2021.10.11から2021.10.17までの投稿記事のまとめ★

米『WIRED』元編集長が描く、5000日後の世界 AI化が進む未来をどう生きるか – KAI-YOU 

今回のGoogle Cloudの発表によって、三大クラウドプロバイダーのすべてが、サービス連携の重要性を認識していることが明らかになった★|Google CloudがサーバーレスSparkや「Vertex AI Workbench」など新サービス–狙いは(ZDNet Japan) 

『DX白書2021』PDFが無料公開 日本企業は人材不足が76% アメリカと大きな差

Zephyrは単なる飛行機ではなく成層圏プラットフォームシステム(HAPS)としての役割も期待されている★|ソーラー飛行機「Zephyr」が18日間のテスト飛行に成功、HAPSの性能をさらに実証 – GIGAZINE 

クリーンプラネットの吉野英樹社長は、「現時点で、量子水素エネルギーの製品化では世界の先頭を走っており、すでに21カ国で特許を取得した。ただ、ここにきて欧米で官民を挙げてこの分野への投資を急拡大させる動きもある。今後もノウハウを持つエネルギー関連企業と連携することで開発速度を上げ、さまざまな用途に展開していきたい」と話す。

米国が中国に後れを取った理由として「AIなど新技術を巡る倫理論争」を挙げた★|米軍セキュリティー専門家「AIの戦いで中国に負けた…今後15-20年は勝てない」(朝鮮日報日本語版)

着用者のかかとをケーブルで上向きに引っ張り、地面から押し出すときにつま先が下に向くようにする★|通常より40%速く歩ける外骨格システム スタンフォード大学が開発:Innovative Tech – ITmedia NEWS 

2021.10.4から2021.10.10までの投稿記事のまとめ★

岸田首相の所信表明をAI分析 のぞく経済政策の転換 「昭和の保守を想起」(西日本新聞)

素晴らしい!|源氏物語が好きすぎてAIくずし字認識に挑戦でグーグル入社 タイ出身女性が語る「前人未到の人生」

大ヒットしたビジネス書からSFまで。AI研究者がオススメする「AIを理解するための本12冊」(bizble)

このブランドは残念ながらメンズは無いようです★|会話ができるAIバーチャルヒューマン「アデラ」がアパレル接客–東京・新宿ルミネ2で 

これまでアメリカ製の「ダビンチ」が独占状態だった手術支援ロボットの市場。「hinotori」が神戸から世界へと羽ばたき、新風を吹き込む存在となることを期待せずにはいられない★|神戸が生んだ「hinotori(ヒノトリ)」 国産初の手術支援ロボットが切り開く医療の未来

試作されたロボット白杖には、3Dカメラとセンサーのほかに、目的地まで道中の障害物を回避しながら利用者を導くためのコンピューターが搭載されている★|「ロボット白杖」の開発が前進

カーボンニュートラルに向けた取り組みは、目先の省エネルギー化や再生可能エネルギー活用に留まることではなく、デジタルを活用した産業基盤構築の新たな取り組みになりつつあります。そして、産業構造を転換するためには、欧州のように、政治、経済、社会全体の取り組みが必要となると考えられます。

総務省監修データ分析の初歩学べる無料教材:人工知能ニュースまとめ10選 

2021.9.27から2021.10.3までの投稿記事のまとめ★

隠れ層が2層存在するニューラルネットワークで手書きの数字を認識する方法を学習する場合を例に、ディープラーニングの仕組みを解説しています★|コンピューターに物事を学習させる「デイープラーニング」はどのように実行されるのか? – GIGAZINE 

1台1台がしている動きは単純でも、多数のロボットを組み合わせて活用することで、大きな効果をもたらすことができる★|オムロンや東芝が続々リリース、「群制御ソフトウェア」がなぜこれから重要になるのか 森山和道の「ロボット」基礎講座|ビジネス+IT

従来の樹木調査は人手と時間がかかるため、費用が高額だった★|グーグルのAI緑化地図、世界100都市以上に 東京・横浜にも(朝日新聞デジタル)

社員はリモートワークを基本とし、転勤や単身赴任は原則廃止する方向。本社や管理部門の部署を首都圏から地方の中核都市に分散させる

製品名はアストロ、アストロボーイ(鉄腕アトムの米国名)から取りましたね!?|Amazon、家庭用ロボット参入 家の中を動き回って監視: 日本経済新聞

メタバースとは「デジタル空間で人々が一緒に過ごせる仮想環境」とのこと★|Facebookが仮想空間「メタバース」の開発に約55億円を投資すると発表 – GIGAZINE 

コピーされたニューロンの構造は、不揮発性メモリで再現することで半導体上に「ペースト」することができます★|脳を半導体に「コピー&ペースト」するテクノロジーが発表される – GIGAZINE

