2017/12/05 中央情報専門学校学修成果発表会

Pocket

産学連携を行なっている中央情報専門学校様で行われた学修成果発表会に審査員として参加してまいりました。

21組の学生達が学習の成果を5分間の持ち時間でプレゼンテーションしました。
この21組はクラスごとに割り当てられた班ではなく自分から手を挙げて発表を行なったそうです。
私が学生の頃にはなかなか聞かない話でした。

エンジニアのチームの発表とそうでないチームの発表には個性がはっきり出ました。
やはり、エンジニアは作ったものを見せてなんぼですね。
「喋るより作りたい」という気持ちもわかります。

発表のレベルは年々上がっているそうで、きちんと話を聞かせるための構成を組み立ててきたチームも多く見られました。
中にはスタートアップのピッチに立てるのではないかと思うほどの内容も。

将来が楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レポート

  1. 2019-5-20

    ウクライナのIT企業団体「IT Ukraine Association」と業務提携いたしました

    令和元年五月八日、NPO法人JASIPA(日本システムインテグレーションパートナー協会、以下JASI…
  2. 2019-5-9

    第16期総会&第63回定期交流会の開催が行われました

    第1部 第16期総会 日 時 2019年4月26日(金) 16:00~16:30 会 場 センチュリ…
  3. 2019-3-27

    Wikipediaに載っていない、バーレーン出張報告書

    ICTビジネス委員会、副委員長の桑村です。 本日は、グローバルビジネス委員会のメンバーとして投稿を…

予告

  1. 令和元年五月八日、NPO法人JASIPA(日本システムインテグレーションパートナー協会、以下JASI…
  2. 第1部 第16期総会 日 時 2019年4月26日(金) 16:00~16:30 会 場 センチュリ…
  3. ICTビジネス委員会、副委員長の桑村です。 本日は、グローバルビジネス委員会のメンバーとして投稿を…

賛助会員様

バナー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。