2020.1.6から2020.1.13までの投稿記事のまとめ★

[有料会員限定]ゲート方式の量子コンピューターは現在、計算能力を左右する量子ビットの数が50程度に達している。これを増やし、大規模集積化することが大きなテーマだ★|本命方式で実現狙う:日本経済新聞

今のAIは画像や音声の認識は得意だが、人間のように推論するのは難しい。「思考するAIは次の研究フロンティアの一つになる」と強調した★|「未来のAIは思考を理解する」トロント大ヒントン氏:日本経済新聞

関心がある人は今年からすぐに勉強を始めるべきだ★|【AI時代の発想術】AI競争のカギは“国産”量子コンピューター! いち早く実現を

AIの高度化にはデータが欠かせないが、その収集の基盤となる次世代通信規格「5G」の普及も始まった★|米デジタル見本市CES閉幕へ AIで賢くつなぐ時代に:日本経済新聞

松尾豊氏の年頭所感に見る、2020年AI業界の展望

IBMの量子コンピュータは量子ビットに超電導回路を採用しており、19年10月に「量子超越性」を実証したと発表した米Googleの量子コンピュータと同様の方式。従来のマシンが解くのに1万年かかる問題をGoogleの量子コンピュータは3分20秒で解けたとするGoogleの主張に対し、IBMは従来のマシンでも約2.5日で解けると反論していた。

「量子コンピューターの得意とする計算処理を任せて、その結果を基幹システムに戻す仕組み」(イノベーション事業部部長の畔上文昭氏)だ。例えば、飲食店のシフト勤務表作成といった組み合わせの最適化を解くもので、カナダのD-Wave Systemsなどアニーリング式量子コンピューターをクラウド活用する提案型の受託開発になる。

[有料会員限定]高速道路は場所を提供するだけでなく、人や物を運ぶサービスを提供する会社になるかもしれない★|未来の道路をAIやロボで 中日本高速、テック企業に:日本経済新聞

日本語を含む42の言語に翻訳する機能も備えた。提供を始める時期は明らかにしていない★|Google、記事やブログを自然に「音読」 音声AIの機能を強化:日本経済新聞

[有料会員限定]技術が非連続で進化する時代、異質な「知」との交流がイノベーション力を育むため欠かせない★|[社説]日本的な雇用管理を断ち切るとき:日本経済新聞

今年こそ真価を発揮する5G★|CES 2020では「8つのキーワード」が、これからの未来を方向づける @wired_jp

[有料会員限定]2019年までのPythonはAI開発やデータ分析、パソコン操作・インフラ設定の自動化といった領域によく使われた★|2020年大予測、脱COBOLが進み「あの言語」がアプリ開発の本命言語に

研究者は役に立たない研究を一生懸命やってほしい。目的があってするのではなく、好きな研究をする。そのほとんどは無駄になるが、無駄をやらないと、とんでもないものは出てこない★|【主張】科学技術立国 人を育てる政策を掲げよ 成果偏重が「失速」を招いた

2019.12.23から2020.1.5までの投稿記事のまとめ★

介護現場は人材不足が深刻。人の目を補強するセーフティーネットとして活用の場を広げたい★|無線通信とAIで高齢者の急病や危険予測 大分の企業開発

あらゆる領域で凄まじい進歩! 2019年に取り上げた「AI技術」6選

先端IT人材は20年に5万人近く不足するという推計もある★|新卒で年収3000万円も!激化する高度人材争奪戦 #ldnews

オムロンが駅係員の窓口業務を調査したところ、6割以上が場所を聞かれたり、乗り換え案内を求められたりする定型的な案内業務だったという★|京王線新宿駅で働く、身長30㎝「新駅員」の正体

[有料会員限定]言語らしさを基準に、単語と単語、文章と文章の関係をベクトルによって表現したり、ある単語の次にどの単語が続くべきかを予測したりする★|グーグル最新AI、読解力も人間超え 驚異の学習法:日本経済新聞

