2018.12.3から2018.12.9までの投稿記事のまとめ★

防犯カメラなどのセンサーや同社開発の人工知能(AI)を活用★|NTT、公共安全システム米で提供 渋谷のハロウィーンにも前向き – SankeiBiz(サンケイビズ) https://www.sankeibiz.jp/business/news/181208/bsb1812081241002-n1.htm?fbclid=IwAR1AQt6r2ya-99-9781ikvmwItgBvIssj9IDG8P6nS-hRhtBrQCr-4elSkc

2030年までに日本国内の農家数が半減すると言われていますが、そのとき野菜の価格が2倍になって良いはずはありません★|【農業の自動化】AI自動野菜収穫ロボットの動画を公開!スマート農業で「inaho」がX-Tech Innovatin2018最優秀賞を受賞|ロボスタ https://robotstart.info/2018/12/07/inaho-xtech.html?fbclid=IwAR3VGn-D2DccM911M6JMdn143BKVE9kkEY0kttmQtLp4c090U3n4OGrjz4I

人間は人間のバリューが出るところをやり、機械が得意なところは機械にまかせられるような社会にしたい。その延長で、人間と機械は融合していくと思っています。将来的には人間はチップを埋め込むなどして、能力をさらに拡張していくと予想できます。 拡張された人間が増えることで、社会もよりよいものになっていくと思っています。 https://codezine.jp/article/detail/11257?fbclid=IwAR1U4hJJGjIO2gPgrZIKaIrIrGXAvnf7v8wjkkY5HAMAcaJCiaeb6ZgvQpQ

日本でリーダーシップというとマネジメントに近い形で考えられますが、外資系ではどんな若手でもリーダーシップを持っています。何かあったらどんどん自ら提案し、動いていますし、企画も要件もそのまま盲目的に信じるというより、必要に応じで修正や提案をします。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00187606-diamond-bus_all&fbclid=IwAR2zHrpP4CNU0jLEns0AhEMj8LWkqV0hU2XCLnJ2CbCbnRjwJK7X4e3q0lM

自戒を込めて★|もはや国内の受託系ITベンダーは新しい技術を習得することもなく、新しい市場を開拓するでもなく、新しい提案をすることもない。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58816?fbclid=IwAR3yNmq3HjhkZbpqIvi1Cwi02iCCHNJROh9i482tl6UVdEqeaidPtQR1toM

会社全体では約6,000人以上のエンジニアがいましたが、我々は大量のコードを書いてお金をもらうビジネスモデル。
一方、AIがどうかというと、たった1000行程度のコードなんですね。ただ、技術的には非常に高度、さらに今まで培ってきた技術が役に立たないときます★|【富士ソフト】AI時代の生存戦略 ── 眠るAI人材を発掘し、育てなければ未来はない https://ledge.ai/fujisoft-ai-strategy/?fbclid=IwAR353GGTMbyIOjFA6O_EQCD_aG8i1ifNlaL0gVUWdJTAu07XL3ZCKwMoZZ0

なんせコンサルタントは「先生」として顧客の尊敬を勝ち得ないといけないから、ご用聞きとは対極のマインドセットが必要となる。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/112900039/?n_cid=nbpnxt_fbbn&fbclid=IwAR16buTMnKhXcL6y_Y6Gw3CeEfIQpuQt1oOxb6mDjSAfFDlS5KfoOBU3SOk

AWSは、IoT(モノのインターネット)の枠組みで末端側に用いられているエッジデバイスに向けて「AWS greenglass」や「Amazon FreeRTOS」を投入するなど、エッジサイドのソリューション強化を続けている。Inferentiaも、推論をエッジコンピューティングで行う際に必要なGPUを代替するものとしてアピールしており、エッジサイドソリューション強化の一環となる。 http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1812/03/news039.html?fbclid=IwAR0zARz9Gjor1qvd5WMbk1TKNMlOHDjcwDninZU5nEkiJJlUkrx4PjcN1ZY

競争相手が少ない市場で、専門家やプロを目指す★|ロボットが進化する時代だからこそ…息子や娘にアドバイスすべき就職“7つの新視点” – SankeiBiz(サンケイビズ) https://www.sankeibiz.jp/econome/news/181202/ecd1812020902001-n1.htm?fbclid=IwAR1XvIwgEFF7UxzBq26eaI4gbawKOIfmvTMIu0Ll3Fb4oOVRYWopMk5mXks

2018.11.26から2018.12.2までの投稿記事のまとめ★

Gerstが彼の“好きな曲”をリクエストすると、CimonはKraftwerkの“Man Machine”をかける★|国際宇宙ステーション(ISS)の新型ロボットは宇宙を浮遊するAlexaみたいでヤバイな | TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2018/12/01/2018-11-30-the-international-space-stations-new-robot-is-a-freaky-floating-space-alexa/?fbclid=IwAR3j6tAscxLFNwkX9Sk-5DZ7rxgTKGxNwyYWblFWCc37XzdmnDr_5gJMuDs

