2021.7.19から2021.7.25までの投稿記事のまとめ★

AIは“人と同じ知能”を持つことができるのか? 「知能とは何か」を問いかける | ダ・ヴィンチニュース 

[有料会員限定]人間とは何か――。その答えを探すため、ロボット研究にたどり着いた★|人間はいずれ機械になる ロボット学者・石黒浩さん: 日本経済新聞 

東京スカイツリータウンで、7月15日から7月28日まで開催★|鉄腕アトム、今の技術でどこまでできるか 〜Society 5.0科学博〜 

楽しそうです♫|パナソニック「PiiMo」に搭乗しながらXRコンテンツを体験できるライド周遊ツアーを提供開始|ロボスタ 

同プラットフォームは、画像処理、自然言語処理、時系列解析、音声処理など、異業種の多様な利用シーンで使用可能なAIモデルを作成できるとのことだ★|エンジニア不要でAIが作れるクラウド型プラットフォーム「AIMINA」 | TECH+ 

これは良いかもw|議会中の“スマホいじり”を可視化するAIツール。機械学習と顔認証技術でサボり議員を暴露(FINDERS)

米国を優先しないというグーグルの戦略は、米国より欧州のほうが医療アプリの承認を容易に得られる場合もあるという現実を浮き彫りにした★|グーグルが開発した“医療用”の画像認識AI、その実用化までの課題 @wired_jp 

あらら、残念!|フェイスブックが脳インターフェイスから撤退 短期的成果見込めず 

国立国会図書館、来春までに247万点・2億2300万枚超の資料を全文テキストデータ化へ

2021.7.12から2021.7.18までの投稿記事のまとめ★

8月中旬以降をめどに、初歩的な課題抽出からAI導入支援まで幅広くネット上で受け付けるプラットフォームも立ち上げる★|「AI人材」が中小企業の課題解決。経産省が支援強化で一手|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 

当初の目標は非侵襲的な方法の開発でしたが、今回の研究では脳インプラントが利用されています★|思考をコンピューターにリアルタイムで出力することにFacebookが成功 – GIGAZINE 

新型コロナウイルスの影響で、非対面で“移動”できるサービスとして国内外からの問い合わせが増えている★|ANA発、遠隔操作ロボを使った瞬間移動サービス「avatarin」発表–2021年秋に提供へ 

人間が自覚していない「本質的に必要なデータ」を脳から取り出し、AIを活用して課題を解決するアプローチになる★|マクニカ、脳科学とAIを組み合わせたオープンイノベーション組織を新設(ZDNet Japan)

SNSはもはやデジタルな自分自身なので停止は一大事ですね!|アカ停止は「AI誤検知」ツイッター社 望月記者ら復旧(朝日新聞デジタル)

大きいけれど、強くない★|「中国のAIは過大評価されている」専門家が語った中国AIベンチャーの4つの弱みとは |ビジネス+IT 

新しいサービスではDockerイメージが提供され、開発者がトレーニング済みモデルアーティファクトから予測を提供するために実行できる★|Google Cloudがマネージド機械学習プラットフォームの Vertex AIを発表 

マイクロソフト、機械学習の教材を無料公開:人工知能ニュースまとめ10選 

手術支援ロボットの開発競争が加速 1強ダヴィンチの特許期限切れ/5G遠隔診療/導入費用の低下 三井住友DSアセットがレポートを公表|ロボスタ

2021.7.5から2021.7.12までの投稿記事のまとめ★

日本のデジタル大臣とは誰も対談したくないよねw|山本知事とオードリー・タン氏が対談 : ニュース : 群馬 : 地域 : 読売新聞オンライン

故グレン・グールドの演奏をリアルタイムで再現♪|人と合奏できるAIがカンヌ広告賞受賞 ヤマハ、伝説的ピアニストの演奏再現

人間の学習にはニューロンが発火するタイミングと脳波の「ズレ」が関係しているかもしれない – GIGAZINE

人工知能(AI)や量子技術など最先端技術分野で開発を急速に進める中国に対抗するため、クアッドは今回の会合を通じて技術開発や人材育成などの連携を強める★|米政府「興奮している」…日米豪印「クアッド」会合、井上科技相が参加へ(読売新聞オンライン)

テーマは「人と自然の関係性」で、生活の中で生物の特性や環境の変化を体感してもらおうと開発した★|コケが6本足で…パナソニック、ロボット開発

NVIDIAは、マイクロプロセッサー関連の知的財産(IP)を所有しているArmの買収手続きを進めているところだ★|NVIDIAが目指す「AI-on-5G」のロードマップ – ZDNet Japan

アップルが10年以降に買収したAI企業は計29社で、(12年から16年まで首位だった)2位グーグル(15社)の2倍近くにのぼる★|AI企業争奪戦、Appleがリード iPhone進化へ攻勢: 日本経済新聞

