開発できたのは、さまざまなコンポーネントをゼロから作るのではなく、既にあるものを再利用したからです。具体的には、AWSのマネージドサービスを積極的に活用しました。 https://codezine.jp/article/detail/11153?fbclid=IwAR0C49yzcXha6UvO52HW79b4eRL6loOK-QyhIrNuzV3YKyxcAlrfqWIiUxg

「人間の脳は、新しく学んだことを寝ている間に身に付ける。十分な睡眠をとらないと学習の効果が薄いといわれるのはこのためだ。これと同じ機能を実現するのがフェデレーションラーニングだ」★|グーグルはなぜ「オンデバイスAI」を志向するのか (1/2) – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1811/22/news042.html?fbclid=IwAR0Gcq_06vNfTH5SJC-TVajAnZlD7KQbSAApNTEOm7ddUfPp0GF8CiTFccs

AI時代をサヴァイヴするために必要なのは「悟性」と「危機感」だ:井上智洋×SAP対談 https://wired.jp/2018/11/21/inoue-x-sap_economy-ws/?fbclid=IwAR1S-aIWNkMxGjZwnpCem10-iGf_i2Vw5xrHW66ewp3ujJ7ouZlkx_AOwmw

本レポートによると、ほぼすべての職種で、高度な論理的思考、創造性、社会的知性、センシング力といったスキルの重要性が高まりつつあります。先端技術の導入によって、これらの動向にさらに拍車がかかることになります。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000150.000019290.html?fbclid=IwAR2I2pXJqy3btCEygCh7Dj5zPOMNkBf6mDaSOnSbncXsUtEycHbx_ibFZyc

百度、華為技術(ファーウェイ)、アリババ集団などが独自のAIチップセット開発に取り組んでいる。電子商取引大手のアリババは量子コンピューターの開発でも先頭に立つ★|中国、AI大国への野望に壁:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37971010Q8A121C1000000/?fbclid=IwAR0-a8Ad0yy88iNc2oxAV81T2eOS6g0TBIK5qmzg184vZsPwAYwHy0kzeOk

後で読む★|グーグルの深層学習プロセッサ「TPU」解説/NVIDIAの組み込みAI「AGX」とは – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1811/19/news073.html?fbclid=IwAR0nRpnIOQovfnrdvH-n8ElLkt_2Ig-dA4ywy-IgEpnx_jckPasjJOqIBSY

人工知能を生産もするし消費もする経済主体と捉えるのは良いかも★|Googleは情報/データを喰らう怪物だ データの世紀、AI時代における新しい経済構造 (1/6):MarkeZine(マーケジン) https://markezine.jp/article/detail/29688?fbclid=IwAR1EYjF9jVXmAWDNXQ-a2TU1SYltKMRnhrPB4qbhz9tx_u8q_xRNGmXGb9w

2018.11.12から2018.11.18までの投稿記事のまとめ★

次の段階は言語と意識です。人間だけがなぜ言語を使えるのか。その仕組みが近い将来、わかるのではないかと思っています★|AIがファッションも変える! 第一人者が挑む未来 : NIKKEI STYLE https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37634090R11C18A1000000?fbclid=IwAR1efZ-TA6fLbYSxHi5Bfrycy84QLX2shXgZicQ42L0KyI-5njZz58H3X6s

Dellは新入社員と在籍20年以上の従業員をペアにする「逆指導」プログラムを実施している★|Z世代の若者はAI時代を楽観–ITリテラシーに自信、ソフトスキルには不安も https://japan.cnet.com/article/35128772/?fbclid=IwAR1Elk8CqvxhraGDhS65ff9gPKBliszC3oLDjeGmAn0PxRk9DfGcuBcVFfU

AI駆動型のマルウェアが現実になった際に起こる、セキュリティ分野のパラダイムシフトに対応できる唯一のチャンスは、AIを活用したサイバー防衛だ★|未来のサイバー攻撃で人工知能はどう悪用されるのか? https://japan.zdnet.com/article/35128504/?fbclid=IwAR1y5WFVIn7cIfxf1qJnnbsD-EjrC7-llAxtkpMTl8r4OMRFyjFObbutFII 

「利用者のデータの適切な取り扱いを考えていく必要がある」。10月18日に第1回会合が開かれた、総務省のプラットフォームサービスに関する研究会で総務省の谷脇康彦総合通信基盤局長はこう指摘した★|「通信の秘密」GAFAにも 総務省が域外適用議論:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37715490T11C18A1X13000/?fbclid=IwAR2XfibqRGyHhEpXT-Waitwly-yv8-tmLyPNdmZtENwZtZ1EzK5_2IE-KcI

優秀な人ほど、今のIT職場に見切りを付け始めています。なぜIT職場から去っていくのでしょうか。背景には経営者や営業の「ゆがんだ成功体験」があります。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00205/110600011/?n_cid=nbpitp_fbed&fbclid=IwAR3hLdoMzLhz30Bzh9ycRskcR0IuWOkStMZtp1Hm5GQlzCSirFuVwi4vX2E

人工知能(AI)は非常に幅広い概念であり、その定義は絶えず進化している★|「人工知能ってなに?」あなたはこの質問に答えられますか https://www.technologyreview.jp/s/112335/is-this-ai-we-drew-you-a-flowchart-to-work-it-out/?fbclid=IwAR2MLxsauv2of8KEdo7ay9EPz8tfV93Ate0BCTfDtmRYJ3b6vdNPlIhVbag