19年後半に同プロセッサーを使ったクラウドサービスを開始する★|AWS、独自AIチップを開発 機械学習の推論に特化:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38366640Q8A131C1000000/?fbclid=IwAR1Siyo4_hFmgyVmHtcCRey3W_xJdXJ0qdMsftGPSE2itpZDSSNn9MGyt3Y

マイノリティ・リポートな世界★|犯罪を予測するAI、イギリス警察がテスト中。あれ、この設定どっかで見た気が… https://www.gizmodo.jp/2018/11/british-cops-ai-flags-people-for-crimes.html?fbclid=IwAR1QLRWjrS87MSvxss08GeGvzAXgmuRAPnoA_AKitQJKDohAD0NdqKaLOl4

ファーストステップはSaaS/APIですね★|AI活用のクラウド戦略、機械学習の基盤はIaaSかPaaSか? それともオンプレか ガートナーが指南|ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/35429?fbclid=IwAR19fxhYaTmd8qeP43dkodioq8i8tp7sLvCMVxpTqj0GCBmVmasIPtAJtGw

マスク氏が立ち上げたニューラリンク社は、人間の脳のためのハードディスクドライブの製造に取り組んでいる★|イーロン・マスク氏:人間は人工知能に対抗するために機械と融合することになる: https://jp.sputniknews.com/science/201811285637545/?fbclid=IwAR2Z5lFBQMs0ZhWTWdovIsHx-GYJz46HvlvlAt0uVxxXSSCUb9XtAOGYSuI

好奇心が服を着て歩いているような人。それが田原総一朗さんなのだと思います★|「世の中が変わることが面白い」 84歳の田原総一朗氏がAIに興味を持つ理由 (1/5) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/27/news023.html?fbclid=IwAR3fzILkOUKYQXUdVIIE4EgiW2XsThnixESD7fTwxKy5uJaEpsIC1gNOQbQ

一部社員が「政府の監視強化を助けるだけ」などの声明をインターネット上に公開し計画撤回を求めた★|グーグル社員が抗議声明、中国での検索再参入に反発: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38266000Y8A121C1000000/?fbclid=IwAR1enJ6u_Tzuz312THNoprfv5wzv5hTfysQ0I-Jz_ge1Vtnvc8j3Jm7G0Yo

教材は全て英語ですが、日本語で「選択された言語でコンテンツをご利用いただけるよう現在準備中です」とのメッセージが表示されており、今後は日本語対応も期待できるのかもしれません。 https://gigazine.net/news/20181127-aws-machine-learning-university-available-free/?fbclid=IwAR0uXXhs0N-0VB2-e03IL90Xfxd-soqVWmHG2i0taY1NoW5U5oWJqqBDGAg

日本政府がつくるAIの原則は(1)AIは人間の基本的人権を侵さない(2)AI教育の充実(3)個人情報の慎重な管理(4)AIのセキュリティー確保(5)公正な競争環境の維持(6)企業に決定過程の説明責任(7)国境を越えたデータ利用の環境整備――の7つから成る★|AIの判断、企業に説明責任 ルール作りへ政府7原則:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38186770W8A121C1MM8000/?fbclid=IwAR356f3Q6DCIMtiXd2qa2ETvWlIGnKFjxsEvJzkl-OHc8VRY0G8OouP-jIY

2018年9月、IBM Cloudで提供する新しいサービスのコンセプトとしてAIの信頼性を可視化する「Trust and Transparency capabilities」を発表した。2018年10月には、そのコンセプトをソフトウェアサービスとして具備する「AI OpenScale」を発表。現在はまだベータ版だが、年内には正式版になる予定だ。 https://newspicks.com/news/3488002/body/

頭の中では考えが膨らんでいるのに、いざ話そうとするとたどたどしい言葉しか出てこないというのは、非常にもどかしい状況です。
定期的に気持ちを文章にしたためる習慣を身につければ、このようなつらい状況はある程度回避できます。 https://www.lifehacker.jp/2018/11/the-psychological-benefits-of-writing-regularly.html?fbclid=IwAR121rtpEXaKWAHEaWb9aCXBsdfkEMK8UsWz9jDADMUiRudYijnKAfiaGWw

2018.11.19から2018.11.25までの投稿記事のまとめ★

長い間、我々は気持ちを抑え、IntelとNVIDIAは高性能システムの構築に非常に秀でた手腕を持っているとの見解を示していた。だが、5年前に我々は(両社に対応可能な)レベルを超えた★|グーグル、AIの「指数関数的」成長と独自のチップ開発を語る https://japan.zdnet.com/article/35128870/?fbclid=IwAR27Kmef5cXn-j4erMBu0je8iGIqt__e9adr1EOMDQG-euq8Qm0NmmoZvO8