同ランキングでこれまでトップになったことのある言語は「C」と「Java」の2つだけだが、今回は「Python」これまででもっとも1位に近づいた。 

キョロちゃんと広告の提携をしているだけと思ってました^^;|表参道に「IoTゴミ箱」を設置して1年、ゴミはどうなったのか:週末に「へえ」な話(1/4 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン 

2021.9.21から2021.9.26までの投稿記事のまとめ★

日本のIT人材は足元では少なくない。総務省の20年の労働力調査によれば、情報通信業の技術者は122万人。国際労働機関(ILO)などのデータと比べると米国(409万人)やインド(232万人)、中国(227万人)に次いで世界4位だ。問題は人材の「質」だ★|DX担い手、米の1割 AIに必須「STEM」人材へ投資急務: 日本経済新聞 

政府広報によると、AIによる経済的利益を得るために、人材のアップスキリングやリスキリングなどの分野に的を絞って支援するということだ★|英国が自国のAI技術を「レベルアップ」させる国家戦略を発表 | TechCrunch Japan 

労働がロボットによって代替され、雇用が減る。一方で、生産性が向上し、生産が拡大し、雇用が増えることもある★|日本の産業ロボットは人間から仕事を奪っていなかった:研究結果 

京都大学の教授が担当するAI講座「単なる人工知能・深層学習講座ではない」:今すぐ見られる無料ウェビナー10選 

スマホオーダーも普通になってきたので、次はロボットですね★|シャングリラ シークレット表参道店 配膳・受付ロボット「KettyBot」を本格導入へ 20日の実証実験で好結果|ロボスタ 

松尾豊氏が監訳した「AIのゴッドファーザー」ヤン・ルカン氏の著書 10月25日発売 

[有料会員限定]これは面白い試み♫|そっくりさん探せ ドコモのAI、新観光名所を発掘: 日本経済新聞 

2021.9.13から2021.9.20までの投稿記事のまとめ★

恐ろしや!|ロシア軍、AI搭載の「殺人ロボット」初披露 戦車型で2キロ先の目標物を識別、砲撃:東京新聞 TOKYO Web 

プログレ作れるかな♪|打ち込んだメロディーを学習しAIが自動作曲するソニーCSL制作の無料楽曲制作アプリ「Flow Machines Mobile」レビュー – GIGAZINE 

これは見学に行きたい!|ロボットがいるカフェ「PARK+」が渋谷にオープン – Impress Watch

日本や韓国には人権に配慮した人工知能(AI)分野のルールづくりなどで協力を求めた★|EU、経済でも中国を牽制 太平洋戦略に「台湾」との関係強化を明記(朝日新聞デジタル)

2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現★|人と共進化するAIロボットとは? 内閣府「ムーンショット3」が目指すもの|ロボスタ

お寺もDX!|宙に浮く「ドローン仏像」がついに実現 技術で進化する仏さま

労働人口をロボットで補うことで日本の競争力を復活できると強調★|SBG孫社長「人間を単純作業から解放する」 AI×ロボット「スマボ」に意欲 「うなだれているPepperも応援する」 – ITmedia NEWS 

テスラは自動運転技術を開発する多くの企業とは異なり、高価だが世界を立体的に認識できるレーザー光を用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」を使っていない。代わりに車載カメラとレーダーから得たデータをニューラルネットワークで処理することで、クルマに周囲の状況を認識させている★|自動運転システムの訓練に特化、テスラの独自チップから見えた“クルマの未来” @wired_jp 

顧客金融機関から融資審査に人口知能(AI)を活用するサービスを提供してほしいと持ちかけられた。何週間も協議した末、出た結論は却下。AI技術は人種や性別にまつわる差別を永続化させかねず、倫理的に危うすぎる、というのがその理由だった★|米IT大手、AI新技術の活用にブレーキ 倫理的問題に直面 

静止画や動画を撮影してSNSにアップロードできること。そのほか、音楽を聴いたり、電話をかけたりもできる★|「Facebook」が発表したスマートグラス「レイバンストーリーズ」 その特徴を解説 Googleグラスの失敗を払拭できるか|ロボスタ 

[有料会員限定]社員たちに良かれと思った現状維持への努力が、最終的に皆を苦しめていく★|AI戦略が組織を創る: 日本経済新聞 

2021.9.6から2021.9.12までの投稿記事のまとめ★

20年の世界の軍事費は1兆9810億ドル(約218兆円)と過去最高を記録した。首位の米国は全体の39%、2位の中国は13%★|「武器ビジネス」拡大の一途 軍事費は最高水準 米同時テロ20年(時事通信)

現在アメリカが世界で最もAIのスタートアップを排出している国となります。2位に中国、3位にイスラエルが続き、以下は先進国がランクインしました。日本は6位であり、ドイツやフランスよりも上位★|AIを活用したビジネスの立ち上げ方・リスク・最新事例など徹底解説!

