「Technology」カテゴリーアーカイブ

2020.3.23から2020.3.29までの投稿記事のまとめ★

いよいよ幻滅期のスタートですが、この間の対応が重要そうです★|社説:日本で5Gスタート 社会に役立つサービスを – 毎日新聞

ロボットは輸送時における人と人との接触を最小限にでき、消毒を自動で行うことでウイルス増殖を抑えるツールとしても用いることができる★|ピンチをチャンスに、自動化ニーズが世界で急上昇中 新型コロナウイルス vs ロボット|ロボスタ

経団連では企業へ参画を呼び掛け、東大は投資指数の開発や人材育成、GPIFはソサエティー5.0の投資原則への組み込み検討などに取り組むとしている★|デジタル革新でGDP900兆円 経団連、東大、GPIFが共同研究報告

強いAI」、「汎用AI」に続く新しい概念!?|グーグルが狙う「万能AI」、100万の役割を担えるモデルの驚くべき開発方法 – グーグルが挑む最先端…:日経クロステック Active

♪|楽曲制作を手伝うAIをソニーが開発、メロディーやベース等を提案

リモートワークが当たり前になったら都市にも意味のイノベーションが起りえますね★|【尾原和啓☓葉村真樹】都市は人間拡張の最大形態である──「都市5.0」をめぐって | Biz/Zine(ビズジン)

IT部門がクラウド導入を検討するPaaSやIaaSは、SaaSの導入ポイントとは着眼点が異なる。甲元氏は、「PaaSやIaaSは『スピード』と『俊敏性』、そして作業を削減するという意味での『自動化』に長けているかが差異化のポイントだ」と指摘する

中小IT企業は自社の技術力や得意技を明確にし、唯一無二の存在にもなる。大手1社への依存度を可能な限り小さくするためでもある。10年も20年も前から言われていることだが、リーマンショック以上の厳しい経営状況を予測し、大手や顧客との関係を改める。

これは行きたい!|高輪ゲートウェイ駅にAI無人店開店 10数秒で買い物 – SANSPO.COM

[有料会員限定]膨大なコンピューター能力で、当面はバイオと化学の分野を切り開くというのが新たな戦略だ★|プリファード襲った技術の成熟 AIの舞台はハードに:日本経済新聞

2020.3.16から2020.3.22までの投稿記事のまとめ★

アメリカ陸軍研究所が開発しているAIを搭載したロボット戦車は、攻撃に際しての判断は遠隔地でロボット戦車からの情報を元に人間が判断して行う予定★|アメリカ軍、AI搭載のロボット戦車開発へ:攻撃の判断は人間(佐藤仁) – Y!ニュース

体の小刻みな震えなどをAIが測定し、犯行前に興奮しているテロリストを見分けるという。実用化に向け、精度を高めたい★|サリン事件25年 最新技術を活用しテロを防げ #ldnews

2人の専門家に話を聞いて共通していたのは、身体的な生命の特徴を取り入れることが今後のAIの発展に重要ということだ★|未来のAIに“意識”は宿るか AI・認知科学の専門家に聞く (1/3) – ITmedia NEWS

感染のシミュレーション、如何にして感染の急増を抑制するか。

アンビエントコンピューティングですね★ |スマホからセンサーに主役交代。4Gとは「別モノ」の日常がやってくる #読む5G

どんなデータをどのように集めるか。各企業の目的を実現するために、企画からデータ集めの方法、また実装までをディレクションできるAIディレクターの存在が強く求められ始めている★|AI領域の「ディレクション」不足 ビジネス化に必要な人材とは 

既存の学習モデルを別の領域に応用することで、少量のデータから新たなことを学習するための技術です★|進化する機械学習 ビジネスの可能性を最大化する「転移学習」とは? 