演繹的、帰納的の使い分けで解説するとてもわかりやすいAIの説明です★|【HBO!】Google最新技術「BERT」と「東ロボ」との比較から見えてくるAIの課題 https://hbol.jp/179474?fbclid=IwAR1d2j45FGr7Bn6GnBQUsnVysb9_eaYOhwHCMkluSrmcPY46_aNDosywz3I

効率的に開発できたのは、さまざまなコンポーネントをゼロから作るのではなく、既にあるものを再利用したからです。具体的には、AWSのマネージドサービスを積極的に活用しました。 https://codezine.jp/article/detail/11153?fbclid=IwAR0C49yzcXha6UvO52HW79b4eRL6loOK-QyhIrNuzV3YKyxcAlrfqWIiUxg

「人間の脳は、新しく学んだことを寝ている間に身に付ける。十分な睡眠をとらないと学習の効果が薄いといわれるのはこのためだ。これと同じ機能を実現するのがフェデレーションラーニングだ」★|グーグルはなぜ「オンデバイスAI」を志向するのか (1/2) – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1811/22/news042.html?fbclid=IwAR0Gcq_06vNfTH5SJC-TVajAnZlD7KQbSAApNTEOm7ddUfPp0GF8CiTFccs

AI時代をサヴァイヴするために必要なのは「悟性」と「危機感」だ:井上智洋×SAP対談 https://wired.jp/2018/11/21/inoue-x-sap_economy-ws/?fbclid=IwAR1S-aIWNkMxGjZwnpCem10-iGf_i2Vw5xrHW66ewp3ujJ7ouZlkx_AOwmw

本レポートによると、ほぼすべての職種で、高度な論理的思考、創造性、社会的知性、センシング力といったスキルの重要性が高まりつつあります。先端技術の導入によって、これらの動向にさらに拍車がかかることになります。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000150.000019290.html?fbclid=IwAR2I2pXJqy3btCEygCh7Dj5zPOMNkBf6mDaSOnSbncXsUtEycHbx_ibFZyc

百度、華為技術(ファーウェイ)、アリババ集団などが独自のAIチップセット開発に取り組んでいる。電子商取引大手のアリババは量子コンピューターの開発でも先頭に立つ★|中国、AI大国への野望に壁:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37971010Q8A121C1000000/?fbclid=IwAR0-a8Ad0yy88iNc2oxAV81T2eOS6g0TBIK5qmzg184vZsPwAYwHy0kzeOk

後で読む★|グーグルの深層学習プロセッサ「TPU」解説/NVIDIAの組み込みAI「AGX」とは – MONOist(モノイスト) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1811/19/news073.html?fbclid=IwAR0nRpnIOQovfnrdvH-n8ElLkt_2Ig-dA4ywy-IgEpnx_jckPasjJOqIBSY

人工知能を生産もするし消費もする経済主体と捉えるのは良いかも★|Googleは情報/データを喰らう怪物だ データの世紀、AI時代における新しい経済構造 (1/6):MarkeZine(マーケジン) https://markezine.jp/article/detail/29688?fbclid=IwAR1EYjF9jVXmAWDNXQ-a2TU1SYltKMRnhrPB4qbhz9tx_u8q_xRNGmXGb9w

2018.11.12から2018.11.18までの投稿記事のまとめ★

次の段階は言語と意識です。人間だけがなぜ言語を使えるのか。その仕組みが近い将来、わかるのではないかと思っています★|AIがファッションも変える! 第一人者が挑む未来 : NIKKEI STYLE https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37634090R11C18A1000000?fbclid=IwAR1efZ-TA6fLbYSxHi5Bfrycy84QLX2shXgZicQ42L0KyI-5njZz58H3X6s

Dellは新入社員と在籍20年以上の従業員をペアにする「逆指導」プログラムを実施している★|Z世代の若者はAI時代を楽観–ITリテラシーに自信、ソフトスキルには不安も https://japan.cnet.com/article/35128772/?fbclid=IwAR1Elk8CqvxhraGDhS65ff9gPKBliszC3oLDjeGmAn0PxRk9DfGcuBcVFfU

AI駆動型のマルウェアが現実になった際に起こる、セキュリティ分野のパラダイムシフトに対応できる唯一のチャンスは、AIを活用したサイバー防衛だ★|未来のサイバー攻撃で人工知能はどう悪用されるのか? https://japan.zdnet.com/article/35128504/?fbclid=IwAR1y5WFVIn7cIfxf1qJnnbsD-EjrC7-llAxtkpMTl8r4OMRFyjFObbutFII 