新技術が既存の枠組みを壊して生活に浸透すると、過去に学んだ知識の多くは陳腐化していく★|「年齢にこだわらない教育が必要」小峰隆夫氏:日本経済新聞

特に変化が目立ったのは、学習と記憶を司る海馬の「歯状回」という領域で、隊員8名で縮小が確認された。この領域は、記憶を記録するためにニューロン新生が活発に生じているところなのだが、隊員たちの歯状回は平均4~10パーセント小さくなっていた。

2020年は量子コンピューターの企業利用が広がる?–2019年の動きを振り返る – ZDNet Japan

誤差があるのは知ってましたが、こんなに凄いことになるとは驚きです!|「精度保証付き数値計算」の研究自体は30年ほど前から盛んに行われていますが,世間に浸透しているとは言えない状況です.

機械学習は過去の事例に基づいて未来を予測しますから、偏りのある過去に基づいて予測する未来は、やはり偏りのあるものになりかねません★|「機械学習は人工知能ではない?」 狭義ではまだ人工知能とは言えないAI? | 財経新聞

2020年の「AI/機械学習」界わいはこうなる! 10大予測:気になるニュース&ネット記事 – @IT

内製でも外注でもソースコードをしっかり評価することが重要だと思う。

竹迫氏はさらに、ISO 9126での定義を基に、ソフトウェアの「品質」として求められる要素には「機能性」「信頼性」「使用性」「効率性」「保守性」「移植性」があるが、時代の変化に伴って、重視される要素が変わってきているとした。

AI技術の利用率が低い理由について、日本オラクル執行役員の原 智宏氏は「データの加工やクレンジング作業の負担が原因になっている」と推測する★|なぜ日本の上司は「AI」より信用されないのか なぜ職場でAIが使われないのか:「職場におけるAI調査」が示す管理者の課題 – TechTargetジャパン データ分析

2019.12.16から2019.12.22までの投稿記事のまとめ★

日本のおかれている現状を認識した上で日本がAIで一定の地位を確保するにはどうすればいいのかを私たち一人ひとりが考えていかなければならないのだ★|日本が「AIの波」に乗り遅れた残念な理由とは?#マネー現代

これ良いかも★|専門用語をできるだけ使わずにKubernetesの仕組みをご説明します。

食品製造や流通のビジネスモデルを近代化し、社会に対しても貢献したい★|欧州のデジタル地図大手に出資 三菱商事、NTTが提携:イザ!

至る所にある問題をAIに任せるべく、“小さなAI”の開発が急がれます★|AIの本懐、それは「人の代替」ではなく「人の増幅」にあり 

米国の警察当局もAIを採用している。ニューヨーク市警察(NYPD)は現在、顔認識を含むシステムを試験運用している★|人工知能はわたしたちを“監視”し、判断している @wired_jp 

過去3年分の日々の来客数、翌日の天気や気温などの気象情報、曜日などから、翌日~45日後の来客数をはじき出す。 

ユーザー側としても、「AIによる判断」というような簡潔なうたい文句だけではなく、なるべくきちんと「説明」や「検証」を行っているシステムの方を信頼するような心がけが必要である★|改めて考える人工知能とUXの関係–AI時代の人間不要論は本当か – ZDNet Japan

AWSの「GuardDuty」はAWSが提供するサービスの1つだが、Schmidt氏は、ユーザーは受け取ったアラートに注意を払う必要があると話す。 

共創型のプロジェクトで仕事をまかされるようになるには、施策案や費用よりもまず、「今回の課題を解決するには、この人が必要だろう」と、自分の資質やスキルがクライアントに認識され、評価され、プロジェクトに呼んでもらえる状態になる必要があります。つまり、誰もが何かしらの分野で卓越した専門家にならなければならないのです。 

世界が中国の監視下に!?|中国、AI監視技術を輸出 人権懸念国など60カ国超 | 2019/12/15 – 共同通信 

2019.12.9から2019.12.15までの投稿記事のまとめ★

DLして遊んでみよう♪|無料 AI(人工知能)搭載 アプリランキング TOP10

これが機械学習ソフトウェアの長所と限界を明らかにすると同時に、自動化があまり進んでいない領域においてAIが受け入れられるうえで役立つだろうと話す★|人工知能の思考過程を可視化する、「AI監視ツール」を生み出すスタートアップ企業たち @wired_jp

RPAの本質、ここに極まれり!