これは良い試み★|いじめ検知もAIで それでも忘れてはいけない「人間の役割」 https://forbesjapan.com/articles/detail/23772?fbclid=IwAR3XTUDKYo3bCpZ9F7WHkQ9JqBaQAauL–iSLGvF1MjlY9ZHXFe3SGaenMM

孤独の解消を社会のシステムに組み込まなくちゃいけない★|寝たきりの心を救う「分身ロボ」を作る男 「人工知能」で人の心は癒やせない:PRESIDENT Online – プレジデント https://president.jp/articles/-/26577?fbclid=IwAR1pnux8m1FbLCIS5FguT44LF23qG0uqykqKi3F_hd5QHPiz78yxdR0rhYE

親子で学ぼう!プログラミング教育(毎週日曜あさ10時更新/全10回)「今日からプログラミングアイドルです!」(ちちんぷいぷいプログラミング第10回) – FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00385620HDK?fbclid=IwAR3zC96VWLhlmWqSXvc7RQCpqmNxlItoApSGp_k9bmEuAdoGrwi1S99n2xs

2018.11.5から2018.11.11までの投稿記事のまとめ★

ライフスタイルや食の嗜好性など、10問程度の簡単な質問に答えることで、キリン株式会社が保有する嗜好データから回答者が好むクラフトビールの傾向を予測★|人工知能がクラフトビールをオススメするぞ! 『AI』×『ビール』レコメンドサービス登場 使ってみた | ニコニコニュース https://news.nicovideo.jp/watch/nw4171026?fbclid=IwAR3PPDj4-Jz2X8vZnitdF70BEtea9LN8nRo49zJZwGdru9tnR6KF_nxX3c0

長文、後で読む★|AIは「わかる」が何かは「わからない」--松原仁、人工知能の本質をかく語る https://www.sankei.com/wired/news/181105/wir1811050001-n1.html?fbclid=IwAR2qGNuDf4DIUygguDgPZlHSDQfGxZgHhFZr7oxsZ4TCBzPjN1A0wi4g-j4

結果的に、僕たちが知っている音楽は限定されていて、もしかしたら、まだまだ知らない音楽があるかもしれません★|機械が作った音楽は人の心を動かすか 「AIで自動作曲」研究するワケ (1/4) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/09/news007.html?fbclid=IwAR2u8fNQkZvcdU_oVfd13SOPaRF7rBdWJ5iAnBBAq6ZLsju-AYfePTT18Yg

病理学者が人工知能(AI)と協働する未来★|グーグルの画像認識AIは、専門家にも見えない腫瘍の変異を識別できる:研究結果 @wired_jp https://wired.jp/2018/11/08/google-ai-tool-tumors-mutations/?fbclid=IwAR3BtyX0mmy1cD_5S8Czvbe8ec0UY32TNud0Wxj9cjoEekxQzxLOXbMddd4

何をどうやったら、そういう数字とメッセージが出てくるのか?|「AIで人間の仕事がなくなる?」の経済学的解明 第1回 全職種の作業をタスク分けしてみた https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/102200249/110100004/?n_cid=nbpnbo_twbn&fbclid=IwAR1MkkLx9YQHZiPJh_wb2awJ3eCv_u5R9l1ZYZW5C7oDcJrU1miiNR4I5eM

シンフォニーマーケティングの庭山一郎さんのBtoBマーケティングにおける思想を伺った時は、「これだ」と感じましたね(笑)。イベントや紙のカタログだけでなく、より売り上げに直接貢献できる領域を究めようと考えるようになりました。それを契機に、マーケティングオートメーション(以下、MA)をはじめとしたツールの活用やリードを営業へ渡す手法を学んでいきました。 https://markezine.jp/article/detail/29411?fbclid=IwAR1XEGnwuEtO3jDKhB2edbDUciHnJW9qbDfMQxPHp4-ah_8u_rY7pTsRlXc

現場が本当に困っていることは何だろうかということを技術者は考えることを避けてきたのではないか★|パナソニックが考える「ソリューション事業」としてのロボティクス ロボティクスハブを立ち上げ、自動化の先の人間拡張へ|ロボスタ https://robotstart.info/2018/11/06/moriyama_mikata-no66.html?fbclid=IwAR1aDd9r9HTN-xw1Y1WIHZPPtwCIoJXpWKGwgsLw0kj4pKp2awS6Ztu7p2s

受け手の立場だと時代に逆行しているように思うのですが^^;|グーグル「Duplex」が浸透すれば、ボットと人の区別がつかない未来がやってくる @wired_jp https://wired.jp/2018/11/05/google-duplex-pixel-smartphone/?fbclid=IwAR03dAxJTd2WO2BBjE3jduqJL9hYqc3O6vJAMERBMBpAdejnV9gltST929g

AIに教師なし学習をさせて「中間顔」を作ってみよう!(ちちんぷいぷいプログラミング第9回) – FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00381780HDK?fbclid=IwAR1L6nRz_97dzi9R884IWyTA-lA4NoPA2ql0ZfNbx114xGlF3x2y6gnOGEQ