「利用者のデータの適切な取り扱いを考えていく必要がある」。10月18日に第1回会合が開かれた、総務省のプラットフォームサービスに関する研究会で総務省の谷脇康彦総合通信基盤局長はこう指摘した★|「通信の秘密」GAFAにも 総務省が域外適用議論:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37715490T11C18A1X13000/?fbclid=IwAR2XfibqRGyHhEpXT-Waitwly-yv8-tmLyPNdmZtENwZtZ1EzK5_2IE-KcI

優秀な人ほど、今のIT職場に見切りを付け始めています。なぜIT職場から去っていくのでしょうか。背景には経営者や営業の「ゆがんだ成功体験」があります。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00205/110600011/?n_cid=nbpitp_fbed&fbclid=IwAR3hLdoMzLhz30Bzh9ycRskcR0IuWOkStMZtp1Hm5GQlzCSirFuVwi4vX2E

人工知能(AI)は非常に幅広い概念であり、その定義は絶えず進化している★|「人工知能ってなに?」あなたはこの質問に答えられますか https://www.technologyreview.jp/s/112335/is-this-ai-we-drew-you-a-flowchart-to-work-it-out/?fbclid=IwAR2MLxsauv2of8KEdo7ay9EPz8tfV93Ate0BCTfDtmRYJ3b6vdNPlIhVbag

これは良い試み★|いじめ検知もAIで それでも忘れてはいけない「人間の役割」 https://forbesjapan.com/articles/detail/23772?fbclid=IwAR3XTUDKYo3bCpZ9F7WHkQ9JqBaQAauL–iSLGvF1MjlY9ZHXFe3SGaenMM

孤独の解消を社会のシステムに組み込まなくちゃいけない★|寝たきりの心を救う「分身ロボ」を作る男 「人工知能」で人の心は癒やせない:PRESIDENT Online – プレジデント https://president.jp/articles/-/26577?fbclid=IwAR1pnux8m1FbLCIS5FguT44LF23qG0uqykqKi3F_hd5QHPiz78yxdR0rhYE

親子で学ぼう!プログラミング教育(毎週日曜あさ10時更新/全10回)「今日からプログラミングアイドルです!」(ちちんぷいぷいプログラミング第10回) – FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00385620HDK?fbclid=IwAR3zC96VWLhlmWqSXvc7RQCpqmNxlItoApSGp_k9bmEuAdoGrwi1S99n2xs

2018.11.5から2018.11.11までの投稿記事のまとめ★

ライフスタイルや食の嗜好性など、10問程度の簡単な質問に答えることで、キリン株式会社が保有する嗜好データから回答者が好むクラフトビールの傾向を予測★|人工知能がクラフトビールをオススメするぞ! 『AI』×『ビール』レコメンドサービス登場 使ってみた | ニコニコニュース https://news.nicovideo.jp/watch/nw4171026?fbclid=IwAR3PPDj4-Jz2X8vZnitdF70BEtea9LN8nRo49zJZwGdru9tnR6KF_nxX3c0

長文、後で読む★|AIは「わかる」が何かは「わからない」--松原仁、人工知能の本質をかく語る https://www.sankei.com/wired/news/181105/wir1811050001-n1.html?fbclid=IwAR2qGNuDf4DIUygguDgPZlHSDQfGxZgHhFZr7oxsZ4TCBzPjN1A0wi4g-j4

結果的に、僕たちが知っている音楽は限定されていて、もしかしたら、まだまだ知らない音楽があるかもしれません★|機械が作った音楽は人の心を動かすか 「AIで自動作曲」研究するワケ (1/4) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/09/news007.html?fbclid=IwAR2u8fNQkZvcdU_oVfd13SOPaRF7rBdWJ5iAnBBAq6ZLsju-AYfePTT18Yg

病理学者が人工知能(AI)と協働する未来★|グーグルの画像認識AIは、専門家にも見えない腫瘍の変異を識別できる:研究結果 @wired_jp https://wired.jp/2018/11/08/google-ai-tool-tumors-mutations/?fbclid=IwAR3BtyX0mmy1cD_5S8Czvbe8ec0UY32TNud0Wxj9cjoEekxQzxLOXbMddd4

何をどうやったら、そういう数字とメッセージが出てくるのか?|「AIで人間の仕事がなくなる?」の経済学的解明 第1回 全職種の作業をタスク分けしてみた https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/102200249/110100004/?n_cid=nbpnbo_twbn&fbclid=IwAR1MkkLx9YQHZiPJh_wb2awJ3eCv_u5R9l1ZYZW5C7oDcJrU1miiNR4I5eM

シンフォニーマーケティングの庭山一郎さんのBtoBマーケティングにおける思想を伺った時は、「これだ」と感じましたね(笑)。イベントや紙のカタログだけでなく、より売り上げに直接貢献できる領域を究めようと考えるようになりました。それを契機に、マーケティングオートメーション(以下、MA)をはじめとしたツールの活用やリードを営業へ渡す手法を学んでいきました。 https://markezine.jp/article/detail/29411?fbclid=IwAR1XEGnwuEtO3jDKhB2edbDUciHnJW9qbDfMQxPHp4-ah_8u_rY7pTsRlXc