近い将来、AI教育を受け、自然に使いこなせる「AIネイティブKIDS」が大量に社会に登場してくる★|DX時代、文系職種がAI、ディープラーニングを学ぶべき理由:2つの理由(1/3 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン 

【前編】画像認識分野で使われる技術とは?代表的なアプローチを6つご紹介 

メタバースとNFTが組み合わされることで、より多様で大規模な経済活動が仮想空間上で行われるようになると期待されている★|いまさら聞けない「メタバース」 いま仮想空間サービスが注目される“3つの理由”(1/2 ページ) – ITmedia NEWS 

現時点で最大級のAIの100倍以上のモデルを構築できるという★|巨大なチップをクラスター化、AIの能力を飛躍的に高める技術の潜在力 @wired_jp

リード化合物とは、実際の化合物を使って新薬を作る前に、候補となる化合物★|PFN、AI創薬技術を開発 コロナ治療薬の「リード化合物」発見 – ITmedia NEWS 

以前は大津市内の学校からメールで集めた月に数百件のいじめ報告書を、教育委員会の職員が一つ一つ確認していたため対応が遅れるケースがあった。システムは瞬時にリスクを発見し、経験が浅い先生にも適切な対応を促すことができる★|AIが「キミヲマモル」 いじめ・虐待の深刻度を予測 自治体で導入進む | 2021/9/5 – 47NEWS 

2021.8.30から2021.9.5までの投稿記事のまとめ★

ロボットを操作したのは1歳のときに全身の筋力が低下する難病、SMA=脊髄性筋萎縮症の診断を受けた都内に住む永廣柾人さん(28)です★|障害者がロボット遠隔操作で接客 東京 港区役所|NHK 首都圏のニュース 

HAPS用無人航空機1機で最大200kmの広域のエリアをカバーするため、人口密集地や人が少ない山間部など、さまざまなエリアの通信ニーズが想定される★|ソフトバンク、空飛ぶ通信基地局「HAPS」商用化への取り組みを発表 安定した通信エリアとネットワーク構築|ロボスタ

東京都も山手線の内側あたりから始めると良いのでは★|パリ全域で車の速度制限30キロに、安全・環境対策で 

巡回ロボットがお店にいる価値とは? マルイとパナソニックの取り組み

パナソニック、パラリンピックで活用中のアシストスーツ・掃除ロボットを紹介

大きく出たな!|ソニーが2050年までにノーベル賞を受賞できるAI開発を計画: 

これは飲みたい^^/U|【香り×AI×IoT】IoTにおいセンサーに日本酒職人の嗅覚を搭載 日本酒と畜産をテーマに実証実験 においで生物資源の利活用を促進|ロボスタ 

機械が忘れることを学んだとしても、人間は誰と情報を共有するかについて常に注意を払うことを覚えておかなければならない★|学習して進化するAIに“忘れさせる”ことは可能なのか? 研究者たちの取り組みと課題

このディープフェイクの技術は、英国のスタートアップのSynthesiaが提供しているものだ★|合成映像の“分身”がプレゼンで活躍する時代がやってきた:加速するディープフェイクのビジネス利用と、その課題 

2021.8.23から2021.8.29までの投稿記事のまとめ★

救急医療にAIを導入する国内での取り組みは、2016年ごろから開始されています★|AIの力でコロナに感染しても搬送してもらえない恐怖を解消できるか?

暦本純一氏による基調講演★|人間の能力はAIによって進化する?“Human Augmentation:人間拡張がもたらす未来”リポート【CEDEC2021】

予後は正確度85%(AUC0.88)、重症度は正確度82%(AUC0.87)で予測することができる★|東大病院、新型コロナ重症化予測システムを開発 

フランスの障害者担当副相 “分身ロボット”カフェを視察 東京 | NHKニュース 

[有料会員限定]酒類が多いと怒られそうです^^;|弘前大と生協、買い物データで健康指導 短命県返上へ: 日本経済新聞 

同展はオーストリア・リンツの会場と世界80以上の都市のオンライン企画とのハイブリッドで行われる予定★|分身ロボットカフェ、VR演劇作品などが海外へ!世界約80都市を芸術・先端技術・文化で結ぶ「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」開催へ|ロボスタ 

幻滅期以降に何も書かれていないのは何故だろう?ガートナー、先進テクノロジーのハイプサイクル2021年版を発表

素晴らしい!温暖化防止はもう待った無しですね★|パリ市の緑化プロジェクトの中でも、最も野心的といえるのが、自動車の使用量を減らし、徒歩や公共交通機関による移動を促進しようとしている部分だろう。市は200万人いる市民と都市との関わり方を再構築しようとしているのだ。