日本企業の代理店化の話が多いですね★|NTTとMSが戦略的提携 次世代高速通信など協力し相乗効果

すべての企業がすぐに内製化できるわけでもありませんし、戦略的に内製化しないという選択は十分あり得ます。そんな中、日本のIT力を高める鍵はSIerの変革にあるとも言えるでしょう★|SIerが「SI嫌」にならないために|ソフトウェア・ファースト制作委員会 #note

自身の居心地の良いところから、一歩外に踏み出すことが必要です。そして何か行動を起こさないといけません。何か自分がやったことがないような活動に足を踏み入れてみましょう★|「起業のアイデアも家内も、全て代々木公園で手に入れた」――日本の企業のグローバル化を目指すCTOが教える「自分の殻の破り方」とは (1/2):Go AbekawaのGo Global!~Arnar Jensson編(後) – @IT

世界で最も時価総額が高い企業が自らの価値を最大化するために売るものは、モノではなくなっている。その変化を見逃すべきではない★|アップルのCEOが「表参道」に突如現れたワケ 中学生を前に言葉を失ったティム・クック | スマホ・ガジェット – 東洋経済オンライン

[有料会員限定]大手メーカーからの受発注のデータと、自社の多様な機械の稼働状況をつなぎ、自動制御するシステムを構築した。納期までの時間が短くても複数の機械の稼働状況から最適の機械を選び、効率よく生産する★|デジタル化の鍵は、業界の常識を忘れること

2019.12.2から2019.12.8までの投稿記事のまとめ★

東京大学の五神真総長は、「日本の情報産業は発展の余地がある。ただ、企業や人材は限られているので、学生の学ぶ機会を増やし、会社を興すチャンスをどんどん増やしていきたい。今回がそのきっかけになるだろう」と期待する★|日本のAI技術が世界を追い越すには? 孫正義社長と東大総長が対談 – BCN+R

それはやっぱり、従来からの統計的手法や数理最適化なども含めて検討する必要があるでしょう★|ディープラーニングはコスパが悪い?AI開発企業が語る、導入プロジェクト成功のノウハウ

広告と小売り。この2つだけが、産業としてインターネットで置き換えられていったわけです。しかし今やってきているAIの時代は、広告と通信販売のところだけではなくて、ありとあらゆる産業を置き換えていく★|孫正義 もっと狂え!本気で狂え!

AIと言えばディープラーニングが花盛りですが、ルールベースのAIとも言える数理最適化もビジネスの現場では良く使われているという話を昨日聞きました★|Python+PuLPによるタダで仕事に使える数理最適化 #Qiita

2020年1月16日(木)・17日(金)に、新宿LUMINE 0(ルミネゼロ)にて開催される。株式会社角川アスキー総合研究所が運営事務局を務める★|『NEDO AI&ROBOT NEXT シンポジウム』開催 人工知能やロボット導入による新分野・産業の展示・カンファレンスイベント|ロボスタ

ほぼすべての工学製品が「トップダウン型」の設計方法でつくられるのに対し、生物は「ボトムアップ型」の方法で進化してきました★|人工知能(AI)はこれからが本来の意味での発展に向かう!(3):データ・マックス NETIB-NEWS

超高速開発改めローコード開発★

OriHimeや車椅子などいろいろな機器を、障害のない人にもうらやましいと思われるものにしたい★|重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」 (1/5) – ITmedia ビジネスオンライン