EVの販売台数が化石燃料車を上回るのは欧州で28年、中国で33年、米国で36年と予測★|EVの世界販売、33年に化石燃料車超え EY見通し(36Kr Japan)

2021.6.28から2021.7.4までの投稿記事のまとめ★

コロナ禍で企業の自動化が加速、人間の雇用にも影響し始めている

世界の常識=「人材の再教育」をしない日本…経済成長の致命的な障害、諸外国との差拡大

映画「チャッピー」でも「ママの意識」と書かれたUSBメモリーが明るい希望でした★|AIで「もうひとりの自分」遺して死ぬ「生」への執念 話題書「ネオ・ヒューマン」が描く一歩先の未来 | 読書 – 東洋経済オンライン

Habitat 2.0はさまざまな居住の仮想環境で動き回ります★|ロボットに仮想空間で「現実世界とは何か」を学ばせることで学習を高速化する「Habitat 2.0」をFacebookが発表 – GIGAZINE

Googleのは人工知能に、より速くて効率的なプロセッサの設計を依頼し、そのチップデザインを使って、まったく同じ種類のAIアルゴリズムを実行する次世代の特殊なコンピュータを開発しています★|AIはAIで開発できるのか|Googleの気になる回答と最新開発事情

スパコン「富岳」3期連続世界一 「京」超える:4冠を達成(1/2 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン

リチャード・ブランソン氏のチャレンジは続きます!|一般人の宇宙旅行が現実味! ヴァージン・ギャラクティックが米当局の認可を取得 | Techable(テッカブル)

[有料会員限定]医療分野を中心に、脳科学とIT(情報技術)を融合した「ブレインテック」が開花しつつある★|「脳入力」指先に迫る 念じて伝達、ブレインテック開花: 日本経済新聞

東京電力福島第一原子力発電所の水没した原子炉建屋の床面の除染や遮蔽(しゃへい)、スラッジの回収などを担う★|廃炉作業の利用に向け3年で実用化へ。遠隔操縦の水中ロボット開発が始動|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

2021.6.21から2021.6.27までの投稿記事のまとめ★

弊社も公開しようかなw|セガ、社内勉強会用の数学資料150ページ超を無料公開「これはすごい」「素晴らしい!」

[有料会員限定]民間の会計や人事・給与システムとの連携がキモですね★|ワンクリックで確定申告、AIで税務調査 国税庁DX構想: 日本経済新聞

東京じゃないのが超残念!|「岩塩熟成ジンギスカンぼんた」がネコ型配膳ロボット「BellaBot」を導入 コロナ禍に対応した業務改革|ロボスタ

これは楽しそうですね♫|光と音、最新のデジタル技術で楽しむ「カムイルミナ」開催 北海道の大自然とアイヌ文化「阿寒湖の森ナイトウォーク」|ロボスタ

これは面白そうです♫|未来を創るための人工知能を利用する倫理的責任とは?『なっとく!AIアルゴリズム』より:CodeZine(コードジン)

コロナ禍で企業の自動化が加速、人間の雇用にも影響し始めている

新宿で面白そうなことをやっているようです♬

コープさっぽろといい、小売りが熱いですね★|ソフトバンクが「業務スーパー」を次世代型スーパーに変える? AIカメラと予測、提案式ショッピングカートで来店客の満足度向上へ|ロボスタ

米モデルナ製ワクチン開発ではAWSが活躍し、従来の約10倍の早さで最初の臨床試験までたどり着いた★|パブリッククラウドの視点で見るヘルスケアスタートアップ

[有料会員限定]半導体や蓄電池、人工知能(AI)、量子技術といった経済安全保障に直結する重要技術を後押しする。米欧と協力して対中国を念頭にしたサプライチェーン(供給網)をつくる狙いだ★|先端技術で1000億円基金: 日本経済新聞

2021.6.14から2021.6.20までの投稿記事のまとめ★

SFのネタですねw|AI人類殲滅のシナリオを世界の権威に聞いたら想像以上に怖かった

今後は減少傾向のようです。この通りになるように祈りたい!|新型コロナ7月半ばまで陽性者数3万72人 GoogleのAI予測

この技術は、ピアノ以外にもギターやドラムなどの楽器や歌声にも応用ができるため、ピアノはもちろん、多様な楽器を編成した音楽の自動採譜も期待されるという♪|京大、ピアノ演奏を“耳コピ”するAIを開発 ゆゆうたさんなどの演奏を採譜したデータも公開 – ITmedia NEWS