現場が本当に困っていることは何だろうかということを技術者は考えることを避けてきたのではないか★|パナソニックが考える「ソリューション事業」としてのロボティクス ロボティクスハブを立ち上げ、自動化の先の人間拡張へ|ロボスタ https://robotstart.info/2018/11/06/moriyama_mikata-no66.html?fbclid=IwAR1aDd9r9HTN-xw1Y1WIHZPPtwCIoJXpWKGwgsLw0kj4pKp2awS6Ztu7p2s

受け手の立場だと時代に逆行しているように思うのですが^^;|グーグル「Duplex」が浸透すれば、ボットと人の区別がつかない未来がやってくる @wired_jp https://wired.jp/2018/11/05/google-duplex-pixel-smartphone/?fbclid=IwAR03dAxJTd2WO2BBjE3jduqJL9hYqc3O6vJAMERBMBpAdejnV9gltST929g

AIに教師なし学習をさせて「中間顔」を作ってみよう!(ちちんぷいぷいプログラミング第9回) – FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00381780HDK?fbclid=IwAR1L6nRz_97dzi9R884IWyTA-lA4NoPA2ql0ZfNbx114xGlF3x2y6gnOGEQ

2018.10.29から2018.11.4までの投稿記事のまとめ★

人工知能(AI)を扱うベンチャー企業ABEJA(アベジャ)(東京)との業務提携も発表。店舗にカメラを設置して画像解析で既存の顧客かどうかを判別し、購入履歴を元に商品提案などができるようにするという★|「バーバリー後」苦戦の三陽商会、巻き返しに100億円:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASLC35SNBLC3ULFA006.html?fbclid=IwAR1SibY8Q5ciuxltJ-wyfBKQsYuykPbZqMyUWjvXsN6vqBPQazhW2mORpy4

企業内の会計処理データのパターンからAIが不正の可能性を示唆するような、実際の監査へのAI活用も「今後1~2年で始まる」★|あずさ、デジタル監査100人体制へ AIで不正検知も:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37273630S8A101C1000000/?fbclid=IwAR3mbcbuDddg10VTSZg5fFfb2oV-MqSdrPlJid3Sh_BGDvW5LByjmgveh3g

100周年イベントでプレゼンを拝聴、家族のコミュニケーションを促すところが特に良かった★|住むほどに住民好みに 記念日にはサプライズも パナがAI住宅発売 https://www.sankei.com/economy/news/181102/ecn1811020048-n1.html?fbclid=IwAR0OIbV-hLSkwLwdXJwGywf1NpcLE8a_RRBI5vz32DkVsft9jR5ioN3ISgI

専門アプリケーション開発では、AIが開発プロセス自体に適用され、データ・サイエンス、アプリケーション開発、テストのさまざまな機能が自動化されるのに伴い、さらなる機会がもたらされ、2022年までに、新規アプリケーション開発プロジェクトの40%以上において、AIが共同開発者としてチームに参加するようになるとしている。 https://news.mynavi.jp/article/20181101-717232/?fbclid=IwAR3ZkaHe-_GF__GlJh-Ru6d4OVoNlXez9Gu1k9F3aXpWbY_2GhnU4-AEFiI

本日、創業100周年記念イベントに行ってきます★|家電全分野に人工知能搭載 パナソニック、21年度めど | 2018/11/1 – 共同通信 https://this.kiji.is/430669049245287521?c=39546741839462401&fbclid=IwAR0GgLnOiu5rpfpaQCx6sOcwavzLkp67MtlxXmry80qs4aCGx2ykwQrq5QA

日本版GPS衛星「みちびき」の本格的なサービスが1日から始まり、専用の受信装置を使えば、これまで最大10メートル程度あった位置情報の誤差が、数センチにまで縮まることから、さまざまな分野での活用が期待されています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181101/k10011693931000.html?fbclid=IwAR1OfM0nFiYuJE2NHvndMJCmh_KB1Xb4kQN8OA-ixD4P1kskC-j26O2KU4c

ドラえもん」のポケットから出てくるような夢の道具が、AI技術でどんどん現実化している★|話題のAI(人工知能)。その活躍の場は、どこまで広がるか? – INSIGHT NOW! https://www.insightnow.jp/article/10261?fbclid=IwAR0OcwO6QzLpZIZG1fwWB0_QTl5AP7GrTaNCHAV-Fnstpq_oEgQgJ9jzTBc