ロック魂が足りない気がする^^;

Windows Update経由でのWindows 10への無償アップグレードキャンペーンは2016年7月28日で終了しましたが、Windows 7あるいはWindows 8.1のプロダクトキーとメディア作成ツールを使えば、記事作成時点でも無償アップグレードが可能。このプロダクトキーとメディア作成ツールを使ったアップグレード方法については、Microsoft公式の質疑応答フォーラムでも解説されています。

AIは「創造的に振る舞う」ことはできても、発想を膨らませ、多くの細かな情報をまとめて「直感」による行動はできない★|最新AIの「創造性の先」に求められる人材とは 次世代AI社会で求められるのは「共感力」だ | インターネット – 東洋経済オンライン

2019.11.25から2019.12.1までの投稿記事のまとめ★

IPhone3Gを買ってTwitterを始めたのが10年前、この10年で大きな変化がありました★|2030年の世界を妄想しよう 未来像から事業のタネ探せ:日本経済新聞

犯罪予知という意味では、「マイノリティレーポート」ですが、監視と拘束は「1984年」を地で行ってますね!

まぁ、中国共産党ですから。。。|中国「顔認証」急拡大の実態 超監視社会への懸念は – FNNプライムオンライン

こうしてダイソーは、AWSのマネージドサービスを最大限に活用し、データ分析を含む自動発注システムや、各種システム間の連携をつかさどるインタフェース統合システムなどを内製した。

JPサートによると、エモテットは実在の組織や人物になりすましたメールに添付されて送りつけられることが多い。主に米マイクロソフトの業務ソフト「ワード」のファイルが添付され、ファイルに含まれるマクロと呼ばれるプログラムを動作させると感染する。

現場のニーズへの個別対応も必要です。一口にBIといっても、部門ごとにベースになる理論が異なります。たとえば製造業の品質管理部門はBIを、不良品の検知に確率論的な見方で使いたいと考えますが、営業部門に確率で動く人はいません。それぞれが情報を得たいタイミングも、インタフェースも異なります。

完璧主義者の行き着く先は何もしないことである★

ゼロトラストネットワーク的にも有効そうです★|人工知能(AI)が「UEM」にもたらす4つのメリットと“落とし穴”:セキュリティ強化や運用管理の効率化に効果 – TechTargetジャパン システム運用管理

人工知能(AI)を含むICTを用いたデジタル変革で高度に効率化、統合化された医療・福祉産業★|「知能養老産業」への期待:日本経済新聞

2019.11.18から2019.11.24までの投稿記事のまとめ★

通信キャリアとITのプラットフォームを一緒にやっているのはソフトバンクグループだけ。GAFAも通信キャリアは持っていない★|「実質的にはLINEの買収」「公取委に向けたメッセージ」堀江貴文氏が語った、ソフトバンクがGAFAに肩を並べるための壮大なストーリー

アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「エンジニアだけでなく、あらゆる場面でAIを活用できる人材育成が大事な時代」と話した★|アマゾンジャパン、AI人材育成へ無償教育開始:日本経済新聞

Amazon Transcribeは保存された音声・動画ファイルからの文字起こしに加え、音声・動画のストリームデータを基にした即時の文字起こしも可能だ。今回はこれらのうち音声・動画ファイルからの文字起こしで日本語に対応した★|音声から文字起こし、AWSのAIサービス「Amazon Transcribe」が日本語に対応

画像処理モデル「ResNext」の推論スループットは、消費電力が同等のGPUソリューションと比べて3.4倍で、レイテンシは18分の1だという★|AzureでAIチップにアクセス可能、機械学習を高速化 – EE Times Japan

スマホ決済分野をみると、「LINEペイ」と、ヤフーの「ペイペイ」の利用者は合計で6000万人に迫る★|ヤフー・LINE 危機感が後押しした統合劇 : 社説 : 読売新聞オンライン