[有料会員限定]EU、背景に強い危機感★|AI規制に漂う「全体主義の亡霊」 自由な研究妨げも: 日本経済新聞

松尾先生の欠席が残念でした。|日本が目指すべきAIの社会実装の方向性とは?『AIアクションプラン・シンポジウム』レポート

良くも悪くも軍事はテクノロジーを牽引するんだよね。。。|AI(人工知能)をめぐる軍拡レース──軍事革命の主導権を握るのは誰か

信号機とロボットとの連携システムは、日本信号株式会社から技術提供を受け、警察庁、警視庁、東京都などから許可・協力を得て構築した★|【日本初】自動運転ロボットも信号を守って走行します!ソフトバンクと佐川急便が公道でロボットと信号機の連携実験に成功|ロボスタ

より複雑なコードを読むと、もっと広い範囲または別の脳領域が利用される可能性もある。さらに、今回の参加者は比較的プログラミング経験が浅かったことから、プロのプログラマーの脳内では、また違った活動領域が生まれているかもしれないと、研究チームは考えている。

今後10年は意味理解のAIの開発が求められているという★|NEDO、今後取り組むべき12のAI技術開発を抽出した「AIアクションプラン」を公表

人類の役割は、いのちあるものの「実感」と「記号」の相互変換に集約してくる。「計算」そのものは、もう人類の誇りにはなり得ない★|人工知能の本質を知れば「人類の存在意義」をより深く理解できる【コメントライナー】:時事ドットコム

[有料会員限定]研究チームは今回、ニューロンの仕組みを模倣した数理モデル「スパイキング・ニューラル・ネットワーク(SNN)」を作成した。SNNはスパイク信号の発生頻度やタイミングをもとに信号の強弱を表現し、情報を処理する。脳により近い方法といえる★|NTT・東大、脳を模倣「空気読めるAI」めざす: 日本経済新聞

2021.6.7から2021.6.13までの投稿記事のまとめ★

無料でも十分便利だが、すぐに有料オプションを使いたくなる。実に心憎いAI製品だ★|AIがコードを補完する。SublimeでもVisualStudio Codeでも – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

仮想化からコンテナまで、顧客のデジタル変革のために自らも改革を続けるヴイエムウェア

IBMクラウドでは、伊藤氏はサービス自体の提供規模などが競合に及ばないものの着実な成長を遂げているとし、特に金融や通信など固有の業界要件のある分野に応じたサービス提供に注力するとした★|日本IBM、ハイブリッドクラウドとAIへの取り組み状況を説明(ZDNet Japan)

スティーブ・ジョブズも憧れたソニー★|ソニーのドローン「Airpeak S1」。フルサイズα搭載可能で世界最小クラス – AV Watch

この原因となったのが、世界規模でサービスを展開するコンテンツ配信ネットワーク(CDN)です★|世界中の無関係に見えるウェブサイトが一斉にダウン、一体何が起こったのか? – GIGAZINE

本テストセンターの開設は、2019年12月にIBMと東京大学で発表した「Japan – IBM Quantum Partnership」に基づくもの★|量子コンピューター・ハードウェア・テストセンターが東大に開設! 開発の加速をめざす | Techable(テッカブル)

本委員会に参加した有識者による「人工知能(AI)技術分野における大局的な研究開発のアクションプラン・シンポジウム」が6月15日(火)に開催されます★|【第3回】AIアクションプラン策定委員会レポート|教育・スマートシティー・ものづくり

「こんなところに人工知能」がんを見つけ、天気も的中、好きなおやつまで選んでくれる 最適解を提示するAI、その未来像とは | 2021/6/7 – 47NEWS

グーグルの本質が「たった1つの公式」に表れる訳 なぜ今こそ「量子力学」を学んだほうがいいのか

人工知能の“欠陥”と副作用を認識せよ:ある研究者がAIの規制を提言する真意

2021.5.31から2021.6.6までの投稿記事のまとめ★

AIと人の心、AI研究トップランナーの歩み――東京大学教授・松原仁氏インタビュー(1)

中国政府は北京智源人工知能研究院に多額の投資を行っており、2018年と2019年だけで3億4000万元(約58億5000万円)の資金が提供されたとのこと。アメリカ政府も2020年に、AIと量子コンピューティングに1000億円超の投資を行うことを発表するなど、米中間におけるテクノロジー競争は激化しています★|中国の研究チームが新たなAI「悟道2.0」を発表、パラメーター数は1兆7500億でGoogleとOpenAIのモデルを上回る – GIGAZINE

プログラマーの需要が減ったり、より小さなチームで目標を達成できるようになったりする可能性がある★|一般的な言葉を書くだけで、AIがコードを自動生成:マイクロソフトとOpenAIが示したプログラミングの新たな次元(WIRED.jp)

日本の株式会社スペースデータが開発、誰でも無料で使える★|完全に『マトリックス』。衛星データからバーチャル空間に「世界」を自動生成するAIができた

多様なデータソースを統合する「Dataplex」、CDC/レプリケーションの「Datastream」など Google Cloud、“データクラウド”を構成する新サービス3つを紹介