「多くの開発者が簡単に自由自在にアプリケーションをつくれる仕組みが必要だ」と指摘した★|プリファード社長「PC、スマホの次は個人用ロボ」:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37145880Q8A031C1916M00/?fbclid=IwAR3Yha1bW1tKb8guuY6438X919DuiQp5Nlt6IlDy4sURlLak7DSSR1beSmE

今後はうつ病だけでなく、認知症など他の健康状態を検査できる方法を開発できるだろう★|日常会話から「うつ病を見抜くAI」が登場 精度は80%超え https://forbesjapan.com/articles/detail/23606?fbclid=IwAR13uBk6f8e6FNX3hcWJMgSkcRDve81spDdTusAUW6MAP980p1lvl1KsiuM#

トヨタ自動車が開発する「生活支援ロボットHSR(Human Support Robot)」を使い、従来の物体認識やロボット制御技術では困難だった「散らかった部屋の全自動お片付け」のデモンストレーションを実施した★|「ロボットはPCと同じ道をたどる」PFNが描くロボットの将来像 (1/2) http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1810/26/news063.html?fbclid=IwAR1H_W2NtQZek2b5ZeXNuNuLXr99Op_2E8lmqQLJSLauaSDqh-6KEpYGolA

2018.10.22から2018.10.28までの投稿記事のまとめ★

人間は「概日(がいじつ)リズム」と言われる約24時間サイクルの体内時計を持ち、食事、睡眠、排泄(はいせつ)などに伴う体温や血圧、ホルモン分泌、脳の活動などを変化させ、調節している★|病や睡眠障害を招く「体内時計の乱れ」改善策へAI解析:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASLBK5VYKLBKULBJ00M.html?fbclid=IwAR3KbnhN1cHpJBciWXmxdeHv1tbxA04AkfMjqnNy9_S8DeaOWm0QhTJ0Jd0

AIは学習時に与えられたデータを母集団として、選択肢の中から最も当てはまりの高い解を「推定」しているにすぎない★|日本を覆う「AI万能感」の危ない正体 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57557?fbclid=IwAR0T0CZ0SBX2Npbxz6LDXMOSd0mABT9zXxSk8ZnuoyiPerAGquYfHFXHf1s

主要なコボットの多くで、プログラミングをせずに新しい動作を設定することが可能になっています★「ロボットが職場にいる生活」を現実にする「コボット」 (1/3) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/26/news105.html?fbclid=IwAR0B0oeoR4dXuGHtnZyczDjK9hRxuG5Yo2wNeoGU2fLrPPCgUiq1OiDwwB8

ガートナーでは、ユーザー企業がAIを推進する際には、「改善レベル」と「戦略レベル」の2つのステージがあると考えている★|人工知能は「過度な期待」のピーク期から幻滅期の直前へ――ガートナーが人工知能の推進に関する提言を発表 https://enterprisezine.jp/article/detail/11331?fbclid=IwAR3urcA_zJi5TBwIMAAc2B1nXixdOLeGEnFJBg-98qLG-gqNqpCKAuPFP6Q

さすがの前振りの良記事です★|RPAのコモディティ化で揺らぐ企業のデジタルトランスフォーメーション https://japan.zdnet.com/article/35127385/?fbclid=IwAR1IxbF1MdtyAfwgkuExfDRIQ67Oj2Wt67866VRcvSCtXVN1yfxY8HWi398

Google AI、画像内の全ての物体に効率的にラベリングする手動と機械学習をコラボしたツールを発表。既存の3倍速。試せるデモあり https://shiropen.com/seamless/google-fluid-annotation?fbclid=IwAR2BGfLM7qq4qGPk0HVMgwZ8xCr4TFsQmBF6C8ffj34e2sZstI0EwT1JDv4

結局、AIの研究は突き詰めれば突き詰めるほど、人間を探求することになるんです。そしてそれは、まだわからないことだらけなんです★|AIは「わかる」が何かは「わからない」──松原仁、人工知能の本質をかく語る https://wired.jp/series/away-from-animals-and-machines/chapter1-3/?fbclid=IwAR1t-hEf9nGlNna_TEMtTic395-bK1dpFk4JaZoO6udjA9stoS28Sr7gzFI

目の動きは個人を識別するだけではなく、その人の社交性や好奇心、誠実さなどが表れる指標として活用できると期待されています★|「読書中の目の動き」から個人を特定することを人工知能が可能にする – GIGAZINE https://gigazine.net/news/20181022-ai-eye-identify/?fbclid=IwAR2kwqZvmhFEXv1zyBDeebO7UvtUcPtxZ2_qMxXfArzySvnqan9cG3FYQhQ

