コメントとトラックバックの活用

Pocket

ブログ活用方法ネタ

コメントとトラックバックの活用について、JASIPA会員から質問を受けた。ここにも回答を掲載しておこう。

コメントは、そのエントリー(記事)に対して

  • 通りすがりで一言
  • 簡単にレスポンスしたい
  • コメントに対するコメントを返す

などで利用すると思う。

これに対して、トラックバックは「自分の立場をはっきりした上でレスポンスしたい」という場合に使うわけだ。

たとえば、最近のWebメディアでちょっと気の利いたところでは、記事にトラックバックURLが用意されている。住吉がよく行く「シブヤ経済新聞」もそうなのだが、そのうちの記事

「モヤイ像」がドレッドヘアに初変身-プロモーションの一環で→http://www.shibukei.com/headline/2471/

を読んで、「へーブログのネタにしよ」と思い、この記事を書いたとしよう→http://jasipa.jp/blog-entry/294

そのとき、ブログ投稿時にトラックバックURLを併記して送信することで、トラックバックが行われる。シブヤ経済新聞Webサイト側では、「住吉というやつのブログからトラックバックがあった」ということが認識され、記事の下のほうに「この記事のトラックバック一覧はこれよ」と表示されるわけだ。

シブヤ経済新聞のページを見てもわかるように、「モヤイ像プロモーションをネタにブログを書いている人がこれだけいますよ」ということがわかり、記事の反応を知ることができる。実際、住吉記事もトラックバックしていて、一番上に表示されている。

トラックバックの利点をまとめてみよう。

  • トラックバックする側:何を元に記事を書いているか明確になる
  • トラックバックされる側:ネタにされたことを知ることができる
  • 読者:一つの記事の派生情報を知ることができる

コメントは、通りすがりの無責任な発言があるかもしれないけど、トラックバックはブログをしている人からのレスポンスなので、ある程度信頼性があると言っていいだろう。ブロガーの中でも、「コメントは不可だけどトラックバックのみ受付OK」としている人もいるみたい。まあ、トラックバックスパムもあるから、一概にそれでいい、というわけではないけれど。

以上、JASIPA会員の方は、ブログでわからないことはどんどん聞いてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です