グローバルで確固たる「量子技術イノベーション立国」を目指す★|【速報】「量子技術による新産業創出協議会」民間企業11社が今夏に設立へ 東芝/日立/富士通/NEC/NTT/トヨタなど参画|ロボスタ

通信事業から、企業のDX、これから先は社会のDXにゲームチェンジしていこう。これがわれわれの基本的な大戦略です★|ソフトバンク副社長「日本は先進国とは言えない」データ活用を批判

EU規制案はAIのリスクを4段階に分類。政府がAIで個人を格付けする「スコアリング」などを禁じ、企業の採用活動での使用などには事前審査を求める。違反には巨額の制裁金を科す★|EUのAI規制案: 日本経済新聞

2021.5.24から2021.5.30までの投稿記事のまとめ★

まず根幹にあるのは「暗黙知を形式知に」というコンセプトです★|AI自動整理型の情報共有ツール「Nerve」で人間は本質に集中する | Techable(テッカブル)

これは素敵な試みですね★|WHILLと全国カーディーラー16社が連携(ダイハツ/トヨタ/マツダ/ホンダ) 近距離モビリティを提案して免許返納を応援 SDGsの推進へ|ロボスタ

「Tableau Public」を活用。都道府県別の接種回数や、日ごとの接種回数のデータについてはオープンデータとして公開。CSVやJSON形式のファイルで提供する。

200文字までの日本語テキストを無料で音声化できる。出力した音声も商用利用含む無料!|19歳の学生社長が音声合成サービス開発、3日でユーザー5万人 AIの勉強はWeb授業とインターンで(1/2 ページ) – ITmedia NEWS

「Sun Valley」は、Windowsとしては長らく行われてこなかったUI全体の刷新が行われる見込みです★|「次世代のWindows」をまもなく配信予定だとMicrosoftのCEOが発言 – GIGAZINE

コンサルティング会社アイ・ティ・アール(東京・新宿)の甲元宏明プリンシパル・アナリストは「ノーコードやローコードは『草の根DX(デジタルトランスフォーメーション)』を進める力になる」と指摘する。

[有料会員限定]自民党は決議で医療、農業、インフラなどをAIを活用する重点分野に据え、新技術の開発を支援していくよう求めた。新AI戦略、年内にも: 日本経済新聞

スペインはこれがあるから食べ物に困らない♫|本物のシェフに匹敵?スペインでパエリアロボ開発中(ロイター)

「2021年版中小企業白書」の要点まとめ、調査で見えた中小企業の現実 DXや外部活用は

各社はデータストリームのクエリ(処理要求)を実行するため、ストリーミングSQLの開発に取り組んでいる★|27年5兆円市場に リアルタイム分析、IoT普及で急拡大: 日本経済新聞

2021.5.17から2021.5.23までの投稿記事のまとめ★

日時:6月15日(火)9:30~12:00、参加費:無料、開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)★|東大 松尾氏やPFN 丸山氏などが登壇 ー日本のAI開発のアクションプラン・シンポジウムが開催

[有料会員限定]センサーは、脳の「前頭葉」の血流を測る。血流量が増えると脳の活性度合いが高まったと判断し、ゲームで出す問題の難易度を引き上げる。こうした「脳トレ」に毎日1分ほど取り組むと「6カ月でほとんどの人の脳年齢が若返る」★|「脳トレ」、日立発のセンサーで進化 健康市場に挑む: 日本経済新聞

変化は第3の親指をつけて訓練を行っていた間だけの一時的なものだった可能性があります★|「ロボットの指」を使っていると脳における身体のイメージが変化することが判明 – GIGAZINE

これは本当に簡単そうです♫|AIの開発や本番環境への導入が少ないコードで簡単にできる「Vertex AI」がGoogle Cloudで一般提供開始、実際に使ってみた – GIGAZINE

Googleは10年以内に実用的で誤り訂正が可能な量子コンピューターを開発することを目指している★|Googleが量子コンピューター研究施設「Quantum AI campus」を発表 – GIGAZINE

日本語がプログレミング言語として使えるだけじゃあまり生産性は上がらないような★|プログラミングの自動化がついに実現する? AIが生成するコードの課題と可能性

社会の近代化(科学技術の発展に起因する時空間の拡大化)が生みだした、近代社会への脅威となりうるもの。それを、近代化論では「リスク」と呼ぶ★|不可知性の時代――これからの長期変化を考える(柴田悠) – Y!ニュース

Expire-Span(有効期間)を使ってトレーニングしたモデルはパフォーマンスが高くて効率が良く、メモリと計算時間は少ない★|「忘却」をAIに教えればAIの働きはもっと良くなるかもしれない | TechCrunch Japan

チャーリー・ソフトウェア 玉村元