外資系ITベンダーと同じ土俵で勝負して勝つ見込みがないとすると、外資系ITベンダーの代理店になるか、外資系が進出しない市場を狙うしかない。その市場でもっとも規模が大きかったのが人月商売だった訳です。その人月商売がシュリンクするならば、それは代理店業に吸収されるのだろうか?
日本でもっとも期待していたクラウドベンダーさんも自社のクラウドだけじゃなくマルチクラウドでのコンサルティング、移行・構築、運用と称して人月商売に向かっているようですし。。。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/101800033/?fbclid=IwAR2dytordndgtDJp6Uzy-YxVTEUh9lNxfsEuv_ySYDgXXfAIP3kswY37PDU

バーチャルテクノロジーを使い、世界の若者たちがホテルでの就業実態を体験できるプログラムを用意★|ハイアット2025年までに1万人を雇用へ 人工知能AIを活用しスキルに見合った職種紹介も https://airstair.jp/hyatt-hiring/?fbclid=IwAR3T2wkZRYR1wPB0VXCRMEBVk8D4tIN84XEeEZ1v5XIAvellMzaNmBJlvKY

2018.10.15から2018.10.21までの投稿記事のまとめ★

自分もリアル店舗での購入が減ってアマゾンポチが増えているし、既に出前館なども使っているのでアマゾンになびきそうです^^;|現金流通が多いだけに、日本の伸び代が大きいんです。 https://toyokeizai.net/articles/-/244446?display=b&fbclid=IwAR3N4KCp60WB65do0njRKnaRaEhkS8qg4HIJ6d2WiKR9MN2Cn-Y07hmuXd0

GET WIRED Episode 7:次の注目の技術は人間の拡張 https://wired.jp/2018/10/19/get-wired-episode-7-videos/?fbclid=IwAR2GuDd2lUbmql2wZ81YyWmdD3DTOQnHnWYcsxGumL-lv4-zpYGwOy3hRr4

疑うのは人工知能というより番組の演出のような^^;|人工知能を“正しく”疑え データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」の違和感を探る (1/3) – ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/19/news022.html?fbclid=IwAR2hchGqwiG-pwHB_t5WkVn5z0SXuXPsnikTdGveQlKlBTho0EUDOOOUnFA

松尾氏は、「深層学習とは、最小二乗法の巨大なお化けのようなものだ」と紹介★ http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1810/17/news012.html?fbclid=IwAR11hUBuB229J94TpfrUtma_RgFNnuZmqGQP18cWmGlSqw69kKao1qges_Y

昨日、銀行やコンビニがCEATECに大々的に出展しているのを見て、軽い衝撃を覚えました★|「投資ゲーム」はAIが圧勝 フィンテック(金融とITの融合)活用の銀行のミライ – FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/posts/00375860HDK?fbclid=IwAR2f-oY-jvhir8FA7IFiVx_h20ACgrzgkeZom35sKPInXNccXtk6EeswEwI

AIに何ができるかではなく、まずは営業担当社員が何に困っているかを把握することが大事だった★|人工知能への「失望」、現場はすでに失敗から学びを得ている |ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/35316?fbclid=IwAR0-O5yzg0Lasd7Mmvl8DyrqfYFCdz9AS7Wr93KVeblfCvsbd46l6krn8ps

AI(人工知能)スタートアップ33社まとめ、第3次AIブーム牽引する注目ベンチャーリスト |ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/35556?fbclid=IwAR2j-V0TTWHTQvvmuhd2pyfn7g4n7nGDNml8h8Qbf0BYnJ_-CW45Xmm0RHE

「CEATEC(シーテック)ジャパン」で実演する★|プリファード、家庭用お片付けロボの頭脳を開発:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36501330V11C18A0XY0000/?fbclid=IwAR2-6dbPV2VGzPLbDUXTB1sPoK6PYXA4PR-3tjqXTR6sCMOjky2a8jE-_IM

働き方改革も必至です★|AIに正社員化…民間企業の人手不足対策進む https://www.sankei.com/economy/news/181014/ecn1810140013-n1.html?fbclid=IwAR0YizVFugwDw4nm4g5dJrUnwqUpYe4xoQtCqxZC35PGLdvfkDOgOZhXGr0

2018.10.9から2018.10.14までの投稿記事のまとめ★

ディープラーニングのようなボトムアップではなくトップダウンで学習する仕組みが必要なのかな?|DARPAの挑戦:AIに「常識」を教えることはできるか? | TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2018/10/13/2018-10-11-darpa-wants-to-teach-and-test-common-sense-for-ai/

よく勘違いされるのだが、Amazon Goは無人ストアではない。日本のコンビニエンスストアよりも、むしろスタッフの多さが際立っている★|レジなしコンビニ「Amazon Go」レポート あまりにスムーズで戸惑う人続出|ニューズウィーク日本版 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/amazon-go.php?t=1

ガートナー ジャパンは10月11日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。 https://japan.zdnet.com/article/35126917/

アメリカでは最近CBOの存在感が増してきています★|いまシリコンバレーで「AI(人工知能)×行動経済学」が最強なワケ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57464