[有料会員限定]半導体では性能が約2年で倍増する「ムーアの法則」が有名だが、量子コンピューターでも「搭載できる量子ビットはほぼ1年で倍増し、誤りは半減している」と説明した★|Google幹部、AIの人知超え「前倒しも」 量子計算機で: 日本経済新聞 

このコンペが始まった直後の数年間は、米国の企業や大学のチームが優勝していた。ところが2020年は、4部門のうち3部門で中国企業が頂点に立ったのである★|米国のスマートシティ関連コンテストでも、中国企業はここまで躍進している 

 

2021.8.16から2021.8.22までの投稿記事のまとめ★

ここ最近、メタバースに関する話題が増えている。6月には、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが従業員に対し、同社の将来はメタバースにあると語った★|メタバースを民主化するイスラエル企業「TetaVi」が描く未来(Forbes JAPAN)

マスク氏は2時間のイベント終了時に再登場し、人型ロボット「テスラ・ボット」を紹介した。プロトタイプが来年に利用可能になる見通しで、「危険で繰り返しの多い退屈な仕事」を人間がする必要はなくなると説明した★|テスラ、人型ロボット披露-初開催「AIデー」で自動運転の進捗も 

パーソナルモビリティによるラストワンマイル移動ビジネスを展開するWHILL株式会社★|WHILL、SDGsの潮流を紹介 多様化する社会での未来戦略とテクノロジー|ロボスタ 

映画マイノリティレポートのようです★|これが未来の捜査か、AIが犯罪を予測 UAEドバイの警察が導入(ロイター)

凄い!|二足歩行ロボット「Atlas」が跳んではねて後方宙返りを披露するムービーをボストン・ダイナミクスが公開 – GIGAZINE 

弘前大学医学部は、10年以上前から1年生の必修科目として「津軽弁」の講義を行っている。毎年、新入生約110人のうち県内出身は半数以下で、津軽弁を理解できる割合は2~3割程度という★|AIもお手上げ?最強の方言「津軽弁」(読売新聞オンライン)

AIとの対話でコードが自動生成される時代、プログラマーの役割はどう変わるのか

脳の健康維持や認知症の予防のために重要なこととして、特にエビデンス(科学的証拠)のレベルが高いものが3つあります。「脳を若々しく保つためにやるといいことトップ3」だと思ってください。それが「運動」「趣味・好奇心」「コミュニケーション(社会との関わり)」です。

現世代のPlusDrive自動トラック運送プラットフォームは、運転手が搭乗した状態でレベル4の自動運転を実現することを目的に開発されている★|Amazonが「NVIDIA DRIVE」採用の自動運転トラックを1,000台導入 2022年にはNVIDIA DRIVE Orinに移行へ|ロボスタ 

政府機能をゼロベースで検証★|オードリー・タンのデジタル革命 :政府内「シビックハッカー」育成法 

【終戦の日】戦争は「過去」ではない。人工知能でカラー化された写真が伝える記憶(画像集) 

2021.8.10から2021.8.15までの投稿記事のまとめ★

腰痛には湿布よりもAI、という時代になるのかも知れません★|スマホアプリは腰痛に有効か 米の内科専門誌に論文掲載 

日経BPコンサルティング調べ 理系研究者が描く2030年の社会 AIやロボットの協働により「便利で安心な暮らし」を送る一方、現役世代の2割が仕事を失う ~ 日経BPコンサルティング「2030年の技術、社会、暮らしに関する予測調査」より ~ 

難病の人たちが参加する分身ロボット「OriHime」スポーツ大会を今年も開催 YouTubeで配信|ロボスタ 

グーグルを始めとした米国IT企業はオフィスを拡張するとの話もありましたね★|グーグル 在宅勤務続ける職員の給与最大25%削減へ(テレビ朝日系(ANN))

アステリアが提供するGravioを使って、CO2センサーを設置しCO2濃度を計測できるようにした。CO2センサーによる計測値が一定値を超えると警告ライトで周囲に通知できるようにしている★|「やみくもに窓を開けて換気」をやめた山梨県厚生連健康管理センター、その理由は

インテルはドローンショーのパッケージ販売をはじめている★|東京オリンピック開会式で大活躍したドローン、裏方インテルに裏側を聞いてみた | マイナビニュース

5Gネットワークを活用したカメラは、映像を複数の方法で分析できるため、監視だけでなく、防災や救援活動など、他の用途にも活用可能だ★|ドローン通信で津波避難を支援!5Gで変わる都市生活の未来|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 

接点は「孤独からの解放」だった★|寝たきりの人でも働ける「分身ロボットカフェ」に見出す「出会いの未来」 OriHime開発者・吉藤氏(弁護士ドットコムニュース)

チャーリー・ソフトウェア 玉村元