感動の質は違うだろうけど。。。|秋元康プロデュース 美空ひばり(AI 歌唱)新曲 「あれから」CD&配信発売決定:時事ドットコム

東京・六本木の森美術館で、最新技術とアートをテーマにした展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命─人は明日どう生きるのか」が開幕した。

ガートナーのMQでは、Worldwideで残っているクラウドサービス事業者は、AWS、Microsoft、Google、Alibaba Cloud、Oracle、IBMの6社に集約されています。リーダの上位3社(AWS、Microsoft、Google)と、ニッチプレイヤーの3社(Alibaba Cloud、Oracle、IBM)と大きく分かれています。

人々が脳に人工器官「電子葉」を埋め込み、インターネットに直接繋がる2080年。野口まど著のSF小説『know』の世界が現実に!?|イーロン・マスク、脳に埋め込むAIチップが自閉症や統合失調症の”治療”に役立つと主張|BUSINESS INSIDER

2019.11.11から2019.11.17までの投稿記事のまとめ★

職場でのAIの利用率は高度IT(情報技術)人材が豊富なインド(78%)が1位で、中国(77%)とアラブ首長国連邦(UAE)(66%)が続いた★|職場のAI利用率、世界10カ国で日本が最下位 民間調査:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52233210V11C19A1000000/?fbclid=IwAR2ok2ho3IO1UO0H4m4FQn5jQgskN728siKtlupXVteqQ3ROV765FACmDqk

人間は遺伝子の乗り物にすぎない? 人工知能、ゲノム編集の発達がわれわれに突きつける問い https://wpb.shueisha.co.jp/news/technology/2018/10/30/107410/?fbclid=IwAR2fxgK-ENiKxMAFSljTKBfK1e9kEDqDVk-PFlUr0kRaVU6OLmGdb_60y1E

二郎はAIにも人気ですね♪|AIが選んだ「美味しいラーメン店ランキング」都内版が発表 どんな結果に? – ITmedia ビジネスオンライン https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/14/news065.html?fbclid=IwAR0GxOZrvhIJlasXGmjYogg8-2pAcOI5zpwY0nMhTqt2p5bCu72F7T5fg5I

凄い!|年齢、学歴、性別に関係なく、学費が無料で誰でも平等に教育を受けられる機会を提供します。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003451.000002581.html?fbclid=IwAR3epmdUegw_NLHO5Vw4DZyMcBD3Ws6vlUTJo7KaXu79ZNGzZt4cQ4OGEYA

クリエイターがどんどん便利になって、自分のセンスを簡単に表現できるようになる。音楽にに限らず、AIの活用はそれをサポートする方向で伸びていく♪|人工知能は作曲をどう変えるか https://www.musicman.co.jp/column/245715?fbclid=IwAR1k8ZLYOkwfBYg9IgrtWjpfEbrg7rhPwwa62_ZVbzfgaTP-w2x7H6XFCa8

どの分子同士が似通っていて、どの分子同士に関連性があるのかを詳細に示す、カラーホイールの香りヴァージョンがついに完成するのかもしれない★|機械が「におい」を覚える日がやってくる? グーグルのAI研究チームが取り組むプロジェクトの価値 @wired_jp https://wired.jp/2019/11/11/now-machines-learning-smell/?fbclid=IwAR2LZdviSWF1UfkTEVTHykP5pVcIUqiD-eJ-53dwU3_Q2kf51pECKPrLZHc

AIは経営層のプライドをズタズタにする? AIが普及しない3つの原因:KPMGの調査結果から探る – TechTargetジャパン データ分析 https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1911/10/news01.html?fbclid=IwAR27HQ8C4vEwkBq2mIgMY7hPxc3NamhaAX1hMc7qKsstykLNNKCO2vZ0_d8