属しているグループの評価によって本人の評価が左右される問題は犯罪を犯しやすいとされた米国のアフリカ系の人の件でもありましたが。。。|焦点:アマゾンがAI採用打ち切り、「女性差別」の欠陥露呈で https://jp.reuters.com/article/amazon-jobs-ai-analysis-idJPKCN1ML0DN

人工知能に革命をもたらしたディープラーニングは元々、新皮質の情報処理システムにヒントを得て開発されたが、実際の脳の学習過程は、ディープラーニングよりもずっと複雑だ★|人工知能は人類を滅ぼすのか AIが人間を超えるために必要な条件とは https://globe.asahi.com/article/11862309

プログラミング教育より数学教育のほうが難しいので数学こそ高校でしっかりやって頂きたい。(零細IT経営者談)|教育業界では、これからはITだプログラミングだと騒いでいる。それなら、高校のカリキュラムから行列がなくなるのはおかしい。 https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00138/100300155/?n_cid=nbpnxt_fbed

「2018年度世界渡航先ランキング」によると、過去8年間の渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で沖縄、京都、大阪が1~3位を独占。北海道が7位、東京が11位に食い込むなど、他の国々を圧倒した★ https://www.sankei.com/west/news/181009/wst1810090005-n1.html

マイクロソフト(MS)やアマゾン・ドット・コムなどテック大手で得たスキルと人脈にAIを掛け合わせて、新市場を創り出している★ https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00046/00006/?n_cid=nbpnxr_fbbn

Agile Catさんのとても分りやすい量子コンピューティング入門★ https://agilecatqubits.net/2018/10/09/opening/

2018.10.1から2018.10.8までの投稿記事のまとめ★

手書きをどこまで認識してくれるかが気になるところです★数式のスクリーンショットを撮影するだけでLaTeX形式に変換してくれる「Mathpix Snipping Tool」のUbuntu版がリリース。
https://applech2.com/archives/20181008-mathpix-snipping-tool-for-ubuntu-available.html

日本はこのままいくと覇権どころではなくて、世界の先進的な部分から置いていかれてしまうという危機感を、私自身ももっています★|人工知能と経済の未来 2030年~来るべき雇用大崩壊時代を読む(中):データ・マックス NETIB-NEWS https://www.data-max.co.jp/article/25317

難しい壁や課題を乗り越えるのがICTの真骨頂★|NTTが障がいへの理解促進のため社員向け「福祉機器のICT化事例体験会」を実施 https://roboteer-tokyo.com/archives/13491

ウーバー、DiDi、Grab、Ora。各地域で存在感を示すライドシェア大手に、それぞれ実質的な大株主となっている先見の明が、20年の時を経てトヨタとの提携を実現した直接的な理由と言える★ https://www.businessinsider.jp/post-176839

AIの推定結果に対する理由や根拠として得られた学術文献などの専門的な知識をもとに、専門家によってAIの推定結果が信頼に値するかを確認できるとともに、得られた結果を手がかりに新しい知見を得ることができるようになるなど、専門家がAIと協調して問題解決する世界が実現するとしている★|富士通が「説明可能なAI」の開発に注力する理由 https://japan.zdnet.com/article/35126598/

当初はカメラ画像のみに対応していたが、レーダーやLiDARにも対応できるソフトウェアも開発されている★|自動運転実現で「深層学習」が鍵を握るワケ 基礎知識や活用シーンを解説 https://jidounten-lab.com/y_6349

手首骨折の時使って見たかった! 骨折の治癒速度が格段にアップ!低出力超音波パルスを装備した「3Dプリントギプス」 http://hero-x.jp/article/5106/

とあるプロジェクトの火消し部隊として常駐したことがあって、毎日のようにタクシー帰りでしたが、あれはあれで楽しかったです。(年寄りの昔話w|SE、もうブラックじゃない 伊藤忠テクノの改革 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35956620R01C18A0X13000/

日本のビジネスでは「前例」が大切だ。その点で、Googleという世界的な大企業が日本を代表する企業のひとつであるファストリテイリングと組んだことはインパクトが大きい。ほんとうの意味でAIの価値は理解できないとしても、このタッグが日本で生まれたことでAIが「カネになる」ことへの理解が急速に進むだろう★|Googleが日本でAI関連事業を次々立ち上げ ―国産AIは死んでしまうのか?|iedge https://iedge.tech/article/5501/

現場がどれだけAIを理解し、連動して行動するかが成功の鍵となる。AIは現場の人間や業務と連動することで初めて価値が生まれる★|AIは作りながら、使いながら、育てていく–改善サイクルが成功の鍵 https://japan.zdnet.com/article/35126005/

特化型人工知能を繋げるレベルと思いますが^^;|人間レベルの人工総合知能「あと5~10年」と考える研究者が40% http://news.livedoor.com/article/detail/15378816/