同社はCOVID-19を引き起こすウィルスについて、考えられるタンパク質の構造を予測したと発表した。もしタンパク質の構造が正しければ、そのタンパク質に作用するワクチンを開発できるので、医療業界へ大きなインパクトとなる★|DeepMindの人工知能AlphaFoldが新型コロナの解明に挑戦 | Techable(テッカブル) 

画像認識にはCNN(Convolutional Neural Network)を、テキスト解析には「BERT」を採用し、CNNとBERTという2つの種類のニューラルネットワークを統合した機械学習モデルをつくることで、画像とテキストを同時に識別できるようにした★|画像と文章を同時に認識、AIの有望技術「マルチモーダル学習」の威力とは 

体温は顔などから出る赤外線を検知して測定する★|感染リスクの社員通さず 新型コロナ対策 認証システム:日本経済新聞 

2020.3.9から2020.3.15までの投稿記事のまとめ★

テック企業の中心でその功罪と浮き沈みを体現してきた先駆者の45年間から、後進が学べることは多いはずだ★|ビル・ゲイツ氏、PC1人1台実現 AI時代に可能性:日本経済新聞

人工知能(AI)がもたらす痛みと恩恵は公平に分配されるのか、これから起こる混乱は全体的には社会善(ソーシャルグッド)とみなされるのかどうか。それは、私たちの政治的意志にかかっている★|AIと「ギグ・エコノミー」 新しい時代の新しいルール

コロナのおかげで無料のコンテンツが増えてますね★|無料のディープラーニング学習コンテンツをHPで公開:日本ディープラーニング協会 

[有料会員限定]日本企業は特に積極的に開発に取り組んでおり、世界で勝てる技術に育てられるかが課題だ★|量子計算を疑似的に、技術続々 素早く最適組み合わせ  :日本経済新聞 

「数学の力で、物事のいろいろな仕組みを調べてみたい。その中の一つに、脳がなぜあのようにうまく働くのか、その原理を数学的に調べてみたいという気持ちが生まれました」と、甘利博士は当時を振り返る★|文化勲章受章者の甘利俊一博士が2月13日、日本学園中学校・高等学校に登壇 — 同校の生徒を対象に記念講演「人工知能と社会」を開催、母校の思い出も語る 紀伊民報AGARA #紀伊民報 #AGARA 

新しい時代の個人の権利をしっかり議論する必要がある★|AIは人間を幸せにできるの? 東大・松尾豊教授に聞いた 

小売情報がアマゾンに集約!?|東京新聞:レジなし店舗、技術提供へ 米アマゾン、普及目指す:経済(TOKYO Web) 

利用客が交通系ICカードで決済できる無人コンビニ店舗を開業、このほか、警備、清掃、案内などそれぞれ異なる機能を搭載したロボットの実証実験を始める★|「高輪ゲートウェイ駅」14日開業 最新技術のショーケースに 

渋谷フクラス18階屋上広場の高い場所に4Kカメラが設置されている。「AIR FINDER」を使うと、そのカメラをスマートフォンで遠隔操作して記念撮影し、写真をダウンロードできる★|街角カメラを使って記念撮影 新・集客サービスに問い合わせ増 

2020.3.2から2020.3.8までの投稿記事のまとめ★

[有料会員限定]AIコンペは主催者の企業などが解決したい課題やデータを用意し、参加者がAI開発の腕を競う。一般に誰でも参加でき、上位入賞者には数十万~数百万円の賞金が出ることもある★|AIコンペ、成長の機会 参加者「スキル向上」:日本経済新聞

ある試算によると、ルービックキューブを解くAIの開発には、原発3基が1時間に出力する電力と同程度の電力が必要だという★|大量の電力を消費するAIは、どこまで「地球に優しく」なれるのか @wired_jp

先日、このHangoutsを使いましたが、UIはやっぱりZoomに軍配が上がりますね★|グーグルがビデオ会議サービスを7月1日まで無料に…リモート需要が急増、Zoomへの対抗策|BUSINESS INSIDER

シリコンバレーの発展も米国国防総省がその源だし、悪くはないかも★|AIや無人機、民間研究に重点 防衛省 新技術取り込み:日本経済新聞

このシークエンス入力はSW発生時に多く観察され、神経回路にはシークエンス入力を積極的に生み出す微小回路構造が存在すると考えられる★|従来の人工知能に実装されていない、脳内のシークエンス入力を発見 – MONOist(モノイスト)

[有料会員限定]日本からは、東京工業大学、北海道大学、日立製作所(日立北大ラボ)、東京大学の連名の論文で、全結合型の組み合わせ最適化問題を全並列で解くことができる新しいアニーリングプロセッサーを報告した★|機械学習とAIの全論文、東アジア勢が制覇

企業の方と話していると、データを集めていないケースが意外に多くてびっくりします★|松尾豊・石角友愛対談 AIポテンシャルが高い会社になる3条件

なぜ数学なのか?AIには、課題を解くための計算や処理の手順を示した“アルゴリズム”が必要ですが、そのアルゴリズムを効率的に組み立てるために必要になるのが、高度な数学なのです。