2019.11.5から2019.11.10までの投稿記事のまとめ★

フィットビットの買収は2020年に完了すると予想されており、その暁にはグーグルが大量の個人の健康情報と位置データを入手することになる★|グーグルのフィットビット買収の意味 ハードウエア市場に踏み出す足がかりに https://newsphere.jp/business/20191109-1/?fbclid=IwAR3NVtibEbvQ2NniLW9lknsIW45ottoqqloqhSXmO2utbikEyHm6uvoMYbk

4巻程で止まっていたので続きを読まねば^^;|オムニバスSF「AIの遺電子」が人工知能学会の選定するAI ELSI賞を受賞 https://natalie.mu/comic/news/354741?fbclid=IwAR1fANgy-fQKTcwP2iE89HSxqYsQZoU57JKoJHcvhLs3w_5pWj1wvLONwmQ

やや敷居が高いAWSやGCPを避けてOthersを選んだところをAzureが取り込んでいるのかな? https://blogs.itmedia.co.jp/business20/2019/11/40aws.html?fbclid=IwAR2KwlUkuvSqEY0EmGQF5BAj2SAAGKQayqBBb8Uwe_KCtHorlPp3_139OwY

本日、NCWG設立八周年 特別講演会&パネルディスカッションに参加するので、とても良い予習になりました。 https://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/google/1-1OEUH29V-JPN.html?fbclid=IwAR3gcRaJ30Lj_c1ohcGBRKf-zp4mY_YnvG-v9pCcj74xUG1kTHzANvOudEw

雲などの細かい動きと全体的な色の変化を別々に学習★|AIで1枚の景観画像からタイムラプス動画を自動生成 筑波大と豊橋技術科学大のグループ:景観予測シミュレーションなどへの応用を目指す – @IT https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1911/07/news061.html?fbclid=IwAR0cpxIN1aJXNhKETVcMMdYfFMZkTHTU9zLPELhXGfMQNI2JaZBoAOjIUUo

「マインドフルネス」を用いるとレーザーを照射しなくてもできそうです★|喜びや悲しみの記憶は、あとから“調節”できる──研究結果は「ディストピアではない」未来につながるか @wired_jp https://wired.jp/2019/07/12/scientists-find-a-volume-knob-for-emotional-memories/?fbclid=IwAR0Z6Lgs1Q07RXjuHrvOVbHu5fGJUOEig27ugCTrYaQWlKG9hBrzuELY8kg

アメリカでは、安全保障上の懸念を理由にファーウェイなど一部の中国企業の排除が進められていますが、報告書には中国企業を排除する不利益も記されていて、トランプ政権の政策にどの程度影響を与えるのか注目されます★|米議会 中国の急速なAI開発に強い警戒感 | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191106/k10012165851000.html?fbclid=IwAR1-mmJz_cpbv2w_rsgw0YlUTiJzsuVBx86RUJzpuRs-S4TWqe_w7tyTPXg

「我々はDNAに記載されたコードを実行しているだけで、自由意思なんて、本当はないのではないか?」という人がいるのです★|あなたは自由意思を信じますか?/トロント発 AIの経済学#04 https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00087/100700008/?n_cid=nbponb_twbn&fbclid=IwAR3-30h4GegoAuJ6LqSYcgGarac3R-bFUw9oFcjhood_g5Fh4zwVRR-JkWo

2019.10.28から2019.11.4までの投稿記事のまとめ★

[有料会員限定]企業価値が100億円を超す企業は3割増え、63社となった★|〈NEXTユニコーン〉未上場スタートアップ上位20社 企業価値計1兆円超す:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51706250R01C19A1MM8000/?fbclid=IwAR27BsF7G2lfYuQu-un1FnOlf8QIlsFel3U87llmvQ3D1PHPb7CeYBHbydU