[有料会員限定]コンテナイメージはAWS以外のクラウドでも動く。クラウドを切り替えやすくするのも目的の1つという★|DXやるなら活用必至、3大技術のデータレイク・コンテナ・マルチクラウド導入術

2020.2.25から2020.3.1までの投稿記事のまとめ★

社会人のための量子コンピューター超入門 量子コンピューターのよくある誤解を正す編

日本勢の動向も含め、シアトルが注目されている理由を全5回でお伝えする★|アップルが相次ぎ買収 米シアトルがAIで過熱する理由

グローバル・IT巨大企業の日本進出によって日本の国産IT企業が埋没する危機的状況にあり、IT企業だけでなく日本の産業そのものの危機である★|日本アジアから世界をリードするAI企業へ、米中に続く第3極めざす=ニュース重視不変―川邉ヤフー社長

あまりに多くの深層学習が、因果関係のない相関関係にフォーカスしているため、深層学習システムが役に立たないケースが多く見られます★|「なぜ」を理解するAIの構築を、あの人工知能の第一人者は目指している @wired_jp

AIは安全かつロバストで説明可能で、人間が常にAIをコントロールすべきものである★|AI倫理指針:ボッシュ、人工知能の活用に関するガイドラインを策定:時事ドットコム

ソニーは強化学習と呼ばれる手法に集中することで、米国のAI大手に追いつこうとしている★|調理ロボットからゲームまで、AIに賭けるソニーの本気 @wired_jp

[有料会員限定]「人間級のAI」に至る長期的な研究テーマがおろそかになっている★|深層学習の「ゴッドファーザー」3人が指摘した、現在のAIに足りない点とは

2020.2.17から2020.2.24までの投稿記事のまとめ★

AIに取って代わられるのではなくAIと共存しながら一緒に考えていきたい★|AI活用し日本酒造り挑戦 熟練の技伝承へ試行錯誤

走り方や歩き方という誰もがしているが誰も本当のことは分かっていない行動自体が「データ」として蓄積されると、新しい可能性が広がるという点だろう★|スマートシューズでデータ取得 日常行動から新事業の芽:日本経済新聞

自動運転技術は周囲の重要な物体を安全に検出できるようになったものの、今度はその周囲の物体が何をするかを予測する必要が残されているとキャメロン氏は主張★|機械学習は自動運転技術をどのように発展させているのか? – GIGAZINE

本連載では「AIとは何か」といった根本的な問いから最新のAI活用事例まで、主にビジネスパーソン向けに“いまさら聞けないAIに関する話”を解説していく★|よくわかる人工知能の基礎知識 – ITmedia NEWS

ゾーンと呼ばれる超集中状態では、頭の中が非常にクリアに感じられることが知られています。我々の意識は普段はさまざまなことに拡散していますが、ゾーンに入るとそうした無駄が減る。だから、脳の活動量は減るのに、パフォーマンスが保たれるのだと考えられます

モダンなデータとアナリティクスの要件から、グラフテクノロジーは一転して大きな関心を集めるようになった★|2020年にCIOが試すべき技術は何か――Gartnerアナリストが解説:Gartner Insights Pickup(146) – @IT

地震や洪水までは学んでいたけれど、ウイルスは想定外であるのか。既に峠を越えたのか、まだまだなのか。一寸(いっすん)先は闇である。しかし、濃厚接触を避けるのには「5Gが最適」というのには一理ある★|第237回 新型コロナが半導体産業を直撃! Qualcommの5G+AI戦略にも影響?:頭脳放談 – @IT

AWSの機械学習サービス「Amazon SageMaker」や画像・動画認識AIサービス「Amazon Rekognition」などを使う★|AWSもスポーツテックへ本腰、米アメフトリーグと組み脳震盪問題をAIで解く – AWS「re:Inv…:日経 xTECH Active

エッジコンピューテングが進みそうです★|「AI」の進化が“脱クラウド”を加速させる? その理由とは:2020年のAIトレンド【後編】 – TechTargetジャパン データ分析

電波の反射を利用する「合成開口レーダー」(SAR:Synthetic Aperture Radar)★|SAR衛星はどこがすごい? 悪天候でも地表を丸裸にする電波の目が新ビジネスを続々創出

2020.2.10から2020.2.16までの投稿記事のまとめ★

直感力に必要な自分をメタ的に見る力は、マインドフルネスで鍛えられる★|中野信子に聞く、直感力の正体。

人工知能とデータサイエンスの2019年の主な進展と2020年の予測developments編(3/3)

人工知能(AI)などで人による検査を代替・補完したり、金融商品取引の基準を緩和したりする方向だ★|デジタル社会、古びる規制 AI活用で刷新へ:日本経済新聞

今時Slackを使ってないのはイケてない会社と社員から提言があったので、社内およびお客様先の一部とはSlackです★| Slack、IBM全社員35万人に導入拡大。ビジネスチャット「頂上対決」でマイクロソフトと火花 

[有料会員限定]2010年まで特許出願数で世界の首位に立っていた日本の企業も巻き返しを狙う★|特許ウォーズ(1)量子計算「グーグル超えろ」:日本経済新聞

ゲームが様々な能力を人間から引き出せるようになったおかげで、卓越した能力を持つプロのeスポーツプレーヤーが続々誕生しました★|ヒトの知能や身体はAIで拡張される eスポーツの先にある未来 #日経クロストレンド

Python,AWS Big Dataは昨年からかなり来ている感じです(当社比)|世界4000万人のデータから知る、今最も世界で学ばれているスキルとは?|BUSINESS INSIDER

「マルチモーダル学習」とは、複数の種類のデータを使ってAIが学習する仕組みのこと★|ディープラーニングとは|AI・人工知能・歴史・仕組み・学習手法・活用事例

ソニーの挑戦は移動の価値を大きく変えるものになるだろうか★|ソニー、aiboの次は「走るスマホ」と「本気のEV」

2020.2.3から2020.2.9までの投稿記事のまとめ★

米国政府の規制当局がニューロに対し、人間が乗車しないクルマについては設計上の要件を一部適用しないことを決定した★|サイドミラーがない完全な自律走行車が、ついに公道を走り出す @wired_jp

1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代★|「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由:快適さと失業リスクは表裏一体? – TechTargetジャパン 経営とIT

Gartnerは、2024年までにAI投資の50%がROI(投資対効果)を測定するために、効果が定量化され、特定のKPI(主要業績指標)が算出されるようになると予想している★|AI導入の3つの障壁:Gartner Insights Pickup(144) – @IT

量子技術イノベーション戦略と技術ロードマップ★

説明可能AIの開発は、グーグルのみならず米マイクロソフトや米IBM、国内ITベンダーなどが取り組んでいる。2020年には、各データ項目の寄与を示す可視化の用途を超え、「人を納得させる」「人を誤解させない」説明可能AIが求められそうだ★|グーグル、「説明可能AI」を開発、自社サービスに組み込む

一般社団法人新技術応用推進基盤(東京都千代田区)は、2020年春頃(6月頃を予定)開始の人工知能プロジェクトマネージャー資格試験★|AI関係者注目の「人工知能プロジェクトマネージャー資格」対策を公表!

「運動→頭部に適度な衝撃→脳内間質液流動→脳内の細胞に力学的刺激→脳内の細胞の機能調節」という分子の仕組みが、運動による脳機能調節に広く関与していることが考えられます。

ガートナーは「日本にはクラウドに対する偏見、立法や規制上の障害などがあり企業の採用を難しくしている」とした★|日本はクラウド「抵抗国」、米国から7年遅れ中韓露にも劣る最下位ランクだ

2010年から勉強会を始め、2017年2月22日にNPO法人IT勉強宴会として登記した★|何がシステム開発者の「ワイガヤ」を殺したか、再生の処方箋を示そう

2020.1.27から2020.2.2までの投稿記事のまとめ★

例えば、数学の2次方程式。理解するまでには、小学校の通分や約分などから、54の単元が複雑に関連している★|わからないを可視化 AIが変える学びのカタチ – FNNプライムオンライン #FNN

Microsoftのウェブサイトによると、インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジがMWCでの同社の主要テーマとなるようだ★|マイクロソフト、多数の幹部がMWCに集結へ–HoloLens、AI、ロボットの担当者など

これが正しいSIの方向性だろうな、エンジニア不足だからといってオフショアに頼っていると日本のITが滅びる★|「SIビジネスのDX化」を実現? NECがAIと量子コンピュータに懸けるワケ |ビジネス+IT #sbbit