アンビエントコンピューティングという未来★|グーグルのFitbit買収は、ウェアラブルを制する野望の大きな一歩になる @wired_jp https://wired.jp/2019/11/02/google-buys-fitbit-wearables-data-antitrust/?fbclid=IwAR2p_OmFOJjxG7zz_Wo2YaehLdTzkhLU3w1VfLpFbRPUqlFBIBkLQwOKUaw

AIを利用した監視技術の驚くべき多様化★|歩き方、心拍数、お尻…顔認証以外にも研究が進む識別技術|BUSINESS INSIDER https://www.businessinsider.jp/post-201553?fbclid=IwAR2LZXT6TXqj0XSNYtvzSwNn-nHrST9M-c8UzgMvpi7Wk-NYV0x3YugtTWc

「黎明(れいめい)期」には「メインフレーム・トランスフォーメーション」や「デジタル・メッシュ」「AIOpsプラットフォーム」など★|ガートナーが2019年版「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル」を発表:IoTや人工知能は「幻滅期」に – @IT https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1911/01/news037.html?fbclid=IwAR3tAhMOP8XC4v3-AP3-AItwjiX16Fa73nHe_vDRKLUEa5_4NefXxMLcae4

今、世の中でデータが重要視され、データを活用した問題解決の方法、すなわち「統計教育で身につける探究的な問題解決能力」が注目されていることは間違いない事実 https://www.kyobun.co.jp/education-practice/p20191101/?fbclid=IwAR0fSA56BybRTwzBAmffygKWsXblDDcyjWNNGt5msjQ_uWKSsPtiVDVtrNo

「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」と呼ぶ手法。化学領域に情報科学の知見を取り入れて、目的とする材料の組成や構造を素早く割り出す試みだ★|次世代電池開発でトヨタの5倍速、危機感与えた米韓連合 https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00076/102300001/?n_cid=nbponb_twbn&fbclid=IwAR2fRuCouyU_xsemaw6b0mZsqbp96VRwUtqqcz4F2s_EKPlpBCYO-geBpMU

人間がニオイを感じるときセンサーの役割を果たしているのが、鼻の中の嗅上皮という狭い区画に備わった400種類の嗅覚受容体だ。ここに特定の構造を持つニオイ分子が結びつくと受容体が活性化し、100万もの嗅覚ニューロンが発火する★|ついに嗅覚までも!分子構造を解析してニオイを嗅ぎ分けてしまう人工知能(AI)をGoogleが開発 (2019年10月29日) – エキサイトニュース https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52284017/?fbclid=IwAR2CIHMocaWFohxdzygkNb3i0wagQeKcEGpe9_L1IPwOYixzfNWLu6XuUyI

[有料会員限定]世界最大の広告市場である米国で19年のネット広告の市場規模は前年比19%増の1293億ドルに達する見通しだ。初めて広告市場全体の5割を上回る★|アルファベット20%増収 「広告×AI」の競争力示す:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51519020Z21C19A0I00000/?fbclid=IwAR2Lvu4C8hEpScmS7mj5nb-okAOTEFb4fyJbOk1cdtBIa-QKdqJYuozhO3c

「高信頼・低コストを実現するAI運用の新技術」と「AI処理を最大10倍高速化する技術」の2つの新たな技術以外にも数多くの研究開発成果を公開した★|【特別企画】富士通、AIや5Gなど最新の研究開発成果を公開 DXを支えるテクノロジーに経営リソースを集中 – クラウド Watch https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1215082.html?fbclid=IwAR20cuiuS3mlur2BfWit0K32l8714zXwjBEBuy4Bw3BY7SKLSrriX4QrgpA

まだ現場に勘と経験が働くスタッフがいるうちにこのようなAI化を進めないと手遅れになることも多いのではないか★|超・人手不足&AI後進国の日本 今どんな自動化イノベーションが生まれているのか |ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/37137?fbclid=IwAR39tjoo5nk7Uh3mFD9o1KCZwt917UrBh03hodL4RBzFG0vFSB5o61Ifj6w