農家が勘でやってきたことが数値化できるようになった」と話す。人件費を3割減らすのが目標だ★|「農家の助っ人」最先端プロジェクト進行 野菜の収穫時期、AIが予測

昨夜のJASIPA定期交流会で松元絢さんのご講演に学びました^^/|「毎日瞑想(マインドフルネス)をしている人は、精神的充実、人生の目的、社会的支援を見いだし、病気の症状を改善し続けています」(フレデリックソン教授)

ワーナー・ブラザーズ映画配給で1月31日(金)から公開です★|AIは人を殺すのか。人工知能の是非を問いかける映画『AI崩壊』入江監督&松尾豊さんインタビュー

人間社会では、考えなしに行動をする人のことを「単細胞!」と揶揄することがある。ところが当の単細胞生物は、これまで考えられていたよりも複雑に“思考”しているようだ。

NEDOシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」基調講演レポート★|AI開発最前線、産学で「方向性の違い」が強まる

視察と称して午前中からでも行けそうですw|営業時間は午前8時から深夜0時(ラストオーダーは午後11時半)|QBITロボティクス カメラとAI駆使し接客 養老乃瀧と共同でロボ酒場実験 

2020.1.20から2020.1.26までの投稿記事のまとめ★

量子チップの計算では出力の出現確率をサンプリングして答えを推定する。一方、通常のコンピュータの場合は、回路をシミュレートして答えを得るという点が大きく異なる★|Googleの量子優越の達成が意味するもの – SC19 | マイナビニュース

AIは防御関連の情報を処理して最大脅威を抽出し、予めプログラムされたアルゴリズムに基づいて防御策の意思決定を行うようになるだろう。また、戦闘用ロボットの指揮もAIが行うことになるかもしれない★|人工知能が「戦争の未来」を変える、各国で進むAIの軍事活用

2019/11/22 19:36[有料会員限定]|量子コンピューター、20年で実用化 政府ロードマップ:日本経済新聞 

転びながらも石の山を登る姿はは感動的ですらある★|ボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、その現場での働きぶりから見えてきたこと @wired_jp 

選手の肩パッドとボールに新たにセンサーが組み込まれ、選手とボールの位置、速度、加速度のデータをリアルタイムで収集できるようになった★|NFLがAWSのAIで構築した「選手のデジタルツイン」とは?:選手の安全性向上のためのAI活用 – TechTargetジャパン データ分析

[有料会員限定]ChainerがすべてPythonで実装されていたのに対して、PyTorchはそのほとんどがC/C++で実装されており、パフォーマンス面でPyTorchが優位だったことがある★|GAFAが後追いした国産AIの雄 開発終了の深層:日本経済新聞

日本でも昨年あたりからオンプレのDWHやHadoopからクラウドに移行する案件が増えてますね★|WANdiscoのCEOであるDavid Richards氏は、「2020年には、クラウド以前に生まれた何千社もの企業がその動きに加わり、クラウドが従来よりもはるかに大きな成長を見せるフェーズの先触れとなるだろう。そのプロセスは、データをクラウドに移し、人工知能・機械学習アプリケーションに適した環境の基礎を築くことから始まる」と考えている。

松尾氏は、人間の認知システムがパターン認識に基づく予測をベースとする「知覚運動系」のニューラルネットの上に、記号推論に基づく予測をベースとする「記号系」のニューラルネットが乗った2階建て構造になっていると考えている★|自ら学び考え説明するAI、2025年にも登場か https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01140/00008/?n_cid=nbpnxt_twbn&fbclid=IwAR22b2OI3kMbd_oQ1wA08v9_R-JCiVhx15xeWaL19omXotYb0SJ-LMPYZls

データサイエンティストは、自身が既に用いている深層学習などの機械学習の性能が、量子技術でどのように向上するかを学び、こうした新しい技術が適した業務を理解しなければならない★|「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか:量子コンピュータの向いている分野とは – TechTargetジャパン データ分析

AIは屋根に設置されたカメラを使い、外の様子を観察し、気圧や光、雨量、雲の形や流れ、鳥の動き、飛行機の通過などに反応し、気候条件に応じて楽曲を変化させる★|歌手のビョーク 人工知能を使い天候に応じて変化する曲を創作: